FC2ブログ

日々の進歩

様々なジャンルのことについて自由に書いています。

シュートカット ディフェンステクニック4

距離を詰めて、足で相手の足元をブロックしましょう。

サッカーとは強いキックを蹴るスポーツです。
当然、弾丸ライナーのボールを体に受ければ痛いです。
そのため素人や初心者は相手が強いボールを蹴るために
「足を後方へ振り上げ、キックの準備に入った瞬間」に
ジャンプしたり、後ろを向いたり
腕で顔を覆うなどガードの姿勢を取ることがあります。

これは、止めてください。

その場合は勇気を出して逆に相手に接近し
自分の足で、相手のボールにタックルをかけるように
してください。
「相手のキックを根元から封じ込める」というイメージです。

普段の守備から相手の距離を近くに保ち
いつでも自分がアプローチに行ける状態にしておく。
そして相手が強引にシュートを打ちにいったら
「足でブロックして、止める」。

それを意識すれば、ボールは怖くなんてありません。

※フリーキックは例外

スポンサーサイト



PageTop

アプローチ ディフェンステクニック3

相手がボールを持ったら、プレッシャーをかけに
行きましょう。

日本語では「寄せ」。
英語で「アプローチ」と言います。
意味は「ボールを持った相手選手との距離を
縮めに行く」こと。という意味です。

アプローチをかけずに相手を放置すると、
ミドルシュートやロングパス、スルーパスや
スピードに乗った前方へのドリブルなどを
されて、味方が困ったことになります。

相手にかわされないような適度な距離は必要ですが
できるだけ相手との距離を詰めて、
相手に自由にプレーをさせないようにしてください。

PageTop

パスコースを切る ディフェンステクニック2

ボール保持者と相手FWの間に自分がいれば、FWへの
パスが出されにくくなります。

相手MF(ボランチやトップ下など)がボールを持っている
と仮定します。
あなたがボランチ(守備的MF)で、サッカーコートの中央あたりに
ポジションを取っています。

ここでコツを紹介しましょう。
ただ犬のように相手チームのパス回しを追いかけるだけではなく
「FW」と「ボールを持っているMF」の中間の地点に
自分がいるように自分の立ち位置を微修正します。

こうすると相手チームが楔(くさび)のボールを
出しづらくなります。
自チームの守備を上手に組み立てられるはずです。

相手がとても上手で「あなたの股の間をボールを通してでも
パスをFWに流し込む」などの選択肢はあるので
FWへのパスを完全に消す効果はないです。
そこはご注意ください。
あくまで「出しにくくなる」というのが狙いです。

僕は選手時代これを多用していました。
この「パスコースを切る。相手の美しいパス回しを
消してしまう」という狙いを持って
自分なりに工夫しながらチェイシング(パス回しを
追いかける)をしたつもりです。

役に立つ本「サッカー勝利への技術・戦術
守備のキーポイントの項目が勉強になると思います。

PageTop

ワンサイドカット ディフェンステクニック1

半身の体勢になって相手に備えます。

サッカーの守備において初心者がよくやってしまいがちな
失敗は「普通に立って相手の守備をする」こと。
ボールを持って前へドリブルしている相手に「右足と左足を
まっすぐ前に向けて」迎え撃つことです。

サッカーの守備の基本の姿勢として
ワンサイドカットというものがあります。
半身の姿勢のことで、右足または左足を
前に出し、もう片方の足を後ろにして
自分の体が相手に対して斜めになるような
構えで相手と正対します。

このワンサイドカットをすれば相手に
股抜きをされにくくなります。

役立つ本「サッカー勝利への技術・戦術

PageTop

ゾーンプレスのやり方 個人

自分のマークを放り出してボール保持者にプレッシャーを
かけに行きます。

サッカーにおける「監督の指示にとらわれない範囲で」行える
個人選手向けゾーンプレスのやり方を紹介します。
時と場合において非常に大きな効果を発揮しますので、ぜひ
実戦で試して「どんな場面ならこれが有効なのか」を
体で覚えてください。

なお、ここで言う「ゾーンプレス」とはMFの選手が
行うものを指します。
サイドバックやセンターバックなどDFは自分のマークに
集中して、抜かれたり裏に走られたりしないよう
普通にマークしましょう。

相手攻撃選手がボールを持っています。
彼はドリブル中かもしれませんし、パスを受けた直後
かもしれません。

彼に守備者としてアタックをかけるのが
「普通のディフェンス」です。
ここまでは誰もが知っていることです。

ここでひと工夫します。
このメインの守備を司る人を
「一人目」とするならば、
彼に「相手にタックルに行かず、粘る守備をしておいて
くれ」とあらかじめお願いしておきます。

そして「二人目」であるあなたが
そっと後ろから相手に忍び寄ります。
隙ができたり、相手へタックルに行ける近い距離まで
寄れたら
積極的に「ボールを奪いに行く守備」をします。

これで立派な「集団でのゾーンプレス」の完成です。
あなたが仮にタックルに失敗しても、もう一人
味方が守備として備えています。
失うものはありません。
ガツガツ競り合ったり、2回、3回と相手に突っ込んでも
大丈夫です。

これはサイドでも、中央でも有効です。
「サイドバックに慎重な守備をしてもらって」
「サイドハーフの自分が相手にアタックしにいく」
というのが分かりやすいパターンですが

ボランチと中央のセンターバックが挟み込むような
形で守っても威力を発揮します。

細かな状況設定など大幅に省いた
「ゾーンプレスのやり方」は以上になります。
監督やチームメイトと話し合い、採用するかどうかを
決めてください。

役に立つ本「サッカー勝利への技術・戦術
守備のキーポイントの章を参照すると良いです。

PageTop