日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

サッカー トラップのコツ4

時と場合においては足元ではなく、少し遠目の位置にトラップを
することが大事です。

相手が目の前に来た。自分の足のそばにトラップしたらボールを
奪われてしまいそうだ。そんなときは「相手の足の届きそうにない、
ちょうどよい場所」へボールを運ぶことが大切になります。
場合によっては相手とボールの間に自分の体を入れるなど、キープ
する行為が必要になります。

スポンサーサイト

PageTop

サッカー トラップのコツ3

練習試合やミニゲームなどで正確なトラップを心がけましょう。
ただ何となくプレーするよりも、トラップの正確性を高めるには
その方が効果的です。

PageTop

サッカー トラップのコツ2

正確なトラップをすることが大事です。フリーでボールを
受けた場面で、敵選手がいないからと安心して乱雑な
トラップをする人がいます。しかしそれではいけません。
きちんと次のキックが蹴りやすい最適な場所にボールを
置くことが大切になります。そうすれば視野も広がり前方への
ロングパスや、正確なシュートにつながるでしょう。

PageTop

サッカー トラップのコツ1

リラックスして、全身の力を抜くことが大切です。
サッカーのトラップ(自分のところに来たパスを止める行為)において
大切なのはリラックスです。体を固くしたままでは
そのボールが大きく前方に転がっていってしまうでしょう。

最初は「体を柔らかくしてトラップしよう」と心がけるだけで十分です。
しかし上を目指したいのであれば
ワールドクラスになるためのサッカートレーニング
という本がお勧めです。この本の「体をゆるめる(筋肉を柔らかくする)」
ためのトレーニングを普段のサッカーの練習と並行して行いましょう。

PageTop

子供の内気の克服について8

頼るべきは「子育ての専門家」ではなく「医学」です。

僕自身たくさん読みました。
「うちの子が人見知りなんです」という悩みに対する
様々な「親御さん向けのアドバイス」を。
しかしそれらは教育の専門家の視点からの言葉に過ぎません。

僕は「精神医学」「医療」の方へ視点を向けるべきだと言っておきます。
対人関係療法でなおす 社交不安障害
この本もお勧めです。ちなみに社交不安障害とは
「人との関わりの中で、相手に否定されることを極度に恐れる病気」
のことです。

PageTop

子供の内気の克服について7

社交不安障害について勉強しましょう。それが子供の
内気を克服するために大切な第一歩です。

「うちの子が何か心の病気かもしれない」と思って精神科や
心療内科に連れていった。しかし「異常がない」と言われた。
こんなことはよくあることです。僕自身対人恐怖的な症状を
抱えていた2004年(高校卒業直前)に、心療内科の先生に
こう言われました。
「一度専門家にお前は見てもらった方がいい」と父親に言われ
嫌々受診したときでした。

しかしここであきらめないでください。自分自身でしっかり勉強して
「内気な性格を克服するためのヒント」を学び続けましょう。
オススメは本です。
「社交不安障害」という病気についてしっかり書かれた本を読んでください。

推薦する本の一つとしては「人見知りが治るノート」を挙げておきます。

PageTop

子供の内気の克服について6

普通の親が「大丈夫だよ」と安心を与えても、子供の内気な性格
は改善されません。

ちなみに「精神科医が親である」というのは例外です。この部分を
こうすれば大丈夫だ。この薬を飲めばいい。大げさに聞こえるかも
しれませんが、正確なアドバイスのできる人間がそばにいれば
その内気・人見知りの性格は良くなるでしょう。

しかし「人間関係で否定されるのが怖い」という思いを強く持った
子供に、「人に否定されることをあまり恐れない」親が自分の感覚
で「大丈夫」を連発しても効果はでません。まるっきり無意味では
ないと思います。不安をあおったり、強く脅すような親よりはましです。

「怖がっている子供に安心を与えましょう」
美しいアドバイスだと思います。しかしこの言葉に過剰に重きを置いて
それだけで内気な性格を治そうというのはダメです。
あなたの目の前にいる「重症の内気」の子供(前述)は、そのアドバイスで
本当に満足のいくだけの改善を見せていますか?

