日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

高岡英夫トレーニングの体験談1

僕は「ワールドクラスになるためのサッカートレーニング」の本に
記載されているトレーニングを行って、効果を出しました。

最初は「練習後の筋肉痛が少なくなった」程度の小さな成果しか
現れなかったですが、徐々に大きな結果が出てきました。
「ロングキックの練習で、遠くの人にノーバウンドでボールが行く
ようになった」
「試合中に疲れにくくなった」
など、様々な効果が出ました。

しかし、その後僕は高岡英夫さんのトレーニングを全て止めてしまう
ことになります。理由については次回のブログ記事にて書きます。

スポンサーサイト

PageTop

精神疾患と矛盾4

うつ病や統合失調症など一部の精神疾患では「薬を拒否する」とか
「服薬量を勝手に調整する」ということがよくあります。

「薬を飲む気がしない」
「少しずつしか症状が改善しないので、絶望的な気分になった」
など、理由は人によって様々です。

PageTop

精神疾患と矛盾3

統合失調症の人の中には「私は病気ではない」と主張するタイプが
います。統合失調症の治療には薬の服用や自己理解が不可欠
であるにもかかわらず、です。

ここに矛盾が一つあります。家族は「病院に行かせたい、きちんとした
医療を受けさせたい」と思っている。それなのに
本人は「嫌だ、病院なんか行かない」と言い張る。精神の病では
そんなケースが多々あります。

PageTop

精神疾患と矛盾2

統合失調症の一部の人間は病院には行こうとしません。なぜなら
無気力だから(人と会うのが面倒くさいから)です。

統合失調症の初期というのは自分自身も家族も、病気に対する
自覚や正しい知識がないことが多いです。そのため心の病に
由来する無気力を「ただの怠けだ、甘えだ」と一蹴してしまう場合が
あります。

PageTop

精神疾患と矛盾1

重度の社交不安障害の人間は医者には行けません。なぜならば人が
怖いからです。「病院の看護師」「受付の人」「医師」。どれも怖いと
感じるでしょう。

僕は社交不安障害ではありませんが似たような状況になりました。
最終的に僕の場合父親に半ば強制的に病院(内科および精神科)に
連れていかれました。

今後「精神疾患と矛盾」というタイトルでしばらく連載をします。
精神の病気を患った人間が、どのような矛盾や不条理に遭遇するかに
ついて書きます。

PageTop

統合失調症とお金持ち4

統合失調症というとどうしても貧乏なイメージがついてきます。
生活保護を受けていたり、安い賃金で働いていたりする人も
いるでしょう。親の金で生活している人もいれば、障害年金をもらって
いる人だっているはずです。

しかしこのブログの「統合失調症とお金持ち1」から
「統合失調症とお金持ち3」までを読んでいただければ分かるように
今後は違ってくると思います。

PageTop

統合失調症とお金持ち3

統合失調症が「治る病気」になったのはつい最近です。それまでは
自宅で隔離されたり、精神科病院へ入院させられていました。

徐々に医学が進歩して、働ける精神障害者(統合失調症を含む)が
増えてきました。新しい薬もどんどん開発されています。

統合失調症患者本人がお金持ちになれない、現在お金持ちではない
理由の一つは「これまでの治療方法が未発達だったから」です。

PageTop

統合失調症とお金持ち2

統合失調症と診断されたらお金が必要になります。
薬(飲み薬)や診察のために、多少あなたの出費が増えるでしょう。

統合失調症のお金持ちがほとんどいない理由の一つとして
この「医者にかかるお金がいる」という要素を挙げておきます。

「親の遺産を継いだ」「宝くじに当たった」「親がお金持ちである」
などは含めない「お金持ち(自力で投資や不動産、会社経営で
資産を築いた人)」のことです。
(次回へ続く)

PageTop

統合失調症とお金持ち1

統合失調症の当事者本人がお金持ちになった。
そんな話は僕の知る限り聞いたことがありません。

統合失調症とは10代から20代の若い時期に発症する
ことが多い疾患です。ですから進学や就職が難しくなる場合が
あります。

おそらくそれが統合失調症のお金持ちがいない原因の一つである
可能性が高いです。

(次回へ続く)

PageTop

甲野善紀トレーニングの体験談

僕がここで述べるのは2003年時点での甲野善紀さんの理論
を実践してみての報告です。最新の(2015年)ものではない
ことはご容赦ください。

「ためない、うねらない、ねじらない」とか
「ナンバ走り」をはじめとする彼の理論を僕は
高校時代いろいろ試行錯誤して実行しました。

その結果はあまり良いものではありませんでした。
坂道ダッシュなど、部分的なところで成果を感じたときはありました。
しかし全体的には「効果がない」というのが
現在の僕が振り返っての結論です。

