日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

精神障害14

「のまない。」
のび太はそう言いました。

マンガ「ドラえもん」の第29巻に登場するシーンの
一つです。僕はこれを精神科医療に携わる全ての人に
一度は読んで欲しいと思っています。

あらすじを紹介します。

「学校をいやがってばかりいちゃ
しようがないからね。
クスリの力なんかかりないで
チャレンジしてみる。」

学校へ行きたくなくなったのび太は
ある朝退学届を書こうとしました。
それを止めようと思ったドラえもんは
のび太に「ハジメテン」という薬を
飲ませます。

すると変化が起きます。
これまでの友達や、遊び飽きたオセロなどを
生き生きと楽しむことができたのです。

「あすの朝もこのクスリをのむんだぞ。
学校へいく気になれるから。」
ドラえもんはそうのび太に言い残して
就寝します。

「初めは新鮮な感動があったんだな、何事も……。」
「ぼくが初めて学校へいったときはどんなふう
だったんだろ。」

タイムマシンで過去の自分を見たあと、のび太は
こう漏らします。
「そうだ、あのころは学校へいくのが
楽しくてしようがなかったっけ。」
「いつからどうして………。
こうなっちゃったんだろ。」

そう思い悩んだ末の翌日ののび太の言葉が冒頭の
一言です。

参考文献「ドラえもん 第29巻
第12話 思いだせ!あの日の感動 から

解説文は次回にします。

スポンサーサイト

PageTop

精神障害13

ドラえもん 第25巻」に登場するヘソリンスタンド
という道具(第5話、紙の単行本で55ページ目)のお話は
あり得ません。

あらすじを紹介します。
どれだけ身体的な痛みを感じても、または
親に、先生に叱られても
「幸せな気持ちでいられる」
というガスを、未来のロボットドラえもんが
主人公のび太に注入してくれます。

僕がここまで「精神障害」というタイトルで
マンガに対する描写を紹介してきたのは、僕自身が
これらのマンガの影響を受けて、かつて精神科に
偏見を持っていたからです。

先生に叱られる。
母親から成績のことで罵声を、お説教を受ける。
好きな女の子が別の男子と仲良くしている。
スポーツで良い成績を残せず、友人から馬鹿にされる。

これらの出来事が続いたのび太へドラえもんが
「何をされても幸せな気分でいられるガス」
を出してくれます。
お話の結末は単行本をご覧ください。

精神面の苦しみは認知行動療法および対人関係療法が
効果的です。
体の痛みは外科の麻酔が一部効きます。
こちらは僕の専門外なので詳しくは知りません。

次回はドラえもんの「ハジメテン」というお薬について
書く予定です。

PageTop

精神障害12

覚醒剤(かくせいざい)はこの世に存在します。
暴力団などにより、悪質な条件反射をつけられた女性は
とある単語(キーワード)を聞いた瞬間、男に
抱きつきたくなる。

NHKのEテレで放送された「ハートネットTV」という番組で
とある医師がそう証言していました。

次回はドラえもんについてのお話です。

PageTop

精神障害11

「探偵学園Q」の天草流の父親の話も現実には不可能です。
催眠暗示によって人を活動停止にするのは
個人差もありますが、無理です。

僕は自己催眠の知識を有しています。
よかったら過去記事もご覧ください。
自己催眠について1

PageTop

精神障害10

遊戯王の海馬瀬人エピソードはあり得ません。

マンガ「遊戯王」の登場人物海馬瀬人は
物語途中で廃人状態になります。ちなみに
僕の記憶が不鮮明なのと、遊戯王はアニメ版、再アニメ版、
そしてマンガ原作と複数のストーリーが存在するため
これがそうだと特定することはできません。
ご了承ください。

仮に海馬瀬人が精神的に大きなショックを受けて
「日常会話の意思疎通ができない」状態に陥った
としても。
「食事をして、栄養補給する」
「トイレに行く。排泄する」
「呼吸する。息を吸い込む」
などの行為は絶対に行っています。