PageTop

子供の内気の克服について5

子供が13歳以上の場合は、統合失調症の可能性を
考慮に入れる必要が出てきます。

統合失調症とは「感情表現が乏しくなる」「無気力になる」
などの症状から始まる病気です。重症になると様々な
状態になりますが、それについてはここでは触れません。

「精神的に引きこもる。親に何も話そうとしない」
「これまで楽しいと思っていたことが楽しくない。親から見ていて
楽しそうに見えない」
「眠れない。昼夜逆転の生活が続く」

これらの症状が現れ始めたら要注意です。

PageTop

子供の内気の克服について4

内気には「軽い内気」と「重症の内気」の2種類あります。
前者は芸能界や、テレビ番組でもよく見られます。
しかし後者はほとんど表で語られることはありません。
「引きこもり」とか「社交不安障害(話をすることを極度に恐れる病気)」
「対人恐怖症」と一部重なりますが、基本的には社会から
注目を浴びることはありません。

「子供の内気な性格」がなかなか治らない。そんなときは
「もしかしたらうちの娘は重症の内気かもしれない」と疑って
みることが大事です。テレビで出てくるような「軽い内気」だと
勘違いして軽率に対応すると、子供を必要以上に追いつめて
しまうかもしれません。

PageTop

子供の内気の克服について3

親による子供への単純な介入には一定の効果があります。
内気な子供の親はよく、様々な説得をすることによって
子供の不安を和らげようとします。
僕はそれについて完全に否定することはしません。
時と場合によっては効果が現れると思います。

しかし本質的な解決にはならないと思います。
また未知な環境や知らない相手が現れたら不安を訴えて
くるでしょう。

「そんな小さなこと恐れてどうするのよ。もっと強くなりなさい」
「大丈夫よ、友達と話せば分かってもらえるから」
「入学式で新しいクラスメイトと話すのが緊張する?そんなの
時間とともに慣れるわよ、平気よ」

僕はこれまで子供時代、親や友人、先生などからこの類のアドバイスは
数限りなく受けてきましたが、自分の臆病な性格は
改善されませんでした。

PageTop

子供の内気の克服について2

自然に任せているだけでは、子供の内気はこじれるケースが
あります。

もちろん一部の子供は自然に内気が治ります。
しかし成長していくなかで急に内気になったり
元々内気だった子がさらに内気を悪化させることは
よくあることです。

「内気な性格はそのままでいいんです」
「子供の個性を大切にしてください」
「一人で遊ぶのが好きな男の子(女の子)だっています。
今は見守りましょう」
このような言葉に騙されないでください。

大切なものは正しい知識と理解です。

PageTop

子供の内気の克服について1

積極的にあなたの子供に介入していきましょう。それが
子供の内気な性格を直すために必要だと僕は考えます。

「強い調子で叱る」という意味ではありません。
穏やかなトーンで話しかけてください。もちろん最初は
何も話してくれないかもしれません。
しかし本当に信頼関係ができたのなら、少しずつヒントと
なることを言ってくれると思います。

次回以降、このブログ記事で
「20歳以下の内気な人間」の対処方法について書いていきます。

PageTop

サッカー ドリブルのコツ17

あなたがドリブルに自信がないならば、一時的にドリブルを
やめるのも選択肢の一つです。

あなたのドリブルが上手になりました。
弱い相手には、フェイントをかけて抜けるようになりました。
そんなとき
「格上のチームと対戦する」
「上手なDFと対決する」
など、これまでのドリブルが通じない場面もあるでしょう。

そんなときは無理をしないでください。
「自主練(ひとりでの練習)の時間にフェイントを練習して、一ヶ月後には
ドリブルがまた使えるようになろう」と考えて、この今の試合では
ドリブルを使用するのは控えてください。

これまであなたが控え選手で、トップチームに上がれなかった。
しかし最近上手になって、試合に出られるようになった。
そのため対戦相手の守備のレベルが上がり、フェイントが通じない。
あなたはいつか、そんな体験をするかもしれません。

