FC2ブログ

日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

栄養5

アプリは10個あります。順番に学んでいけば
少しずつ消化することができます。

「社会・環境と健康」
「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」
「食べ物と健康」
「基礎栄養学」
「応用栄養学」
「栄養教育論」
「臨床栄養学」
「公衆衛生学」
「給食経営管理論」
「応用力試験」

Google Playのトップページへアクセスして
「管理栄養士」と検索します。すると
上記のような項目のアプリが10個登場するはずです。
それが現在僕が使用中の(勉強中の)
アプリになります。

Google Play ストアページ

スポンサーサイト

PageTop

栄養4

食べ物がおいしくなります。栄養学に関心を持つと。

「油っぽいものをたくさん食べる、太った人」
ではなく
「体が本当に求めているものを、的確に食べる」
という感じです。

「食のマニア、グルメ」
「原産地の出来たての食品を食べるテレビ番組」
「食に無関心な、修行僧のような人」
「和食の高級食」

どれも違います。
普通に「栄養的に正しいものを、適量口にする」
という感じです。

地味かもしれませんが、僕はそれを目指しています。

PageTop

栄養3

栄養の不足・アンバランスは病気につながります。

例えば「熱中症」。水分やミネラルの不足が招く
体調不良の一つです。

それから「高血圧」。塩分のとりすぎや、運動不足などが
因子となります。

「糖尿病」もその一つです。
糖質(砂糖や炭水化物など)のとりすぎが招く、代表的な
疾病の一つですね。

予防するためには栄養への正しい知識が大事です。

食べ物と健康2

PageTop

栄養2

難しい世界を「直感的に分かる」へ変えていく。
それが今回の「栄養の勉強」の目的です。

管理栄養士向けの問題の勉強、と言われると
「難しそうだ」と感じる人もいるかもしれません。

それに対する僕なりの説明は
「直感が鋭くなる」というのがあります。

当然カタカナで書かれた栄養成分の大量の羅列など、
難しい(とても手に負えない)と感じやすい部分は
あるにはあります。

しかし
「今日はカレーライスを昼に食べたから、夕食は違う
ものを食べよう」
「昨日寿司で野菜を少ししか摂取してないから、今日は
サラダや煮物を追加してみよう」
みたいなあなたの
「食に対する感覚、直感」を正確にすることが可能です。
管理栄養士の勉強をすれば。

少しずつ学び。
知識を増やしていく。
分からない単語があったら検索して調べる。

基礎はほかの勉強と一緒です。

PageTop

コメントのお礼

補足です。

PC版の「To Heart」エンディング曲聞いてみました。
何というか希望?というか明るい雰囲気の曲で良かったです。

紹介ありがとうございました。

PageTop