日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

ADHDとプロサッカー選手4

自己管理能力の低さ。それが厳密なADHDの人が
プロサッカー選手になれない理由の一つです。

家の机の上がぐちゃぐちゃ。
朝起きるときいつも忙しくしている。
忘れ物、落し物が多い。
「うっかりミス」の回数が普通の人より多い。

話は飛びますがADHDの専門書では対策として
「親や専門家など、他人の助けを借りましょう」
とアドバイスされていることが多いです。

僕はADHDのような症状を抱えた子供でしたが
母親や親友の助けを借りて
何とか学校生活を送れた部分があります。

小さい頃に「落ち着きがない」「授業に集中してない」
と指摘されて。
小児科や児童精神科を受診し。
「あなたはADHDです」と言われる。
通常学級で配慮を受けながら学校生活を送る。
あるいは「発達障害児」として特別支援学校に行く。

現代ではADHDの子供たちはこのような感じの支援を
受けているでしょう。

話を戻します。
僕はサッカー部やサッカーのクラブチームで
自分の特性をさんざんバカにされ続けてきました。
「忘れ物王(わすれものおう)」というニックネームを
コーチからつけられたこともあります。

料理。洗濯。整理整頓。買い物。電話応対。
全部苦手でした。
プロサッカー選手はサポートしてくれるスタッフは
いますが、社会人です。
当たり前のことをこなせるだけの自己管理能力は
必要です。

今回はあえてまとまりのない文章のまま掲載してみます。
次回は「話を聞く能力」についてです。

スポンサーサイト

PageTop

ADHDとプロサッカー選手3

テレビカメラの存在。それがADHDのプロサッカー選手
が存在しない理由の一つなようです。僕はそう推測
しています。

「それにしてもA選手、今日のゴールは素晴らしかった
ですね!」
「ありがとうございます!サポーターの声援に応えられて
良かったです」
テレビ。雑誌。新聞等のインタビューで上記のような
やり取りは、ほぼ全ての選手が行っています。

プロサッカー選手は、サッカーだけやっていればいい訳
ではありません。メディア対応が必須です。

「この人は性格も明るいし、プロになっても大丈夫そうだ」
とサッカークラブのスカウトが見込んだ選手だけが
プロにならないかと声がかかるのです。
更に言えば「試合で勝ち進めばおそらくテレビに
僕の試合が放送されるだろうし、点を決めればインタビュー
を受けるかもしれない」と選手本人が
予想、予測してしまう可能性があります。

僕は正式な診断を受けていませんが、ADHD的な要素を
持ちます。だから推測が可能なのですが
プロ予備軍のサッカー少年のうち一部は
「TVに写るのが苦手だ」という理由で
サッカー強豪校に進学するのを諦めたり
大学進学、高校入学といった人生の節目で
サッカーから遠ざかってしまうという現象が現れます。
僕はそんな知り合いを何人か知っています。

次回は「自己管理能力」という視点から
ADHDとプロサッカー選手の関係について考察していきます。

PageTop

ADHDとプロサッカー選手2

ADHDのプロサッカー選手は「いない」。それが
現実のようです。

詳しく解説しましょう。
ADHDと正式に診断されるには、医師の診察が不可欠です。
知能テストとか幼少時の様子の聞き取りとか、様々な
手続きが必要です。

また統計上ADHDの有病率は「人口の20人に1人から
25人に1人」とされています。
参考文献「マンガでわかる 大人のADHDコントロールガイド

Jリーグは1993年に開幕しました。
そして現在は2016年です。
何百人ものプロサッカー選手がいました。
下部カテゴリーを含めると数千人にのぼるでしょう。

それなのにこれまで一人も「ADHDを抱えるプロサッカー選手」
が出てきていません。これはおかしなことです。

知っていますか?ADHDは発達障害の一つで
「コンサータ」という有効な治療薬が存在します。
また「障害者手帳」を取得できる人もいます。

「ちょっと落ち着きのないプロ選手」
「片付けが苦手で、奥さんに頼り切りなJリーガー」
「会話中、ちょっと話題がそれがちな、なでしこジャパン
(女子サッカー日本代表)の女性」はいるかもしれませんが