ドリブルとは「よし、この場面ならフェイントが成功しそうだ」という
はっきりとした予測、イメージのある中で行うものです。
「このドリブル、おそらく失敗するだろう」というイメージしか描けない
のであれば、短期的にはドリブルはやめてください。

PageTop

サッカー ドリブルのコツ16

中央ではシンプルに前へボールを運ぶだけで突破できる
場合があります。

あなたが中盤で、フリーでボールを持っていると仮定しましょう。
ポジションはトップ下です。
そんなとき前へドリブルし、スピードに乗ってゴールへ向かってください。
やがて相手が見えてきます。
ここで「裏のスペースへ走りこむFW」とか
「サイドでフリーで待っている味方」がいた場合、DFはそれを警戒して
いつもと違うポジションを取る場合があります。
あなたが「絶対にその人へパスを出す」と決めつけて
あなたのドリブルのコースを開ける場面があるのです。

そんなときは遠慮なくそこへドリブルし、守備を突破してください。
しかしこのプレーはあなたに「基礎的なドリブル技術」がある場合
にのみ有効です。
すなわち「目の前にボールをドリブルで50cm運ぼう」と思ったときに
自分の思い通りに50cm運べる。
そんな能力がある選手にだけ有効な行為です。

PageTop

サッカー ドリブルのコツ15

あなたの足が速いのならば、相手とスピードで勝負するだけで
ドリブルが成功します。

やり方はこうです。サイドでDF(ディフェンダー)と1対1になりました。
あなたは大きめに前へボールを出し、ドリブルでダッシュします。
細かいやり方は個人差があるのですが、僕の場合
足のアウトサイドの部分でボールを押し出すことをお勧めします。
タッチラインに沿った、縦方向へドリブルするのがよいでしょう。

相手がとても足が遅いとか、あなたの瞬発力がとても高い場合
これで相手を抜けます。

PageTop

サッカー ドリブルのコツ14

常にドリブル勝負を仕掛ける気持ちを忘れないでください。

ドリブラーがドリブルに失敗すると、よくこんな声が聞こえてきます。
「簡単にパスをつなげ!」
「ドリブルをするな!」

しかし僕は違うと思います。解決策は
「ドリブルが上手になって、ドリブルの成功率を上げる」ことであって
「プレーの成功確率の高い、安全なパスを選ぶ」ことではありません。

あなたがドリブルをしたいのであれば、ドリブルから逃げない。
それが大事だと思います。
前回までの記事で書いたような、例外的な状況は別にして
当たり前の範囲内で、ドリブルをチャレンジすることを選びましょう。

PageTop

サッカー ドリブルのコツ13

トラップミスをしたら、ドリブルはあきらめましょう。

味方からのパスをうまくトラップできず、ミスしてしまうことが
あります。そんなときは状況にもよりますが、味方にシンプルな
パスを出した方が良いです。

「よし、今回はいいトラップができた」と思えて、自分の体勢が崩れて
いない。相手と、周囲と、ボールをよく見えている。そんなときに
ドリブル勝負を仕掛けるようにしてください。

PageTop

サッカー ドリブルのコツ12

相手守備選手との間合いが広い場合。最優先すべきは
シュートです。

ゴール前でボールを受けた。シュートチャンスである。
相手DFが完全に寄せきれていない。
フリー気味である。
そんなときはシュートを打ってください。

キックフェイントをかけたり、前へドリブルして勝負を挑みたくなる
かもしれません。しかしサッカーの最終目標はゴールです。
補助的な第2選択肢としてそれらは有効かもしれないですが、
頭の中はシュートを優先にしてください。

PageTop

サッカー ドリブルのコツ11

2人がかりでドリブルを止めに来たら、ドリブルはあきらめた方がいいです。

あなたに2人のマークがついているということは、単純計算でどこかに
フリーの味方が待っているということです。視野を広く保って
その味方を有効活用してください。

もちろんあなたに「2人がかりでディフェンスをされても、抜いていける
技術」があるのならばドリブルしてもいいでしょう。しかしそれがないなら
バックパスをしてもいいから味方間でボールを回し、1対1の局面が
あなたに訪れるときを待ってみてください。

PageTop