日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

付き合いたくない客

付き合いたくない客を明確にしましょう。
これも個人名を挙げて紙に書き出してください。

僕は複数いるのですが「Xさん」を挙げてみます。
言葉遣いが乱雑で、僕に暴言を吐く。
ちょっとしたことで根を上げ、すぐ不平不満を言う。
自分で努力しようとせず、僕に「これどうやるんですか」
と質問ばかりしてくる。

どこにいたのかは言いません。個人への攻撃になってしまう
恐れがあるので。

前回書き出した「付き合いたい客」と今回の
「付き合いたくない客」。
これを使っていきます。
システム上は「付き合いたい客」を顧客ターゲットとして
「付き合いたくない客」とは縁を切ることがポイントです。
神田昌典さんはそう言っています。

嫌な客のクレームはもっともなことが多い。
もちろん誠実に対応するし、自分の改める(訂正する)べき
ところは直す。

しかしシステム全体としてどうなのかと考えるときに
「苦手な客」に神経を使うよりは、自分の好きな人に
たくさんお客さんになってもらうよう意識しましょう。

次回、どうやって顧客対象を絞り込んでいくのかについて
解説します。

参考文献「60分間企業ダントツ化プロジェクト

スポンサーサイト

PageTop

付き合いたい客

あなたが「こんな人だったら商品を売り続けたい」
「常連の顧客になって欲しい」と思うような人を
明確にしておきましょう。

具体的な個人名を挙げてください。
過去のビジネスにおいて付き合いがあった人が理想ですが
仕事経験のない人は学生時代の友人や先生、親などを
モデルにしても構いません。

例えば僕ですと「Sさん」を挙げておきます。
サッカー質問・上達掲示板で生徒(質問者)であった
一人です。

そしてその人が「どんな特徴を持っていたか」を
箇条書きでもいいので言葉にして書き出して
みてください。

僕のSさんの印象は
礼儀正しく、理解力が高い。
「これってどうやるんですか?」と聞いてくる回数が
多すぎず、適度だ。
しかもその質問内容がよく練られていて、頭の良さを
感じられる。
頭の中で浮かんだ疑問をそのまま僕にぶつけてくるんじゃなくて
一度頭の中で考えてから、質問してきたような痕跡がある。

ここで考えた「付き合いたい客」はあとで使用します。
紙に書き出して、メモにして残しておいてください。
ノートでもOKです。

参考文献「60分間企業ダントツ化プロジェクト

PageTop

立地条件が悪かった

僕が昔住んでいたアパートは共用玄関がありました。
そこで多くの子供たちと母親が立ち止まって世間話などを
していました。

僕の部屋はそこからすぐ近くの、見えるところにありました。
そのため僕が散歩から帰ってくると僕が鍵を開けて
アパートの中へ入るのが周辺住民に気づかれました。
前回記事にあったような出来事は、僕の家族がその場所の
アパートを借りていなければ。
起きなかったことかもしれません。

長くなりましたが、体験談は終了します。

PageTop

人事の仕事じゃない

息抜きのため以前のパターンで無関係な文章を書きます。
ネガティブな体験談になりますがご容赦ください。

僕は2008年、一人暮らしを断念して親の住む社宅
(父親の所属する会社のアパート、集合住宅)に住み始めました。
そこで起きた出来事です。

週に一度の診察と、1日1回の散歩以外はほとんど出歩くことは
ありませんでした。実質引きこもりみたいな生活です。
診断名は統合失調症でしたが放置に近い扱いでした。

ある日。父と母が買い物から帰ってきました。
そして僕はこう言われました。
「このアパートの管理人さんから質問を受けた。
この205号室に最近住むようになった人は
何者なんですか?って。
私たちの息子ですって返事をしておいた。
精神科に通っていますって答えた」
(205号室というのは仮の番号です。実際は違います)

そして話は続けました。
「防犯パトロールから問い合わせを受けたんだって。
(町内会とか、PTAのような子供を守るための集まりのこと)
ひげもそらず、髪もボサボサで。
子供たち(同じ社宅に住む小学生や幼児と思われる)も
怖がってるってさ。
だから床屋に行ってくれないか?」

僕は「分かった」と答えました。
しかし非常に強い苦痛を感じていました。

子供をダシに使うなよ。
本当に怖がっているのはお前ら(子供を持つ親たち)
なんじゃないか?