「私はADHDです」とオープンにしているプロサッカー選手は
ゼロです。
理由については次回以降のブログ記事で
掘り下げていきたいと思います。

PageTop

ADHDとプロサッカー選手1

マラソン選手と比較すると、プロサッカー選手は
ADHD的な要素が強い職業です。

僕はフルマラソンを完走できるトップアスリートを見て
「どうしてあそこまで集中力を持続できるのだろう?」
といつも思っていました。ちなみに僕は
サッカー経験者です。サッカーは多彩な刺激が
あるから楽しい。僕は昔そのように考えていました。

ちなみにADHDとは「注意欠陥・多動性障害」のことで、
集中が長続きしなかったり、そわそわと落ち着かない
状態の強い人たちのことを指します。
僕にもその傾向は小さい頃ありました。
今でも多少そんな兆候は持っています。
(次回へ続く)

PageTop

明晰夢の個人差

明晰夢は個人差が大きいです。
例えば僕は「強姦」の夢は見ません。
明晰夢の体験談サイトを見ると、人によっては
強姦の夢を見て興奮した、喜んだという経験を書いています。

実際に現実世界で行動に移せば犯罪ですが、夢の中で
いくらそのような行為をしようと罪ではありません。
しかし僕は「趣味が違うな」と感じてしまいます。

また僕の場合「悩みを解決する画期的な答え」が
夢の登場人物によって語られたという経験もゼロです。
目覚めた直後に「これは素晴らしい!」と思って
メモに書き留めた哲学的な答えが
起床後5時間くらいたって読み返すとたいしたことがない。
そんな経験ばかりです。

あなたが自分の夢の世界で
自分の特性、タイプを見極めながら
明晰夢の世界を体験していってください。
24時間ある一日のうち人間は約8時間寝て過ごすのです
から、その時間を意識的に有意義に使いましょう。

このブログ記事に対する感想がありましたら
英雄体験 岩月男性論1」など、どこかの記事に
コメントを返してください。
「ブログ記事、明晰夢の個人差に対する感想です」
などと明記してくださると助かります。

PageTop

明晰夢のメリットとデメリット

明晰夢はストレス解消法になります。
あなたが何か満たされない願望や欲求を抱えているので
あれば、それを夢の中で実現することが可能です。

例えば僕はサッカーをプレイする夢をたまに見ます。
これを中学1年生の「試合に出れなくて退屈だった」
当時の自分が知っていたのならば、多少は気持ちを
和らげることが可能でした。

それから「マンガやアニメの登場人物と会話できる」
ということ。非現実的で冒険的な夢を見るのは
明晰夢を習得していない人間でもあることです。
しかし明晰夢の場合、そこに「自分のコントロール」
を入れることができます。あなたのレベルにも
よりますが、自分の意志でその世界を探検できます。

あと僕はあまり興味がないのですが芸能人と対等に
会話することが可能らしいです。僕は芸能界そのもの
に興味がないので報告は控えます。そのような夢は
見ません。

話を変えて、デメリットについても述べます。
僕の実体験からくるデメリットはほとんどないのですが
危険性はゼロではないのでそれについて言及しておきます。

まず「現実に興味がなくなる」。夢の世界に憧れてしまう
ために、平凡で退屈な現実世界を軽視してしまう人が
出てこないとも限りません。社会的地位やお金などを
求める気持ちが減ってしまう可能性はあるでしょう。

それから「超常現象に夢中になってしまう」。一部の
本には明晰夢を「対外離脱(いわゆる幽体離脱)」や
「超能力(テレパシーなど)」、予知夢(未来予測)
などと結びつけて主張する記述があります。
それに影響を受けてしまうかもしれません。
(次回へ続く)