このブログの過去の、甲野善紀さんについての記事
謙虚さ 甲野理論1

PageTop

筋力トレーニングの体験談

僕は独学で「初動負荷理論」のトレーニングを行いましたが、
あまり効果が出ませんでした。

これはウェブサイトの「メルマガバックナンバー」ページに
述べられているものと同一の体験です。参考にしたのは
新トレーニング革命」という本です。

普通の筋トレは「終動負荷理論」である。
ベンチプレスや腕立て伏せは「動作の終わり頃に
筋力を使う」ものである。

しかしサッカーなどスポーツで要求される筋力はそんなものでは
ない。ダッシュの最初の5歩のように、筋肉を爆発的に
急激に使うと、相手よりも速く走れる。
スポーツで良い結果を残せる。
それが「初動負荷理論(初動負荷トレーニング)」である。

そんな説明に僕は「なるほど」と思いました。
そして本に記載されているコツに従って
スクワットやベンチプレスなどの筋トレを行いました。

その結果どうだったのかというと、ほとんど成果が
現れませんでした。「キックの飛距離」「走る速度(スピード)」
「競り合いの強さ(フィジカル)」どれをとっても
満足のいくような効果はなかったですね。

参考「メルマガバックナンバー」の下部の
「no.10 筋トレはするな」

PageTop

統合失調症とマンガ3

統合失調症について書かれたマンガがあります。
中村ユキさんの「わが家の母はビョーキです
という本です。この著者の書いた
「マンガでわかる!統合失調症」の原型のような漫画です。

PageTop

統合失調症とマンガ2

ブラックジャックによろしく 9」から
ブラックジャックによろしく 13」までに統合失調症を中心とした
精神病(精神障害)についての解説があります。ぜひこのマンガを
読んでみてください。

ちなみにこのマンガは無料(0円)です。Amazonのタブレットをお持ちの
方はお気軽に入手してください。

PageTop

統合失調症とマンガ1

マンガ「ホーリーランド」には統合失調症を悪化させる
シーンが存在します。正確に言うならば「超能力を肯定
する場面がある」です。

その場面とは「18巻」。
神代ユウと井沢マサキの戦闘前のシーンです。
「井沢さんが街に来ていることが雰囲気で分かる」と神代ユウが
述べる部分があります。そして井沢マサキも
「待ち合わせをしていないのに」出会う場所を感覚で分かっている。
そして実際、その通りになります。

現在の僕はこのようなシーンを「現実ではあり得ない」と思います。
しかし統合失調症を発病する以前の僕は
「もしかしたらあるのかもしれない」と思ってしまいました。

PageTop

週刊少年サンデーと統合失調症2

週刊少年サンデーで連載していた「金色のガッシュ!!」という
マンガがあります。僕はこのマンガの影響をかなり受けました。

主人公の一人は物語終盤にて特殊能力を開花させます。僕は
その能力に対して当時強い憧れを抱きました。

僕が統合失調症になったとき、僕は「もしかしたら自分は何か
特殊能力を身につけたのかもしれない」と思いました。

この金色のガッシュはファンタジーです。しかし「普通の人間」と
「魔法を使う魔物」が区別して描かれていました。途中までは。
しかし人間の方に「超能力のような、特殊能力」が開花する。
そのような場面が終盤あたりに出てきます。

このストーリーに僕は影響を受けたのです。

PageTop

助けて欲しかった

書きたいことが浮かんだので連載を一時中断して書きます。
昔僕がインターネットの掲示板に書いた内容です。

僕は複雑な家庭環境から自力ではい上がってきた人間です。
(参照 あなたが内気だった本当の理由
周囲に八つ当たりしたいのをぐっとこらえて前進してきたと思って
います。少なくとも22歳までは。

ですから虐待的な家庭で育った人のニュースを見ると、いつも
複雑な気分になります。
「お前ら、少しは努力しろよ」って感じます。

もちろんうつ病を発症した人など、努力できない(努力したくても
できない)人間がいるのは事実です。しかし全体的に見ると
苦しい状況で何もせずじっと耐えてきた人が多いという印象を
受けます。

僕は母親から怒声を浴びせられる日々を送りながら、淡々と
読書してきました。
父親からからかい、皮肉や侮辱の言葉を言われても耐えて
「サッカーがうまくなるための試行錯誤」を続けてきました。