そしてのちに父親は会社の人事の人
(人事部、会社の採用とか給料の支払いを行う部署の人)
からも同じ質問を受けたと明かしました。

お前ら人事はそれは仕事に入っていない。
何で会社が「社宅」の成人を越えた子供
(社員の子)の人生に介入してくるんだ?

僕はその後きちんと床屋に通うようになりました。

お前らは。
「無職の男性」を差別しすぎだ。
「23歳(当時)の男性」が働くのが普通か?
大学に通っていれば満足か?
身だしなみが整っていればこのような苦情(クレーム)
をつけなかったんじゃないか?

長くなったので次回へ続けます。
このブログに「現在引きこもっています」というコメントを
寄せてくれた方がいるので。
僕のひきこもり時代の体験談を共有させて頂きます。

なお一部文章が過激ですが攻撃しないでください。
当時のありのままの、僕の自問自答を記しています。

PageTop

リピート

お客さんが繰り返し購入してくれる商品が理想です。

僕のサイトは入口である「恐怖克服法」のほかに、
「会話の練習法」とか「体の緊張を取り除く」などの
補足的な内容を紹介していました。

しかしこれは難しい側面もありました。お金儲けのために
薄っぺらい文章を大量に書き続けるのは僕の
プライドが許しませんでした。お金をいただくのであれば
ある程度以上の質が最低限必要だと考えていました。

補足しておきますがこのブログは無料です。
最初から採算は度外視していますので毎日書いてられます。

話を戻します。
お客様があなたに興味を持ち、繰り返し商品を購入してくれる。
してみようと考えてくれるのであれば
その気持ちに応えてあげるような受け皿が必要です。
お客さんが買い物に来続けてくれるようなシステムを作りましょう。

参考文献「60分間企業ダントツ化プロジェクト

PageTop

口コミ

口コミ(くちこみ、お客様同士の噂や話によって商品の
認知度が上がること)が起きやすい商品を選びましょう。

僕の内気サイトでは「人とコミュニケーションを取れる
ようになる」ことを目的としています。そのため
本当に内気を克服できたのならば、親しい友人に
僕の紹介した本を配ってくれる可能性はあります。

ただ以前
口コミの成立しない世界」で述べたように、まだまだ
改良の余地があるのは事実です。

参考文献「60分間企業ダントツ化プロジェクト

PageTop

使いこなせるかどうか

新しい、未知な商品を紹介するのであれば
「それを使いこなせるかどうか」に言及し
読者を安心させるようにしましょう。

例えば僕の古い内気サイトでは
「特殊なイメージトレーニングを行うことで、恐怖を
減らしていきます」
「1日1回、5分の実践を2ヶ月繰り返すだけで
あなたは変われます」
「僕はその方法を使って自分を変えました。
それを学んだ多くの人が、過去の自分を変えることに
成功しました」
など「あなたでも行える」ということをアピールしました。

現在の僕のサイトは、多少弱いです。
「この本を読んで下さい」で終わっており
「文章が難しそう」
「最後まで読み終えることができるかなあ」
といった心配を与える部分があります。

ちなみに原著の神田さんの本では
「多角的に戦略を分析することにより、最終的に
そのビジネスへ参入するかどうかを決定する」
ことを目的としています。
しばらくお話が続きますが我慢してください。
あなたがどの業界に参入するかどうかは自由です。
「Aにしようか。いや、やっぱりやめよう。
Bにしよう」みたいな方針転換はあって当たり前です。
頭が混乱してきても逃げないでください。

参考文献「60分間企業ダントツ化プロジェクト

PageTop

分かりやすさ

あなたの商品が分かりにくいのであれば
分かりやすくなる文章を書いてください。

これは現在の僕の内気サイトの課題でもあります。
以前は「どうすれば恐怖を克服できるのか」
というページで、恐怖克服のメカニズムをある程度
解説することができていました。

しかし現在の僕は2004年に販売していた
「恐怖克服法」から離れています。
その克服法に対するストーリーを書きながら、最終的に
「対人関係療法」や「認知行動療法」を紹介して
具体的な克服方法への説明を終了させています。
(2017年1月現在)