PageTop

明晰夢を見る方法

普段の生活の中で「これは夢か?」と自分に問う癖を
つけましょう。そうすると明晰夢を見れます。

僕は様々な方法論を試しましたが、このシンプルな方法が
いちばん効果的みたいです。目安としては
「最低1日1回」
「問いかけを忘れてしまったとしても深く悩まない」
「多く行える日は1日5回くらい行う」
という感じでしょうか。

次回は「明晰夢のメリットとデメリット」です。

PageTop

明晰夢とは

明晰夢とは、夢の中で「自分は今、夢を見ているんだ」
という自覚を持った状態で見る夢のことです。

参考書籍はたくさんありますので、興味のある本を
手に取ってみてください。
みたい夢をみる方法―明晰夢の技術
「明晰夢―夢見の技法」
「夢の劇場―明晰夢の世界」

PageTop

高藤聡一郎トレーニングの体験談4

僕は統合失調症を発症しました。
その過程で高藤仙道が人生観に大きな歪みを与えたのは
明らかな事実です。

詳細を全て語ることはしません。
ただ一点だけ指摘しておきます。
不老不死は「仙道のトレーニング」では無理なようです。

バランスの取れた食事。
適度な運動。
そして、頭(頭脳)へのほどよい刺激。

これら「西洋医学」とか「現代社会」の推奨する方法で
「もしかしたら、将来実現するかもしれない」
という類のものです。

自分一人が「特殊な訓練を積む」ことでは何も手に入らない。
今の僕はそう思っています。

これにてひとまず「高藤聡一郎トレーニングの体験談」シリーズは
終わりにします。
次回からは明晰夢について紹介する予定です。

PageTop

高藤聡一郎トレーニングの体験談3

僕は仙道のトレーニングを実行し始めました。
「武息」という呼吸法では下腹部のあたりが気のせい
ではなく、本当に熱くなってきました。

「気を感じる」「体内に気をめぐらす」修行も
結構簡単にクリアしました。
「小周天」では少し悩みましたが、体に気を一周させる
ことができました。
「全身周天」もそこそこうまくいったと思います。
「採薬」も大まかなやり方は理解しました。

しかし「陽神」のトレーニングは、いくらやっても
目立った効果は現れません。
また「神通力」も僕の場合、まったく現れなかったです。

注 専門用語が分からないという人は
「秘法超能力仙道入門」を読んで下さい。

高藤聡一郎さんの他の著書を読んで勉強したり、
「現代仙道百科」「タオの気功」など別の人の理論を
参考にした時期もあります。
それでも目立った変化はありません。

PageTop

高藤聡一郎トレーニングの体験談2

僕は「秘法!超能力仙道入門」を入手しました。

少し話が飛びますが僕には「不老不死」への憧れがありました。
病気になることがない、体を衰えさせることもない。
そんな世界があればいいのになという気持ちが幼少時から
かすかにありました。

また僕はその頃「成功哲学」の思想に夢中になっていました。
「努力すれば夢は叶う」
「達成した瞬間を毎日イメージしなさい。そうすれば実現します」
そう書かれた本を信じてがんばっていた時期でした。

そんな「成功哲学の考え方でがんばる」僕に
上記の本はぴったりのタイミングでした。

「ああ。そういえば『仙人』っていう言葉を聞いたことが
あるな。あれは確か不老不死だったはずだ。この本にも
不老不死の仙人についてのエピソードが多数紹介されている。
これを実行すれば僕も不老不死になれるかもしれない」
その「仙道」のトレーニングを僕は本格的に開始することに
しました。

解説を加えます。
「医学的に見て、人はいつか必ず死ぬ。どれだけ長生きしても」
「個人差はあれ人は20歳をピークに能力を衰えさせていく」
このような一般常識の理論は僕は受け入れていました。
しかし自分の体を通して実証する
(その高藤聡一郎さんの本のトレーニングを実行して、
自分の体に何が起きるか確かめる)
ことをしたいと僕は願いました。
僕は絶望したくはありませんでした。
成功哲学の「イメージング」と
仙道(仙人を目指す修行の体系的なもの)を組み合わせて
何とかして不老不死を手に入れることはできないか。
当時の僕はそう考えたのです。

