日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

感想1 サッカーゆるトレーニング本

「バラけさせたな」
というのがこの本を読んだときの感想です。

日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55
を読んだときです。

タイトルに「55」と書いてあるとおり、この本には
55個のトレーニングが掲載されています。
僕はこの数字を「多すぎる」と感じました。

高岡英夫さんの過去の著書「ワールドクラスになるための
サッカートレーニング」と比べたら
トレーニングの種類が増えています。

僕は個人的にこの手法を「バラけさせる」と呼んでいます。
たくさんの、一度に行いきれない程のメソッドを提示して
おいて、自己責任で「何を実行するか」を選ばせる。

「まずあなたはAというトレーニングをやりましょう。これが
ある程度進んだら、次にBにトライしてみましょう」
みたいな感じで徐々に体系的に選ばせるのを
僕は「バラけさせる」の逆で「構築させた」と呼ぶことが
あります。

この高岡英夫さんの「サッカーゆるトレーニング」の本では
一部「構築」の部分はありますが(ゆる筋トレとか)
基本は「バラバラ」な第一印象を受けました。

次回に続けます。
「僕はサッカー界から引退しました」という
ことについて書く予定です。

スポンサーサイト

PageTop

社交不安障害の克服14

カウンセリングは効きます。
信頼のできる相手に話を聞いてもらって
時に重要なアドバイスをもらう。それを継続すれば
きっと役に立つでしょう。

しかし、ここに重大な落とし穴があります。
彼らはカウンセリングルームに足を運ぶことすら
「怖い」のです。
社交不安障害の人は
「新しい未知なる世界を切り開く」ことに
とても敏感です。

よく「○○カウンセリングルーム 対人恐怖や
社交不安障害でお悩みの方はこちら!」と標榜する
サイトを目にします。
やっていることは間違いではありません。
しかし本当に足を運ぶのか?と僕は疑問を
感じます。

相手は「人が怖い」んだぞ。
理論をあらかじめウェブにアップくらいしとけよ。
「詳細は面談で話します」では
信頼(このカウンセリングが受けるに値するかどうか)を
勝ち取るのは極めて厳しいはずだ。

僕は「精神科クリニック」を受診することを
お勧めします。
あなたに勇気を出す余力が残っているのならば。

以上で連載「社交不安障害の克服」シリーズを
終わります。読んでくれてありがとうございました。

PageTop

社交不安障害の克服13

薬物療法は併用をお勧めします。
僕がここで紹介している対人関係療法や認知療法などと
同時に行うのです。

社交不安障害の克服に投薬は効きます。
医師の診察と判断の下投与される薬はきっと
あなたの力になれるはずです。

僕は学校の勉強とは別に、中学時代から
独学(読書を利用しての自力研究)を行ってきました。
そのためみなさんにも同じことを勧めるのですが
抵抗のある方は専門家の助けを借りるのも
選択肢の一つとしてありだと思います。

対人関係療法でなおす 社交不安障害

PageTop

社交不安障害の克服12

森田療法は僕の場合合いませんでした。
独学を基本とする僕には有効な治療手段では
なかったです。

参考文献「対人恐怖の治し方

恐怖を「あるがまま」認める。
自分の性格の直すべき部分は直す。
森田療法を教える著者によってばらつきがあるとはいえ
僕にはあまり通じませんでした。

社交不安障害は「自分を受け入れる」だけでは治りません。
前へ進むことが不可欠です。
「歯磨き」「立つ」「歩く」「人と話をする」
どれもあなたが後天的に学習してきたものばかりです。

それを「現在を受け入れなさい」というアドバイスで
克服できるかと問われれば違うでしょう。
適切な訓練(教育、しつけ、教えと言い換えても同じ)
で導いてこそ、人は変わっていくのだと思います。

「人が変わるには、現状を受け入れることが大切だ」
「安心したときに、その人本人のペースで人は変わるものだ」
「だから他人を変えようとせずに、自分が現状を受け入れて
ください」

こういう教えを聞いたことがあります。正しいと思います。
しかしそれをあなたが受け入れるかは別問題です。

前へ進める力がまだある(残っている、消えていない)のなら
僕は前へ進めとアドバイスします。
「もうダメだ」と思うのでしたら他人に助けを求めて
ください。

話を森田療法に戻します。
「100」であるあなたの恐怖を
「70」に、あるいは「50」まで徐々に
減らしていくことは可能だと僕は思っています。
「現在100であることを受け入れろ」なんてことは
僕は当たり前だと思っています。

PageTop

社交不安障害の克服11

僕と認知療法の出会いは2004年の
内気と不安を軽くする練習帳」が始まりでした。

最初は無視しました。「これは確かに効果がある。
恐怖が少し減る。しかし効果はわずかしかない」
と感じたので、本格的に実施せず自分の「恐怖克服法」
を中心に自己治療を続けました。

転機は2011年頃です。対人関係療法を実行し始めた
のとほぼ同時期に「どうせならこれも併用してみよう」
と思い立ちました。

効果は予測通り少しでした。
しかし僕の苦痛を「少し」和らげてくれました。
長期的に行い続けた結果、現在の僕の人への苦手意識は
かなり軽減されました。

次回は森田療法について言及します。
対人恐怖の克服において古くから行われている理論の一つです。

PageTop