「何でこの俺は一番苦しかった時期に、誰も助けに来て
くれなかったの?」
「どうして俺は自分で努力するしかなかったの?」
そんな嫉妬のような思いは今も感じます。

現在も僕は救われていません。
参考 2007年2月頃のブログ記事
お金の不安 俺の現状1

PageTop

週刊少年サンデーと統合失調症1

名探偵コナン」というマンガがあります。この話の一つに
印象的なシーンがあったので紹介しようと思います。

「誰かに見られているような感じがする」
そう登場人物が思う場面が登場します。

誰かがその人を見ている訳ではない。
しかし視線を感じる。
これは統合失調症の人にたまに現れる症状です。

PageTop

週刊少年ジャンプと統合失調症6

「ドラゴンボール」「ナルト」「ワンピース」といった人気マンガにも
統合失調症に影響を与える要素が存在します。それは
前回のブログ記事にも書いた「気」のエネルギーです。

ドラゴンボールの「気」。
ナルトの「チャクラ」。
ワンピースの「覇気」。
多少の違いこそあるものの、似たような印象を受けます。

「目に見えない不思議なエネルギーが、この世にはある」
そんな価値観が統合失調症の急性期に影響を与えうるのです。

これにて「週刊少年ジャンプ」のシリーズを終了します。次回からは
「週刊少年サンデーと統合失調症」です。

PageTop

週刊少年ジャンプと統合失調症5

週刊少年ジャンプで連載されていた「るろうに剣心」にも僕は
影響を受けました。

剣術の達人「緋村剣心」がその戦闘技術とともに
「気」を感じる力がある。このマンガにはそんな場面が
登場します。

「来客でござる」
「え?何の音もしていないのに、なぜ分かるの?」
「気を感じたでござる。隠そうとしない、馬鹿正直な闘気を。」

相手の気持ちを読む。
先読みして攻撃を仕掛ける。
気の力で相手を動けなくする。

剣と剣での戦いの中に、上記のようなシーンがあることで僕の場合
気を「当たり前のもの」と考えてしまった部分があります。

統合失調症の初期(前触れ)の段階のときは
「気の力をトレーニングする」ことで、無気力ややる気の無さを
改善させようとしました。
発病直後の急性期(興奮が強い時期)のときは
「自分の気(精神状態)が相手に影響を与えている」という
思い込みが一部ありました。

もちろん「るろうに剣心」だけがその原因ではありません。
気功の本や、仙人の文献にも影響を受けたと思います。

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 完全版 1

PageTop

週刊少年ジャンプと統合失調症4

ハンターハンター」という、週刊少年ジャンプのマンガがあります。
この本の「念能力」という概念も僕は影響されました。

「人の体からオーラが出ている」
「訓練によってそれを強化できる。様々な能力が身につく」
そんなストーリー内での説明は、昔の僕にとって魅力的でした。

PageTop

週刊少年ジャンプと統合失調症3

マンガ「ダイの大冒険」にはテレパシーを肯定するかのような描写が
あります。僕はこれに影響を受けました。

特殊能力を持った人物が他人と「まるで会話しているかのような」
意思疎通を行う。ジャンプに限らずマンガではよく登場するシーン
ですが、現在の僕はこれを否定します。

昔僕はマンガの影響で「テレパシーはこの世に存在するかもしれない」
と思っていました。それ故に、統合失調症の「幻聴」を誰かの超能力である
と考えてしまった時期があります。精神的に追い詰められて、周囲の状況
があまり見えなくなってしまった頃です。

PageTop

週刊少年ジャンプと統合失調症2

マンガ「ヒカルの碁」について紹介します。
この物語には「藤原佐為」という霊(幽霊のようなもの)と
「進藤ヒカル」という少年が登場します。ヒカルは佐為の指示通りに
囲碁を打って、圧倒的な勝負強さを発揮します。
僕はこのマンガに大きな影響を受けました。

完全に同じという訳ではないですが、僕自身に進藤ヒカルと似たような
出来事が起きました。最初は「ペンとメモを用意しないと、相手の
言っている言葉が聞き取れない」状態でした。しかし
次第に普通に道を歩きながらでも会話ができるようになりました。

これは統合失調症という病気の症状です。
僕の体験についてはこのブログの過去記事をご覧ください。
統合失調症の体験談1」から
統合失調症の体験談12」までです。

医学的には統合失調症の原因は不明です。
しかし僕の場合、統合失調症の発病がマンガ「ヒカルの碁」と
似てしまったのは事実です。記憶の中にあったこのマンガのエピソードが
僕に影響を与えてしまったみたいです。

次回の記事では同じ週刊少年ジャンプのマンガ「ダイの大冒険」について
書きます。

PageTop

週刊少年ジャンプと統合失調症1

今回のブログ記事の目的は「指摘」です。週刊少年ジャンプという
雑誌で連載されていたマンガに、どれだけ統合失調症に影響を
与える要素があったかを書いていきます。

なお「週刊少年ジャンプ」だけを指摘するつもりはありません。
この連載シリーズが終わったら「週刊少年サンデーと統合失調症」
および「統合失調症とマンガ」についての文章を書く予定です。
ジャンプだけを貶めたい訳ではないことはご理解ください。