ここを改良できればもっと売り上げが伸びるだろう。
そう薄々感じながら現状を維持している最中です。

話をマーケティングに戻します。
小学6年生でも分かるような言葉で、自分の商品を
説明できるようになりましょう。

参考文献「60分間企業ダントツ化プロジェクト

PageTop

ウォンツ

あなたのウェブサイトのウォンツを高めてください。

ウォンツ(wants)というのは「欲しい」という気持ち
のことです。ニーズが高くてウォンツの低い商品。
例えばイスとか日用品などの場合、
「ウォンツに働きかける」宣伝広告をつけるといいです。

参考 ニーズとウォンツ 神田理論2

僕の内気サイトではウォンツを高めるために
「輝く自分へと変わる」というページを開設しています。
内気を克服できたとすればこんな未来が待っていますよ。
そう紹介したつもりです。

サッカーサイトではウォンツを上げる工夫として
「判断能力を高める6つの方法」というページがあります。
そこでサッカー場面の具体的な描写をすることにより
「判断を高める」ことによる具体的なメリットを
提示しているつもりです。

とりあえずここまで神田理論の基礎である
「成長カーブ」「ニーズ」「ウォンツ」について
紹介してみました。次回は
「分かりやすさ」について書く予定です。

参考文献「60分間企業ダントツ化プロジェクト

PageTop

ニーズ

売ろうとしている商品のニーズを高めてください。

「無いと困る」部分の大きい商品を「ニーズの高い商品」
とここで呼ぶことにします。具体的には
お米とか、乾電池とか。消費者が放っておいても買いに来て
くれる商品のことです。

この世には「ニーズの低い商品」もあります。娯楽のための
道具などです。具体的にはサッカーボールとか、サーフボード
などでしょうか。「欲しいから買う」側面の強いものです。

あなたがニーズの低い商品を取り扱うのなら。
そのニーズが少しでも高くなるような宣伝文句、商品の紹介文
を記述しましょう。

サッカーボールのニーズを高めるには
「サッカーは貧しい国々でも行われています。子供に夢を与える
希望の道具がサッカーボールです。ボールがないと何も始まりません」
という感じでしょうか。

僕のウェブサイトではニーズを高めるために
「このままだとあなたの人生が暗いですよ」
「将来のことを考えると内気を治しなさい」
という趣旨の文章を書いています。

サッカーサイトでは
「プロになるためにはサッカーがうまくなる必要がある」
という内容が書かれています。内気克服サイトと比べると
ややニーズに訴える割合は低いので、今後の課題だと
思っています。

参考文献「60分間企業ダントツ化プロジェクト

PageTop

成長カーブ

今あなたが売ろうとしている商品が成長カーブの
どの位置にあるかを理解してください。

成長カーブには大きく分けて4つの段階があります。
商品が開発されたばかりで、まだ世間に認知されていない
時期を「導入期」。
その商品が知られて、売り上げが伸びてきた時期が
「成長期」。
売上が最も高く、安定した収益を上げられる時期を
「成熟期」。
商品の売り上げが減少し、あまり売れなくなる時期を
「衰退期」といいます。

参考 「成長カーブ 神田理論7

今からあなたが「衰退期」に入った商品を売ろうと
考え始めても無駄なことです。
「windows7のパソコン」とか。

あなたが新規に参入するのがベストな時期は
「成長期に入り始めた」業界です。
今なら「タブレット端末」でしょうか。
厳密にどの段階に属するかは読者の個人の判断に
任せます。どれかが絶対の正解という訳ではありません。

深くは考えないでください。神田さんの著書では
「様々な角度から分析を繰り返すことで、最終的に
最も適切な売り方を選べるようにする」ことが
目標となっています。

ちなみに僕は2004年当時
(成長カーブの)成長期に属していた
「内気克服」「人見知り」をテーマにしてヒットしました。
本屋にあがり症や内向的性格の本があふれていて、
十人十色の主張を繰り返している。
しかも安定した結論が出ていない。
まだ改良の余地が大きい。

サッカーサイトも成長期後半に近かったです。
Jリーグが開幕し、2002年W杯で盛り上がり、
まだまだサッカー界が発展していくだろう。
しかも「サッカー選手個人の上達」に関するサイトは
初心者向けの技術書ばかりで、上を目指すクオリティ
の高い読者には物足りない印象を受けていました。

このような勝算があったため、僕はこの2つをメインの
テーマにすることを決めました。
あなたが参入する、したいと考えている商品は、
成長カーブのどの辺に位置していますか?

