日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

少年サッカーの上達13

トラップは正確に行いましょう。あなたの所に味方からパスが
転がってきた。そんなときは自分の足元に、次のプレーがやりやすい
位置にボールを止めてください。

スポンサーサイト

PageTop

少年サッカーの上達12

シュートは丁寧に打ちましょう。多くのサッカー選手はシュートと
聞くと強い、美しいゴールの隅に決まるキックをイメージすると思います。
しかしシュートは入らなければ意味がありません。初心者のうちは
自分の技術、能力を考えて「この距離ならば十分にゴールを狙える」
という遠さから、正確なシュートを打つように心がけてください。

PageTop

少年サッカーの上達11

コーナーフラッグに近い相手陣内からゴールの近くへパスを出すことを
「センタリング(クロス)」と言います。浮き球で、味方にヘディングしてもら
ってゴールを狙うことが一般的です。

そのときのコツは「正確なボールを出そうとすること」。
時と場合によってはゴロのパスになるでしょう。とにかく
味方がシュートを決めやすいような、丁寧なボールを出してあげる
ことが大事です。

PageTop

少年サッカーの上達10

ドリブルは非常に有効な技術の一つです。フェイントを練習しておいて
試合のときに上手に使うことができれば、チームの攻撃で
非常に大きな武器となるでしょう。

PageTop

少年サッカーの上達9

僕は小学校低学年のとき、アウトフロントキックを使えました。
遊びのサッカーの時に、同級生の頭を越えるくらいの高さまで
上がるキックを蹴ることができました。

足の甲の中央より少し外側(小指側)でボールに足を当てる
このキック。使えればパスの選択肢が増えるでしょう。

PageTop

少年サッカーの上達8

ヒールキックは真面目な技です。自分の後ろに走り込む味方に
効率よくパスを出すことのできる、テクニックの一つです。

「自分自身が試合中に目立ちたいから」ヒールキックを使う。
そんな人も一部いると思いますが、僕はそんなことはしません
でした。

「笑顔で」
「遊びの練習試合やミニゲームにて」ヒールキックを使用するのではなく。

「真面目な、普通の顔で」
「本番の試合や練習のときに」
ヒール(かかと)を使ったキックをたまに蹴る。
それは非常に有効だと僕は思います。

PageTop

少年サッカーの上達7

アウトサイドキックを試合中に使えるようになるためには、練習
するのが一番です。これまで実戦で使えていないのに急にキックを
使っても、おそらく失敗すると思います。

自分の中で「自分はアウトサイドキックを使えるプレーヤーになりたい」
という思いがあるのならば、普段からトレーニングしておいて
ください。

PageTop

少年サッカーの上達6

インフロントキックについて解説します。クロス(センタリング)や
フリーキックによく使われるこのキックは個人差が大きいです。
自分に合ったフォームを見つけることが重要になります。

PageTop

少年サッカーの上達5

インステップキックの蹴り方のコツです。足の甲の中心でボールを
キックするのが通常ですが、このときに
・軸足をボールより手前に置く
・足の甲の中心より少し下(指側)でボールを蹴る
・上半身を少し起こし気味(背中側に反らし気味)でキックする
この3点を意識すると僕の場合高く、遠くへ飛ばすインステップキックが
蹴れました。

PageTop

少年サッカーの上達4

ボールの中心をとらえたキックをしましょう。
例えば右足のインサイドキックを蹴るときに、中心から
外れたところを蹴ると自分の望んでいない方向へボールが飛んで
いきます。

ボールの中央に力がきちんと伝わるような、まっすぐ前へ飛ぶキックを
蹴りましょう。それが基礎です。

PageTop

少年サッカーの上達3

コーチや親の言葉に惑わされないようにしましょう。よく少年サッカーで
見かけるのは2つのパターンです。一つ目は勝利を目指す、合理的な
サッカー。ミスをすれば厳しい言葉が飛んできます。

二つ目は「(悪い意味で)楽しいサッカー」です。ミスをしても許される。
走らなくてもいい。試合で負けても大丈夫。こんな方針で子供を安心
させるチームもたまにあります。

僕個人はこの2つのどちらでもない「三つ目の道」を進むべきだと
思っています。本気でサッカーをするけれども、暴言は吐かない。
弱者をいじめない。からかわない。侮辱しない。嘲笑しない。
一緒に「どうすれば少しでも上達できるか」について考えて
一緒にサッカーをしようとする。このような方針を取るべきだと
考えます。

PageTop

少年サッカーの上達2

楽しくサッカーをしましょう。正確なパスを出せたときの嬉しさ、
守備がうまくいって、ボールを奪えた時の喜び、そしてドリブルで
相手を抜けたときの達成感などを大切にしましょう。

注意して欲しいのが「プロサッカー選手を目指すかどうか」です。
ケガを覚悟で相手のタックルの中へ飛び込む。
疲れているのに、翌日の練習に参加する。
へとへとになるまで試合中走り切る。
これらは楽しくサッカーをしている段階の人間には不要な行為です。