年齢が若ければ「統合失調症」の診断名がつきます。
強いショックを受けた直後の発症なら「PTSD」です。
医師による集中治療というか観察下におかれていて、
看護師によっても見守られていることでしょう。
精神科の点滴や、注射を検討されているかもしれません。

次回は「探偵学園Q」の天草流の父親について書くつもりです。

PageTop

精神障害9

精神科には注射が存在します。
薬を飲み忘れやすい患者さんや、症状がひどくなった
人を落ち着かせるために体内に薬物を注入する。
選択肢の一つとしてそのようなものがあります。

ただし統合失調症の治療は飲み薬が中心です。
ほかの疾患でも似たようなものです。

PageTop

精神障害8

麻酔ガス、催眠ガスは存在しません。
「ルパン三世」や「怪盗キッド(名探偵コナンに登場する
泥棒)」のアニメに出てくるような

「ガスを吸うと相手が眠ってしまう。2時間後に起き上がり、
何の後遺症も残さず起き上がる」

という、作者にとって都合のいい兵器は存在しません。
仮にあるとすれば軍事的に実用化されているでしょう。
僕は軍の専門家ではないので詳しいことは知りません。
少なくとも「精神科」にそのような薬物はないです。

次回は精神科の注射について書く予定です。

まじっく怪斗 1
怪盗キッドが主人公のマンガ(原作)です。

PageTop

精神障害7

睡眠薬に依存性はほとんどありません。
また、耐性がつくことも稀です。

副作用については「個々の薬によって違う」
と言っておきます。

次回は麻酔ガス(睡眠ガス)について書きます。

PageTop

精神障害6

名探偵コナンの「麻酔銃」は嘘だと思ってください。

マンガ「名探偵コナン」では主人公「江戸川コナン」が
毛利小五郎を始めとする周囲の人間へ「腕時計から
針が発射される武器」を使用します。その先端に
塗ってある薬物成分によって、相手は
眠ってしまうという設定です。

僕は精神医学を少しかじりましたが、そんな都合のいい
薬物成分はありません。強いて言うならば
医師が、腕などに集中して注射針を差し込む。
現在リアル(現実世界)でこのマンガに近い行為
とすれば、そのくらいです。

僕がこの解説を書いた理由は、昔の僕にあります。
マンガの影響を受けていた僕は、2009年頃
睡眠薬の服用を拒否しました。
依存とか耐性とか、様々なことを考えていました。

仮にマンガ上に「麻酔銃(麻酔針)」が実在するという
設定だとすると。それは補充が必要です。
1回使用すると、コナンは帰宅後阿笠博士の自宅へ行き
針を時計に再び装着しているはずです。

また成分についても疑問が残ります。それだけの著しい
強い効果を持った麻酔の場合。病院で鍵のかかった
ケースに入れられて、厳重に保管されているはずです。
民間の研究者が私費で購入できないようになっていると
推測できます。
阿笠博士が精神科、あるいは麻酔が置いてある大病院へ
定期的に通って、譲り受けている(コナンの護身用の
ために)という設定を考えると、どう考えても
不自然です。

PageTop

睡眠について2

入院中は強制的に朝型の生活リズムにさせられました。

朝6時になると看護師さんが電気をつけてくれます。
7時半に朝ごはんです。
そして就寝は21時30分です。
電気を消しに来ます。

睡眠薬も処方されていたので、僕はその生活に従うこと
しかできませんでした。

退院後も「寝過ぎ」の生活が一時続きました。
10時開所のデイケアに通うのに9時に起きて
朝食を食べ、出発し、ギリギリに着く。
そんな生活を続けました。
(次回へ続く)

「あなたの人生を変える睡眠の法則」
統合失調症やうつ病、躁うつ病などで
「慢性的かつ深刻な不眠、睡眠リズムの狂い」
を経験している人には不向きな内容と思われます。

PageTop

睡眠について1

非公開コメントがあったので、僕の体験談を
書こうと思います。

結論から言うと僕は解決策は知りません。
「軽い体操や運動のようなものをして、体をほぐそう」
「コーヒーやアルコールのような刺激薬物は取らない」
「興奮をあおる激しいアクションゲームや、インターネット
の長時間の閲覧を控えましょう」
程度のアドバイスしか、できません。