参考文献「60分間企業ダントツ化プロジェクト

PageTop

神田昌典流 分析キット

「60分間企業ダントツ化プロジェクト」
という本があります。僕がホームページを立ち上げた
最初によく使用していました。

このブログでも過去に紹介したことがあります。
神田昌典さんの著作です。

商品「A」があるとしたら、それを売るために
どんな工夫をすればいいか?
どんな宣伝文句を書けば売れやすくなるか?
それについて解説してあります。

僕は
「内気克服法が2000円です」
「こんな過程で作り上げました」
しか書かれていなかったウェブサイトを
彼の教えに従い改良していきました。

勇気を出して話しかける必要なんてない」は
「自分のターゲットとなる読者は、どんなことに対して
不安や怒りを感じている?」という問いに答える
形で生まれました。

候補となるHP(ホームページ)の読者に対して。
様々な角度から分析を行うことで
より質の高い文章を書けるようになります。

もし希望があればここで紹介してもいいです。
今の僕の手元にはこの本を要約したメモが残っています。

PageTop

未来への恐怖 補足

僕は他人との会話を避けるために、出来るだけ
スーパーマーケットで買い物をする癖があります。
人間味あふれる小さなお店は
「この生姜(しょうが)が欲しいの?今お買い得だよ」
みたいに話しかけられる可能性が高くなるからです。

以前僕は「no.7 未来への恐怖」にてこのような文章が
書いてあった記憶があります。訂正、更新の過程で
消えた文章です。思い出したのでここで発表します。

この「人付き合いを避ける癖」を直したい。
もしかして僕はほかの人より何倍もつまらない
人生を送ってる?
何とかしないと。

そう思いながら作ったのが
「あなたも内気・人見知り・対人恐怖症を克服できる!」
であり、当時の「恐怖克服法」です。

今でもその癖は完全に消えてはいませんが
努力は続けています。

PageTop

テーマの選び方

またインターネットビジネスの話に戻ります。
「串を通す」ということについて話をします。

僕がHPで述べているように、こまごまとした
テクニックをただ並べ立てているだけのサイトを
「テクニック系」と僕は呼んでいます。
他の方法との違い 参照
これだと売り上げにあまりつながりません。

それに対してストーリー形式というか、書いた文章が
「たった一つの商品」に向かうようなサイト作りを
僕は推奨します。
昔の「恐怖克服法」を運営していた頃のような
一本の串で「ダンゴ」が3つ4つと貫かれている
ような感じの文章だと
パワーが伝わりやすいと思います。

「勇気を出して話しかける必要なんてない」
「僕はこうやって内気を治しました」
「その方法はこのメールマガジンに掲載されています」
「その料金は2000円です」
古いサイトを記憶してある方は、分かってもらえるはずです。

PageTop

統合失調症と北朝鮮2

妄想の一形態として北朝鮮が現れることがあります。

北朝鮮は「拉致問題」を抱えています。新聞やテレビ
などはそれを大きく取り上げます。その報道に
一部の日本人が反応してしまうのです。

統合失調症患者が急性期に
「私は北朝鮮に拉致されてしまうかもしれない」
という方向へ論理を展開するのはある程度仕方がないと
思います。

PageTop

統合失調症と北朝鮮1

北朝鮮にも統合失調症の人はいます。
情報がないため推測することしかできないですが。

統合失調症の発症率は1%です。
100人の北朝鮮国民がいれば、1人は
統合失調症であろうと推測できます。
医学の進歩具合は知りません。ゆえに
正確な治療がされているかはわかりませんが。

NHKなどの報道各社は北朝鮮を「悪玉」扱いし、
統合失調症などまるでないかのような伝え方をして
います。

しかし僕は違うと思います。北朝鮮に住む
統合失調症当事者にスポットライトを当てて
情報を伝えて欲しいです。

次回は北朝鮮と妄想について考察します。

PageTop

統合失調症とアフリカ2

発展途上国では統合失調症への差別が
「もっとひどい」というのが現状であると推測されます。

ネルソン・マンデラの追悼番組で、南アフリカ共和国の
統合失調症患者が手話通訳の真似をして新聞記事に
載りました。

「著しい無気力」
「幻聴、幻覚」
「妄想」
これらを多少なりとも抱えるのが統合失調症です。

アフリカで呪術的なものが文化として定着しているという
話も聞いたことがあります。
その一部に統合失調症患者が含まれているはずです。
昔の日本でも「加持祈祷(かじきとう)」「おはらい」
みたいなものが精神病患者に対して行われていました。