そもそも「統合失調症って何?」という方には
マンガでわかる!統合失調症」という本を紹介しておきます。
(次回へ続く)

PageTop

机の整頓ができなかった

僕は12歳頃まで机がぐちゃぐちゃでした。
母親からいくら注意されても机の上にはモノがたくさん
あふれかえっていました。

12歳ころにがんばって「机をいつもキレイにしておこう」と
決心したら、僕の場合徐々に改善しました。

PageTop

メガネの拒否

僕は近視です。しかしそれを嫌悪してきました。
その理由の一つとして友人から注目を浴びることがありました。
例えば小学校時代、いつも裸眼で(メガネなしで)過ごしていた
友達が急に、メガネをかけて登校してきたら、どうでしょうか。

「あれ、どうしたの?」
「あー!メガネかけてる!」と明るく冗談半分で
注目というか好奇心の目を向けられるでしょうね。

僕はそれが嫌でした。
小学校4年生くらいから徐々に視力が低下してきたのに、
眼科医から「君は近視(目が悪い)だから、メガネをかけた
方がいい」と言われても、友人から
注目の目を向けられるのが怖くて
小学校時代はメガネ無しで過ごしました。

ちなみに僕は対人恐怖を抱えています。
「勇気を出して話しかける」必要なんてない
このページの前半部分を参考にしてください。

PageTop

サッカー 筋力トレーニングの体験談

僕は筋トレ(筋力トレーニング)を試みて、効果が出なかった経験が
あります。

僕は中学3年生のとき、筋トレを始めました。
サッカーのファンクション体操」という本を参考にしながら、独学で
トレーニングに励んだ記憶があります。

一般的な腹筋運動や背筋運動は、体に悪い。
だからこの本に書かれているようなトレーニングを実施しなさい。
確かこんな内容だったと思います。

筋トレを始めたのは中学のサッカー部を引退した後でした。
今振り返るとほどんど意味のないトレーニングでした。
成果がほとんど現れないトレーニングだったのです。
ちなみに実行したのはマシンやバーベルを使わない、自宅で
行えるタイプの筋トレでした。

僕が推奨する最適な筋トレについては
メルマガバックナンバー」の
「no.10 筋トレはするな」をご覧ください。

PageTop

協力 水島理論4

この世の中は「協力」によってできています。多くの人が
支え合い、助け合いながら目の前の世界を生きています。

ところが一部の人は世の中を「努力」によってできていると
とらえてしまいがちです。私がこれだけがんばってきたから
目の前の世界がある。もちろん他人の協力もあったけれども
中心となっているのは「私の努力」だ。

現実をどのように捉えるかは人それぞれです。
また個人の自由です。
しかし「努力」を中心に考えてしまうと、統合失調症など精神の
病にかかりやすい。不完全な記憶しかないのですが、水島広子
さんの著書にそのような記述があったと思います。

水島広子さんの本
自分でできる対人関係療法
読解力がある人にオススメです。

PageTop

言葉にして出す 水島理論3

私たちは超能力者ではありません。相手の気持ちを完全に
把握することは不可能です。

水島広子さんの理論に以下のような記述があります。
あなたが怒りを感じているのなら、それをきちんと周囲の人に
言葉にして出しましょう。
相手に自分を「分かってもらう」ためには、言葉にして自分の
思いを伝えることが非常に大切です。
落ち着いて、冷静に、言葉を選んで主張することはもちろん大事です。

こちらのブログ記事も参照ください。
対人関係療法のやり方9 言葉にする

PageTop

心臓病のたとえ 水島理論2

もし、あなたの家族が重い心臓病にかかったとしたらどうでしょうか。
いますぐ手術が必要であるとします。
そうだとすればあなたはその家族のためにお金を出すでしょうね。

水島広子さんの主張する理論にこんなものがあります。
あなたが精神疾患が原因で、親の金を使って生活することしかできない。
そんなとき多くの人は惨めで屈辱的な気分になります。

ここで水島さんは冒頭のたとえ話を引き合いに出し
「今のあなたは命にも関わる危険で重篤な状態にある。だから
それは仕方がない」と主張しています。

これは摂食障害の人に向けた理論になります。僕はこれは
統合失調症など全ての精神の病に当てはめることができると
考えています。

参考文献「拒食症・過食症を対人関係療法で治す
焦らなくてもいい!拒食症・過食症の正しい治し方と知識
この話が載っていたのはこの2冊のうちどちらかです。

PageTop