FC2ブログ

日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

暴発

寂しい気持ちになりました。

僕のかつて感じていた環境は
だったらやってやろうじゃないか」や
などで述べたはずです。

「どうして諦めてしまうのですか?
1万回だめでも、1万1回目には何か変わるかもしれない
じゃないですか?」

昔こう言われたときに僕はこう返事しました。
「それはドリカムの『何度でも』の歌詞ですね。
僕はがんばりを止めてはいませんよ。
僕があの歌を自分なりに替え歌すると、こんな感じに
なります。
『何度でも 何度でも 何度でも 立ち上がり
叫び続けるよ 助けての声を』
がんばる方向を方向転換するだけです」

冷静になれていない部分があるので、今日はこれまでにします。

スポンサーサイト

PageTop

優しさを削られた(サッカー)

「明るい文章」の続きです。

コメントありがとうございます。
昔の僕のことを「優しい人」で
今を「他人の苦しみに無関心」であると、思っていると
すればそれには解説が必要です。

2007年前後はサッカーの掲示板に携わっていたことも
あり、中高生と思われる方からの相談にも積極的に答えて
いました。
今は一人残らず消えてしまいましたが。

僕が感銘を受けた「高岡英夫さん」の著書を読んだかたの
疑問、質問に僕なりに(答えられる範囲で)答えていたら
突然、掲示板に書き込みを受けました。

「ゆる体操は高岡英夫の商標登録であり、無資格での指導は
法律違反です。なおきさんは資格はお持ちでしょうか?」

僕はびっくりして反論を返しました。

別の時期にも僕を
「脅かす」「攻撃する」「論理の矛盾を突いて、僕の自信を
砕こうとする」としか思えないようなコメントを数多く受けました。

そして我慢の限界を迎えることになります。
パソコンを開ける気力が失せて、ホームページ
(内気系とサッカー系)を閉鎖し、ブログの更新も
休止した時期が10年近く続きました。

「お前らのことなんか知るかよ」
そう言いたい気分でした。
「人の精神を踏みにじっておいて、まだ『もっとがんばれ』
的なアドバイスしか言わないのか?」

俺がいなくなった後のあなた方のサッカー人生に
何が起きるかとくとお前の目で見届けろ。
そう心の中で叫んでいました。

僕の善意、優しさ、励ましに対して
「ご本人から」は温かい反応が多くの場合、返ってきました。
しかし大人(とおぼしき第三者)から
意地悪、皮肉、からかい、八つ当たりみたいな
コメントやメールを受け続けました。

今回の記事はこれで区切ります。

PageTop

どしたん(どうしたの?)

僕の父親は慰めや「話を聞く」スキルが低いです。
例えば
「あー疲れた。少し休みたいなあ」と僕が
愚痴のような一言をつぶやいたとします。

すると父は「どしたん!(関西弁でどうしたの?の意味)」
と大声で突っ込みを入れるケースが多いです。

こちらは非常に悲しくなります。

「本当だね。ゆっくり休んだらどう?」
「お茶でも飲んでくつろいだらいいよ」
みたいな世間話で穏やかにその場を和ませることを
しないのです。

弱った(このケースで言えば、疲れた)僕に対して
力強く「どしたん!」と言われるのは僕には苦痛です。

僕以外の家族も不快なリアクションを示していました。

次第に僕は父に対して心を閉ざすようになりました。
不満を感じても「父親がそばにいたら」
何も言わない。
精神的にイライラしても「どしたん!」の一言が嫌だから
SOSの一言を言わないでおく。
そんな癖がついたのです。

PageTop

大野裕と統合失調症

大野裕さんの書く「エッセイ」には、統合失調症が
登場することは稀です。見たことがありません。

大野裕さんは精神科医です。
認知行動療法などの普及に努めている人です。
僕は彼の書いた文章を新聞や書籍などで目にする
機会がありました。

「うつ病」「不安障害」に対して述べられることがほとんどで、
統合失調症への言及がない。
精神科医が統合失調症の知識を持たぬことはあり得ないの
ですが、やはり見ません。

「統合失調症」という単語を(病名を)
重たいもの(一般読者には難しい)と判断して
軽い文章(うつ病や、日常の心がけなど)
を書くことに徹する。
それが大野さんの執筆方針なようです。

これで「○○と統合失調症」のシリーズは一区切りです。
次からは少し違う文章を書こうと思います。

PageTop

斎藤一人と統合失調症

「変な人の書いた成功法則」から
「普通はつらいよ」まで僕は
お弟子さんを含めた著書のほぼ全てを読んできました。

統合失調症についての言及はありません。
斎藤一人さんは「経営者」であり、障害者雇用とかで
統合失調症者に接する機会はあったでしょう。

なおネット上の動画で一部ヒットするものがあるので
最近の活動は違うかもしれないです。

PageTop