次回は「統合失調症と北朝鮮(朝鮮民主主義共和国)」を
テーマにしようと思います。

PageTop

統合失調症とアフリカ1

統合失調症はアフリカの国の人たちにも発病します。
これは事実です。

シエラレオネとか、南アフリカ共和国とか、コートジボワール
などの全ての国、民族において同じです。

「どんな国にも約1%の割合で統合失調症は存在する」
この原則はアフリカであっても例外ではありません。

ただし統合失調症はヨーロッパの学者によって発見、研究、
そして治療法の進歩が続けられた疾患です。
「統合失調症に対する諸外国の取り組み」みたいな
記事を読むと、どうしても先進国の現状が紹介される
回数が多くなります。

おすすめの本「マンガでわかる!統合失調症」

PageTop

とにかくやってみる

あなたのウェブサイトをスタートさせましょう。
僕は現在に至るまで何度も自分のHP(ホームページ)を
更新しました。
頭の中のみで考えるよりも、実践を通じて
読者の反応を見ながら訂正作業を重ねる方が近道です。

現在の僕はAmazonのアフィリエイトサイトのクリック数で
読者の大まかな動向をチェックしています。
メールアドレスを開示するのも選択肢の一つです。

次回は「統合失調症とアフリカ」にする予定です。
インターネットビジネス系の連載は一休みです。
ご感想などあればコメント欄にお願いします。

PageTop

自己満足に陥らない

赤の他人に向けた文章を書いてください。

解説します。「プロサッカーチーム応援サイト」のように
身内で盛り上がるサイトを作るのではなく
何の予備知識も持たない人が訪れて
「役に立った」「良かった」と感じてもらえる
ウェブサイトを作ってください。

「芸能人応援サイト」はバツで
「読者のためになるホームページ」がOKです。
違い、分かりますかね?

PageTop

常識で考える

自分の頭で「普通で当たり前」だと思っていることを
大切にしましょう。けっこう個人差が大きいです。

例えば僕の弟は小学5年生のとき「学級崩壊」を経験しました。
クラスの児童が暴走し、授業、学校の勉強がまともに機能しない
世界だったらしいです。

あなたが現在抱えている経験で、ヒントになるものが
ある可能性があります。

僕の現在のウェブサイトは「内気な性格」がテーマですが
2003年時点で父親に「インターネットビジネスで起業
したい」と申し出たときの案は「明晰夢」をテーマにした
文章サイトでした。

PageTop

億万長者を目指さない

普通の生活を送れる程度の収入を目指しましょう。

インターネットビジネスを指南する人の一部は
「何もしなくてもラクラクで月収50万円稼げる!」
みたいなことを主張します。
僕はそれに対して否定的な見解を持っています。

僕は月収10万円のサイトを1つ、一時期運営した
経験を持ちます。しかしそれですら「奇跡」に近い
バランスだったと思います。

「月収10万円のサイトを5つ、同時に運営すれば
あなたは月収50万円になれます」
「メンテナンス程度のホームページの更新は必要です。
しかし何もしなくてもお金が勝手に入ってきます」
石井貴士さんという、自己啓発系の著者の主張です。
僕は自らの体験から「あり得ない」と思います。

よろしければこちらもご覧ください。
経済的自由人 本田健理論2

PageTop

メールアドレスを用意する

フリーメールではない、有料のメールアドレスを
用意しましょう。

前述のようなホームページのレンタルサーバーを契約する
際、必須となるのがフリーメールではない普通の
メールアドレスです。僕が使用中の「FC2」でも、
回線業者から提供されたメールアドレスを登録しています。

僕は父親にお願いして、自分のメールアドレスを用意して
もらいました。

フリーメールだと身分証明としての効果が弱いみたいです。

次回は「億万長者を目指さない」です。

PageTop

2017年について

あけましておめでとうございます。

せっかくなので僕のこのブログの考え方を
紹介しておきます。

僕はニュース、政治、国際情勢などをこれまで
ほとんど取り上げてきませんでした。
東日本大震災の際もそれ関連の記事は書かなかったですね。

今後どうなるかは分かりませんが、今のところ
その姿勢は貫こうと思っています。

次回はメールアドレスについて書きます。そのつもりです。

PageTop

独立させたサーバーを持つ

あなたのインターネットプロバイダーではなく、
中立の、独立したレンタルサーバーを借りましょう。

おそらく皆さんはインターネットを自宅で使用していると
思います。そのときに「ネット回線」をどこかの業者と
契約して結んでいるはずです。
僕の父親は昔「nifty」でした。また一人暮らし時代の僕は
「KDDI」と契約していました。現在の僕の家は
某関西系の光回線会社です。