ちなみにマンガ「鋼の錬金術師」の「ホーエンハイム」とか。
マンガ「ナルト」の「大蛇丸」など。
不老不死を目指す、実現させようとする物語はいくつか
存在します。
僕だけが特別な思想を持ったという訳ではないでしょう。

そして僕の体に何が起こったかというと…
(次回へ続く)

PageTop

高藤聡一郎トレーニングの体験談1

僕がどのように高藤聡一郎さんの著書に出会い、そして
トレーニングに打ち込んでいったのかについて書いて
いきます。

スタートはサッカーでした。
僕は学生時代「自分のサッカーの実力を向上させる」ために
様々なことを試していました。
「サッカー」そのものについて書かれた本は読み飽きたので
ある日ふと「武術」についての本も読んでみようという
気持ちになりました。そこで近所の図書館で借りたのが
島田明徳さんの「脱力の極意はすべてに通ず」です。

その本はとても参考になりました。「(中国武術の)気の力」とか
「無駄な力を抜いてリラックスすること」についての知識を
手に入れることができました。
そしてもっとそのことについて学んでみたい、という気持ちに
なったのです。

インターネットの検索を使用しました。
キーワードであった呼吸法の一つである「武息」と入力しました。
すると別の方の書いた、その武息についての方法が出てきました。
ほかにも「小周天」とか、いろいろな気功法のようなものの
情報が載っていました。

さらにどうやらその修行体系が「高藤聡一郎さん」という人物が
作ったものらしいということも知りました。僕はAmazonという
ネット書店で彼の書いた入門書
「秘法!超能力仙道入門」を入手しました。
それが始まりです。
(次回へ続く)

PageTop

統合失調症の就職のコツ5

信頼のおける人に相談しましょう。統合失調症を罹患した(患った)
人というのは就職において悩むことが多いです。そんなときに
支援機関などの信用できるアドバイザーに助けを求めれば、
もしかしたら答えが見つかるかもしれません。

「信頼できる人がそばにいない」という人には
対人関係療法でなおす 社交不安障害」を読めと言っておきます。
この本は「人付き合いに苦手意識を持った」すべての人間に役に立つ
と個人的には考えています。

PageTop

統合失調症の就職のコツ4

自分以外の障害について理解しましょう。
統合失調症は精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)の対象
疾患です。
「発病(初診)から6か月経過する必要がある」
「主治医の診断書がいる」
など細かいルールはありますが、基本的にあなたは
「精神障害者」のカテゴリーに入りうる状態です。
(詳細は主治医の先生などに確認してください)

あなたが統合失調症であることを認めて、なおかつ職場に
自分の症状を理解してもらいながら(配慮してもらいながら)
働くには、障害者雇用という制度を活用できます。

そうすると「身体障害(聴覚、視覚、肢体不自由など)」や
「知的障害」
「発達障害(ADHDや自閉症スペクトラムなど)」
そして「精神障害(双極性障害や統合失調症など)」の人と
一緒に働くことも出てきます。

そういった方々に対して配慮したり、協力し合ったりするには
「障害」そのものに対する理解を深めておくとよいです。

PageTop

統合失調症の就職のコツ3

自分の特性を理解しましょう。個性や長所、短所を
適切に自覚しておくことができれば、就職活動は
よりスムーズになると思います。


PageTop

統合失調症の就職のコツ2

ビジネスマナーを身につけましょう。
ネクタイを締める。スーツを着る。
毎朝決まった時間に会社に出勤する。
これらは統合失調症で「普通の人生のルート」から外れてしまった
人間には難しいことです。

必要に応じて訓練学校のようなものに通うのもいいと思います。
あなたの主治医などに相談してください。

PageTop

統合失調症の就職のコツ1

僕がこれから書く文章は「就職に向けた準備ができた」人間に
対する文です。統合失調症の陽性症状が激しいとか、まだ消耗期
で体をまともに動かすことすらつらいという人に向けたメッセージ
ではありません。そんな人には以下の僕のブログ連載シリーズを
読んでください。