あなたがサッカーに何を望んでいるのかによって「楽しさ」の中身は
変わってくるでしょう。

PageTop

少年サッカーの上達1

以前僕のホームページは「サッカー 上達」というキーワードで
検索エンジンの上位に表示されていました。しかし最近では
順位が落ちているみたいです。

その原因の一つとしてどうやら僕のホームページが
「中学生や高校生など、真剣にサッカーに取り組む人」に向けた
ものであることがあるようです。

そこで僕は今回「自分の子供にサッカーをやらせている保護者」
「楽しくサッカーをしている小学生年代の選手たち」に向けた
文章を書こうと思います。

PageTop

ゆる体操の体験談

僕はゆる体操を実行して、効果を出しました。

僕がやったのは「ワールドクラスになるためのサッカートレーニング」
という本に書かれているゆる体操です。「ゆるめる」身体学など
2015年時点での分類は「基礎ゆる」の「ほゆる」という名前の
体操になるでしょう。

一般的に広まっている「ゆる体操」、すなわち言葉をつぶやきながら
体を動かしたり、さすったりするものとは別になります。

PageTop

恋愛のコツ6

自分のスタイルを確立しましょう。世の中には様々な恋愛の
かたちがあります。無理に他人を真似する必要はありません。
「私はこんな恋愛をしたいんだ」という自分の中の思いを
大切にしてください。

PageTop

恋愛のコツ5

他人を尊重しましょう。恋愛の場面では
礼儀正しい言葉遣いを心がけて、悪口は控えてください。

これは「敬語を完璧に操れ」と言っているのではありません。
普通にあなたの常識で考えて「相手を不快にさせない言動」
をするようにしてください。

PageTop

恋愛のコツ4

「人と話をするのが怖い」
「緊張して異性とうまく話せない」などの症状を抱えているのならば
それを治す必要があります。

僕は対人恐怖と呼ぶことが多いです。しかしこの言葉に抵抗がある方は
別の呼び名を使って構いません。
「あがり症」
「緊張しやすい」
「臆病」
など、いろいろな言葉があります。

具体的な克服方法については
人見知りが治るノート」等、専門書を読みましょう。

PageTop

恋愛のコツ3

現実であなたの恋愛スキルを試しましょう。年上の人物であろうと
同性の人であろうと、人と会話して自分の「人間関係を構築する
力」を高めてください。

ただし対人恐怖を抱えている人は例外です。専門的な治療が
必要になります。それについては次回述べようと思います。

PageTop

恋愛のコツ2

外見を磨きましょう。それが恋愛をスタートさせるための
第一歩です。

普通の人が通常のマナーに沿った格好をしているのならば
それでOKです。しかし
「2週間以上風呂に入っていない」
「髪の毛が乱れている」
などが当てはまる場合はそれを改善させる必要があります。

ここで注意です。あなたが
「過剰に身だしなみに気を使わない」状態ならば統合失調症を
疑う必要があります。
「自分を整える気力が失せた」
「不眠が続いている。昼夜逆転気味である」
「無気力で一日中横になっていることが多い」
ならば一度医師の診察をお勧めします。

次回へ続きます。

PageTop

恋愛のコツ1

本田透さんの著書「電波男」を参考にして恋愛のコツについて
書いてみようと思います。

完全に彼の理論をカバーすることはできないと思いますが、
自分なりにトライしてみようと思います。
(次回へ続く)

参考「恋愛資本主義 本田透理論1

PageTop

高岡英夫トレーニングの体験談3

僕は高岡英夫さんのトレーニングに自己流のアレンジを
加えて、一定の成果を出しました。

それは僕のホームページでも公開している「歩きを極める」という
トレーニングです。

「ゆる体操に時間を割けない」
「やる気が出ない」
そんな悩みを持った僕自身が、対策の一つとして考え出したものです。

しかしこれにも欠点があります。それは「体の力が抜けすぎてしまう」
ということ。もしあなたが僕のトレーニングに興味を持ったのであれば
高岡英夫さんの「裏転子」のトレーニングや、医学的な筋トレなど
パワーをつける運動と並行して行ってください。

PageTop

高岡英夫トレーニングの体験談2

僕は高校生のときドリブラーになりたいと思っていました。
しかし高岡英夫さんのトレーニングで伸びた(向上した)のは
「キック力」
「持久力」などでした。

ワールドクラスになるためのサッカートレーニング」で要求されていた
2日に1度程度、1日30分のトレーニングは当時の僕にとっては負担
でした。

「ロングパスが武器のパサー(パス重視の選手)」として僕が高校サッカー
で勝負するのでしたら、おそらく僕は高岡英夫さんのトレーニングを続けて
いたと思います。しかし僕はドリブルの練習と試行錯誤に時間を割きたかった
ので、次第にゆる体操を行わなくなっていきました。

1日1セットのリアストレッチ(上記のの本に記載されているトレーニング)
くらいは継続してもよかったかなと現在は反省しています。

PageTop