僕がお勧めするのはそこではなく、完全に独立した
ホームページスペースを用意することです。現在の
僕は「FC2ホームページ」を使用しています。
昔KDDIのスペースを一時的に借りていたことがありました。
しかし一人暮らしを止める際ホームページも解除せざるを
得ませんでした。

「引っ越し」「親の死」「自分の結婚」みたいなライフイベント
を考えると、僕はネット回線業者とウェブサイトの設置場所は
分けた方がいいと思っています。

PageTop

本だと思っている

僕はウェブサイトのことを本(書籍)だと思っています。

動画や画像、複雑なプログラム。
それらを搭載することはできますが
基本は「情報の提供」であるはずです。

どれだけ華やかなグラフィックで文章を修飾しようと
その媒体が何を伝えるかは不変なはずです。
「情報の羅列」という言い方を僕はしますが
文字で文章を作る。それを人に伝える。
それが中心になるはずです。

僕が自分のホームページにおいて画像や動画による
装飾をほとんどしないのは、このような価値観を
持っているからです。
youtubeやfacebook、twitterがどれだけ進化しようと
僕はそちらに重心の比重を移すことはないと思います。

次回はレンタルサーバーについて書くつもりです。

PageTop

WordとExcelは外す

Wordは文書作成ソフトです。
Excelは表計算ソフトです。

どちらも会社内で書類を作ったり、
データを集計したり、表を作ったりするのを
前提として作られたソフトです。

僕はこの2つのソフトについて「あまり必要ない」
と考える人間です。
自己責任で勉強することを止めはしません。
しかし「直接お金につながるかどうか」は疑問を
感じざるを得ません。

僕は2004年、Word、Excelがほとんど使えない状態で
インターネットビジネスを年収100万円クラスまで
進みました。参考になれば嬉しいです。

PageTop

FFFTPについて

僕も以前はFFFTPを使用していました。
サッカー上達のための「頭のテクニック」の
古いページでは、これを使用してファイルをアップして
いました。

現在使用中の「FC2ホームページ」では
ファイルマネージャーという機能があり、
FFFTPを用いずに直接ブラウザから
ファイルをアップロードできます。
よって現在の僕はインストールしていません。

ということで質問への答えは以上です。

PageTop

インターネットエクスプローラーについて

このまま使用し続けてください。
windows10標準搭載のブラウザ「Microsoft Edge」では
「開く」のコマンドがありません。コントロール+オー
でも反応しません。

僕はGoogle Chromeを使用していますが、これは
「開く」コマンドがなくてショートカットキーのみ
使えます。隠しコマンドみたいなものです。

ウイルス対策ソフトが搭載されているのであれば、僕は
IE(インターネットエクスプローラー)でも問題ないと
考えます。

PageTop

HTMLの基礎3

読者からの質問があったのでそれに対する答えを
書きます。予定していたWord、Excelについては
また改めて紹介します。

過去記事でタグについての考え方を紹介しましたが、
タグはbタグ以外にも種類があります。
リンクを張る<a>タグ。
タイトルを表示する<title>タグなどです。

その中で特に重要なものが
<html>タグと<body>タグです。
htmlタグは「ここで囲われた範囲はHTMLですよ」という
意味で、
bodyタグは「この範囲はホームページ本文ですよ」という
属性を意味します。

以前紹介した強調表示のbタグは上記の2つの間でないと
機能しません。

これは僕のHPからの抜粋なのですが
<html>
<body>
<b>テスト</b>
</body>
</html>
例えばこんな風にHTMLで文章を記述して初めてやっと
文字が強調表示されます。

あと拡張子って知ってますか?
メモ帳で作ったファイルは通常「index.txt」みたいな
形なのですがこれを手作業で
「index.html」と打ち込む、修正する作業が
必要です。厳密なHTMLを作成する上では必須な作業です。


PageTop