ただ僕の昔の経験でしたら語ることが可能です。
僕が一人暮らしを始めた2004年。
「学校から解放された」嬉しさでいっぱいでした。
サッカーの現役生活からも離れて
厳しく汚い言葉でののしる母親からも離れることができて

さあ、これで好き放題自由にできるぞ。
そう思いました。

「風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参」という
パソコンソフトを、深夜0時から午前5時までやり続けた
時期もあります。
ブリガンダイン 幻想大陸戦記
To Heart
などなど、時期によってソフトはかなり変わりました。

ということで僕は「ゲーム依存」の危険因子(過去に
そんな時期を過ごした)という過去があります。

当然日中は寝不足でフラフラでした。
次回へ続きます。

PageTop

精神障害5

薬は一生飲み続けなくてはいけません。

もちろんうつ病の場合は「治療終了」、すなわち
薬を必要としなくなるケースも多いです。
しかし統合失調症や双極性障害、そしてうつ病の一部
ではお薬をずっと服用するケースがあります。

現在「精神障害者」としてカウントされている人
(精神の病気がずっと慢性的に続き、医師の長期的
診察が必要な人間)は
現時点では薬を飲み続けている。
そう覚えておいてください。

PageTop

精神障害4

睡眠医学はとても進歩しています。
統合失調症などで不眠を訴える患者さんへ
医師は安全性の高い睡眠薬を処方してくれます。

睡眠薬が嫌だ、怖いという人がいるかもしれません。
昔の睡眠薬と今とでは
副作用や効果の現れ方に大きな違いがあります。
正しい知識を得ていない人間が
「睡眠薬は怖い。だから飲まない」
と医師の治療すら拒否してしまうことは稀にあります。

PageTop

精神障害3

睡眠に関する科学はまだ未発達です。

「人はなぜ眠るのか」
「眠るときどのようなメカニズムが働いているのか」
みたいな説明は
「体を体操でほぐしましょう」とか
「お風呂に入ってリラックス」みたいな文章で
終わることがほどんどです。僕は不眠、昼夜逆転で
悩んでいた頃睡眠に関する本を何冊が読んで
失望した経験があります。

「この程度の当たり前のアドバイスしか書かれていないのか」
と。

そしてそれとは逆に、睡眠医学はとても進歩しています。
(次回へ続く)

PageTop

精神障害2

統合失調症の治療は飲み薬が中心です。

「なぜ薬が人の精神に効くの?」という疑問を感じている
人がいると思うので解説を加えます。精神科のお薬は
「食品と麻薬の中間」に位置すると考えると少しは
イメージしやすくなるでしょう。

食品、つまり食べ物は口から入って
胃、小腸、大腸などで消化され、分解されて
自分の体のエネルギー源になります。

麻薬、違法薬物は「口から摂取した後、吸収されて」
血液に乗って脳を始めとする全身に回り
様々な精神症状を引き起こす。
そんな感じでしょう。
(僕は薬物乱用の専門家ではないので、内科的メカニズムは
詳しく言えません)

精神科のお薬(特に統合失調症に用いられる薬は
抗精神病薬と呼ばれます)は
麻薬ほど人体に害を及ぼすわけではないですが
体に吸収された後、気分を落ち着かせるとか
その薬に応じた作用を一定期間続けます。

なぜ僕がこのような文章を書いたかというと、以前の
僕が以下のように考えていたからです。
「食べ物は胃や小腸、大腸などで吸収される。
仮に何らかの特殊な物質、成分が体に入ってきたとしても
消化酵素で分解されて、無害なものに変えられてしまう
のではないか。」

しかし前述したように、抗精神病薬はアルコールみたい
なものです。食物とは違う、体内での吸収、排出の
メカニズムがあります。何か「別のルート」が存在する
と解釈した方がよさそうです。

初心者向けの本
マンガでわかる!統合失調症

PageTop

精神障害1

統合失調症について解説します。
過去記事「統合失調症とは」も参照ください。

統合失調症は精神障害に含まれる病気の一つです。
統合失調症を発症して、正式に医師に認定されて
半年間が経過したのならば、精神障害者保健福祉手帳
(障害者手帳)を取得できる状態になります。