統合失調症の前兆期の対策
統合失調症の急性期の対策
統合失調症の消耗期の対策
統合失調症の回復期の対策
それぞれのテキストをクリックすると過去記事が開きます。
「対策1」から始まって「対策5」みたいな形で
連載記事が複数ありますので、ブログ内検索などで
探してみてください。
(次回へ続く)

PageTop

統合失調症の回復期の対策6

あなたが統合失調症から順調に回復し、急性期、消耗期、
回復期と進んでいったのであれば次のステップへ進む
時間です。

どこへ進むかは人それぞれです。人生観や発病前の経験などに
よって大きく左右されます。

これにて「統合失調症の回復期の対策」シリーズは終了です。
次回からは「統合失調症の就職のコツ」について書きます。

PageTop

統合失調症の回復期の対策5

汚い言葉を使わないようにしましょう。統合失調症では
対人関係が苦手というか、人から非難されたり
トラブルに巻き込まれることが苦手になることが多いです。
ですからそれを避けるために、きれいな言葉遣いを
心がけましょう。

これは「人格者になれ」という意味ではありません。
「孔子」「仏陀(お釈迦様)」みたいなイメージではなく
もっと普通の人になれ、という意味です。
また「ビジネスマン」「敬語の達人、サラリーマン」とも
違います。それらを否定しませんが僕が言いたいのは
人として真面目で誠実だという感覚です。

PageTop

統合失調症の回復期の対策4

穏やかな言葉で反論することを心がけてください。
あなたの家族は時に激しい論調であなたの言動を批判したり
するかもしれません。そんなときには
普通の言葉で相手と向き合うことを意識しましょう。

もちろん「穏やかすぎる言葉」、弱腰とか甘やかしという
意味ではありません。
相手の挑発に乗らず、冷静な言葉を使えという意味です。

PageTop

統合失調症の回復期の対策3

家族内の暴言や口論に気を付けましょう。統合失調症では
EE(Expressed Emotion)といって、家庭内の感情表出を
再発のしやすさの一つとして挙げています。

すなわち穏やかで喧嘩の少ない家の患者は順調に回復していって
暴言の多い、口論の絶えない家庭の患者は治るのが遅い。
または再発してしまう。そんな傾向があるとされます。

家族。兄弟。親戚でお金の事や将来の件で
大声を張り上げたり、相手を罵倒することはやめてください。

PageTop

統合失調症の回復期の対策2

落ちた体力を取り戻しましょう。最初は散歩程度から始めて
徐々にジョギングや筋トレ、そして遠出など。
個人差がありますので自分に合ったものを取り入れてください。

統合失調症というのは例外はありますが「消耗期」を通り抜ける
病です。そのため一日中家で横になっている日が何年か続くこと
もあるでしょう。

そのためリハビリとして、体を動かす必要が出てきます。

PageTop

統合失調症の回復期の対策1

統合失調症の回復期に入り、やる気が出てきたら
徐々に活動範囲を広げていきましょう。散歩をしたり、
趣味を広げてみるのもよいでしょう。

PageTop

統合失調症の消耗期の対策6

あなたが僕の書いた文章を不十分に感じ始めたらそれは
カテゴリーの移動のサインです。

統合失調症の消耗期の対策1」から
統合失調症の消耗期の対策5」までの文章を読んで
物足りなさを感じたとしたら。

僕の次回以降のブログ記事を読んで下さい。タイトルは
「統合失調症の回復期の対策」です。

PageTop

統合失調症の消耗期の対策5

楽しいと思えることをやりましょう。統合失調症の消耗期は
何もする気が起きない、何をしても楽しくないと感じることが
多いです。しかし徐々に
「これをやってみたいな」
「楽しいな」
という気持ちが芽生えてくるはずです。それを大事にして下さい。

PageTop