日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合 その9

自己正当化を高めようとします。

「あなたのその無気力は、何をしても無駄だったの
ではないですか?適度な運動。強い意志を持ってみる。
あなたはこれまで試したことはいろいろあるでしょう。
本を読んでみたことがあるかもしれません」

「ピップエレキバンは貼り薬です。Amazonで1500円程度
します。1日2回貼り替えたとして1日の金額は
125円程度です。(ピップエレキバン190 24粒入りの場合)」

「あなたは『試す』ことが可能です。一箱だけ買って
2週間じっくり使って『効果が出たなら買い続ける』
『出ないなら買わない』という選択が可能です。
その決断をするのはあなたです」

「念のため言っておきますが統合失調症の治療薬は
止めないでください。併用という形になります。
現代医学と『市販の一般医薬品(貼り薬)』を同時に
使うのです。非科学的でも迷信的でもありません。
普通です」

以上がピップエレキバンの文章です。
対人関係療法なら以下のようになります。

「僕は『本を購入する』ことを勧めます。断片的な知識
では不完全な効果しか期待できないからです。全体像
を知るために『自分でできる対人関係療法』という本を
買うのもよいでしょう」

「図書館で借りるのも構いません。古本屋で買うのも
ありだと思います。あなたがじっくりと腰を据えて
この本を理解する力があるのならば。一般で流通
している本なので入手は容易だと思います」

「統合失調症というのは病名です。あなたは病気を
持った『人間』です。何をしても無駄だというのは
違うと思います。一般の、普通の人と同じように
『実用書、人生訓、理論』によって精神状態が
良くなったり、悪くなったりします」

「対人関係療法は一般向けです。しかしそれが
『統合失調症の人には効かない』という理屈には
ならないはずです。幻覚妄想が和らいだ後の
『普通の人間としてのあなた』が、生きていく上で
役に立つ知識をこの本(対人関係療法でなおす 社交
不安障害)は与えてくれるでしょう」

あとで清書します。このブログ上で
「ピップエレキバン」と
「対人関係療法」を本当に紹介してみようと思っています。
どれだけ売れるかは未知数ですが、
最初の記事よりずいぶん訴求力が増したのは分かると
思います。

スポンサーサイト

PageTop

統合 その8

行動に対する障害、不安の軽減をトライします。

「ピップエレキバンは体の部位に絆創膏を貼るだけです。
飲み薬ではありません。貼り薬です。
『そんな簡単なことで無気力が減るの?』という疑問を
感じるかもしれません。しかし僕には効きました」

「もちろん継続的に貼り続ける必要はあります。
これまで何年も続いてきた脱力感、無力感は
簡単には消えてくれません。皮膚がかぶれるので
定期的に新しいものに貼りかえる必要があります。
僕の場合1日に2回交換しています」

「対人関係療法というのは理論です。文章自体は
平易ですが、きちんと理解して実行する必要が
あります。さらりと読み飛ばしてそれであなたの
対人関係が好転するかと言われたならそうでは
ないと僕は答えます」

「学校の勉強とは違います。監視する先生もいなければ
一緒にがんばる仲間もいません。自分との戦いです。
やる気が出なくて投げ出したくなる気持ちもあるでしょうが
少しずつでも本を読み進めてみてはいかがでしょうか。」

「対人関係におけるがんばりは一切いりません。
暴力的に怒鳴る家族。
皮肉、小言を繰り返す保護者。
あなたをイライラさせる、不快にさせる肉親。
これらに対して『一生懸命がんばる』必要はないのです。
必要なのは『小さながんばり』だけ。あなたのペースで
よいのです。無理なく続けられる範囲で、
対人関係療法をガイドラインにして行ってみては
どうですか?」

次回へ続きます。

PageTop

統合 その7

行動するメリットの提示をやってみます。

「あなたはやる気が出なくてだらだらと、無気力な
生活を送っているかもしれません。しかしピップエレキバン
を首(または肩)に貼るだけで、あなたは変われます。
何をしても無駄だったあの圧倒的な無気力が、じわじわと
減っていくのが感じられるでしょう」
こんな感じになるでしょうか。

あるいは対人関係療法なら以下の通りになります。
「あなたはイライラすることはありませんか?
親や家族に対して日常的に口論したり、暴言を吐かれて
不快な思いをしているかもしれません。しかしそれには
『対人関係療法』という有効な解決策があります。
即効性はありませんが、自分の生活への自信と
感情を適切にコントロールする力を身につけることが
できます」
「あなたの目の前の世界を変えることが可能です」

次回へ続きます。

PageTop

統合 その6

不安と怒りの視覚化をやってみよう。
ピップエレキバンなら
「やる気が出ない。何十分も横になってしまう。
とても苦しい。体中が痛い。運動不足で
体に悪い、というのは頭でも分かっている。
それでも退屈な日々を送ってしまう」
これに対する解決策の一つとして「ピップエレキバン」を
提示すればいいのかな。

対人関係療法なら
「毎日のように親から小言を言われて困っている。
イライラする。
まっすぐな、対等なコミュニケーションが取れずに
寂しい思いをしている」
これへの対処法として対人関係療法という理論を
参考にしてもらえたらどうかなあ。

参考文献「60分間企業ダントツ化プロジェクト
(次回へ続く)

PageTop

統合 その5

参入のしにくさはどうだろう?
やや弱めだな。前回記事で書いた
「ピップエレキバン」「対人関係療法」にせよ
いくら自分の体験をベースに書いたところで
容易に他者に主張をコピーされてしまうだろう。

撤退のしやすさはOKだ。アフィリエイトなら
容易に自分のビジネスをしまうことができる。

(次回へ続く)

PageTop