この手続きが完了したならば統計上の「精神障害者」になります。
(次回へ続く)

PageTop

心の病気11

医学を深く学びましょう。
その中でも精神医学を勉強してください。

次回以降、新しいシリーズで「精神疾患、精神障害」について
紹介していきます。

最も典型的な病気である「統合失調症」についてから
話を始めていきます。

PageTop

心の病気10

精神疾患とは「思考の暴発」です。
初心者はそう解釈すると最初は分かりやすいです。

たとえば統合失調症の「幻聴」は
「頭の中で、自問自答を言葉(日本語)で行う」という行為が
過剰に回転しすぎてしまった状態、と解釈することもできます。
個人差がありますので、この仮説が万人に当てはまると
いう訳ではありません。

またうつ病は
「ネガティブな、気持ちが落ち込む」という状態が
長く続く疾患です。これも
「私は○○がダメかもしれない」
「私はダメな(人として無能な)人間だ」という方向へ、
脳の思考回路が行き過ぎてしまった状態だ、と言えそうです。

あさ おきられないニワトリ
うつ病を紹介する絵本です。

PageTop

心の病気9

精神障害は障害の中の一つです。

障害というのは「身体障害」「知的障害」「精神障害」
の3つに分かれます。

そして精神障害の中には更に細かい区分けがあります。
その中に「統合失調症」という病気もあります。

ほかの疾病については徐々にこのブログで紹介していきます。

オススメの本「知っていますか?精神障害者問題一問一答

PageTop

心の病気8

精神の医学を学べば、人助けをすることの
本当の喜びが分かります。
真の嬉しさが分かってきます。

例えば「寄付」ってあなたはどう考えていますか?
相手の感情を逆撫でしたり、逆に傷つけたりしたり
しないかと、行っていない場合があります。

精神医学を学べば人の精神の成り立ちが(不完全にせよ)
分かります。
「この人にこのタイミングでお金を渡しても大丈夫だ」
というのが、経験で分かります。

ちなみに精神障害者の平均収入は月収だとすごく低いです。
(2017年時点)
「精神障害者 収入 平均」と検索すると
平均約12.9万円だという数値が出ます。

PageTop

心の病気7

精神医学を学べば、偏見と差別の実態が分かります。

あなたはおそらく学校で「男女差別」「身分差別」などに
ついて知っていると思います。しかしこの世の差別には
「障害者差別」というものが存在します。

例えば「社会的入院」って知っていますか?
もう精神障害が十分に回復しているのに、地域の人の
受け入れ体制、サポートが不十分なために
退院できずに入院を続けている状態のことです。

このような障害を持つ人間への、弱者への更なる偏見が
この今の世の中には蔓延しています。
そのような差別が「ある」と知るだけでも解決への
スタートの一歩になります。

次のテーマは「真の喜びを知る」です。

PageTop

心の病気6

徐々に「今」勉強を始めましょう。
怖いものを放置しておけば怖いままです。

14歳からの精神医学
中学生年代にも読める、精神疾患の解説書です。

PageTop

心の病気5

普通の人を見抜けるようになります。
精神医学の知識があれば。

解説しましょう。
精神科病院に入院していた頃の僕は、他の入院患者を
強く恐れました。なぜなら「この人はこんな病気で、
だから病院にいるんだ」という理屈が全く分からなかった
からです。

しかし現在の僕があの世界へ戻っても、以前ほど
恐れることはないでしょう。
知識と経験、そして精神医学の全体像を知っているから
です。

同じ理屈が「普通に道を歩いている、通行人」クラスの
他者にも当てはまります。
怒りっぽい人、ストレスを抱えてイライラしている人は
いようと
「おそらくこの人は大丈夫だ」ということが
体で分かっているため、以前ほど心配しなくなりました。

同じことがあなたにも可能です。
少し先の未来かもしれませんが。

PageTop

心の病気4

少しずつ学んでいけば簡単です。

病気の名前や特徴、治療法に対しての知識は
覚えていけば徐々に身についていきます。

PageTop

サイコパスについて

(前回記事のコメントに対する返信です)
「サイコパス」という単語は初めて聞きました。
「パーソナリティ障害(人格障害)」については
少し知っていましたが。

おそらくそのような人たちは「病気(精神疾患)」と
解釈した方がいいと思います。
反社会性人格障害(いわゆるサイコパス)というのは
「常識で考えて、普通の人よりも性格面が著しく偏って
いる状態」と定義されます。

うつ病を併発すれば抗うつ薬を処方されます。
犯罪を犯せば刑務所など、司法の介入を受けます。

PageTop

心の病気3

おそらく親や友達、学校の教師は頼れません。
自分で学ぶしかありません。
必要であれば僕がサポートします。

学校の教師というのは教育の専門家です。
学校の勉強に過剰についていけない、知的障害および
特別支援学校へ生徒を送り込むことに対する最小限の
知識はあるでしょう。しかし「精神障害」、中学生以降の
大人になりかけの時期に発病する統合失調症を中心とした
疾患には恐ろしいほど無知です。これは当時の僕の経験から
言っていることです。

もちろん最近は変わっているかもしれません。
例外の教師がいてもおかしくありませんが。

ご希望があればコメント欄に残してください。
僕が精神障害についてこのブログで紹介します。

今は書きたいことがあるので紹介は少し先になるでしょうが。

次回は「少しずつ学ぼう」というテーマで書くつもりです。

PageTop

心の病気2

対人トラブル、嫌じゃないですか?
乱暴で汚い言葉を使う同級生。
いじわるなクラスメイト。
いじめをする生徒。

僕は被害者でもありましたし、加害者の側にいた時期も
あったので双方の気持ちが分かります。

精神医学を知ると少し安心できます。
ADHDや自閉症スペクトラムなど、暴言と親和性のある
疾患もあるといえばあります。
偏見ではなく正しい知識を学ぶことで
「ここまでは本人の性格で、ここからは病気。障害、疾患に
由来するんだ」
という区分けができます。

なお犯罪者に対しても同様です。
重大犯罪を起こした犯人に対して
精神鑑定だとか、責任能力の有無などが報道で
大きく取り上げられることが多いです。
それに対しても精神の医学の知識さえあれば
過剰に恐れず、真理を見抜くことができます。

次回は「親や友達は頼れない」ことについて
話します。

オススメの本2
「生存者」と呼ばれる子どもたち
児童虐待について書かれた本です。

PageTop

心の病気1

「頭がおかしい」
「気が狂う」
「気違い(きちがい)」
あなたはこんな言葉を聞いてどう思いますか?

また家の中で
「鬼のように怒り出す親」
学校で
「厳しい言葉で乱暴に叱る教師」などと接して
どう感じますか?

僕は昔は怖かったです。
「アルコール依存症」
「うつ病」
「薬物依存症」
などと同じで、精神(気持ち)に変調をきたす人に
恐怖感を抱いていました。

これから精神科疾患についての連載をします。
僕の最初のアドバイスは「学びなさい」ということ。
人が壊れていく様子にはパターンがあります。
マンガや映画、小説やドラマで描かれるのではない
現実世界の「精神に不調をきたした人」というのは
症状の現れ方、そして対処法、治し方に
一定のパターンがあります。
それを学ぶと恐怖がとても和らぐはずです。

オススメの本1
14歳からの精神医学
一般的な治療法と、友達が精神疾患を発病したときに
どう接すればいいかが書かれています。

PageTop

統合失調症と学歴4

統合失調症を診察する医師は100%の確率で大卒です。
正確に言えば「医学部卒業、大学院、博士課程卒」
でしょうか。

日本のシステムがそうなっているのだと思います。

PageTop

統合失調症と学歴3

最近になって現れた新しい課題です。

統合失調症というのは
「若年期に発病して、その後は精神科病院で一生を過ごす」
というのが昔の常識でした。

しかし徐々に「治るようになった」「働ける人も出てきた」
というのが医学の真実です。

ですから僕がここで論じている「統合失調症と学歴」の相関関係
については比較的新たな問題です。

PageTop