日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合失調症の発病のきっかけ1

僕はある日、自分以外の外部から正体不明の
声が聞こえてきました。
医学的には統合失調症の「幻聴」といいます。

そのエピソードにはマンガ「ヒカルの碁」の
影響が強いです。

これからこのブログで、その前後に起きた僕の
出来事について書いてみようと思います。

感想お待ちしています。コメント欄にあなたの言葉を
残して欲しいです。

スポンサーサイト

PageTop

方針の転換

サッカー界では小学生時代と中学生以降では
教育(指導)の方針が大きく変化します。
サッカー界をよく知る人にとっては当たり前なこと
ですが、無関心な人には新鮮な情報だと思うので
ここで書いてみます。

小学生、幼稚園では
「みんなで一緒に、楽しくサッカーをしましょう」
というのが全体としての文化でした。
しかし中学校では真剣に、本気でサッカーに
取り組むことが要求されます。
「勝つためのサッカーなんだぞ!もっと本気で
サッカーをやれ!」
という感じです。

少なくとも僕の入部したサッカークラブでは
こんな感じでした。

PageTop

生存の優先

統合失調症のプロサッカー選手がいない理由の
一つの解釈として「人間の生存(生きていくこと)を
優先する」という考えがあります。

自傷他害の可能性が強い統合失調症患者は精神科の病院へ
入院治療が行われます。

また、人間の立つ、歩く、走るなどは後天的な学習に
よって身についたものです。ボールを蹴る、速く走る、
長距離を走り続けることも同じです。

統合失調症の人がプロサッカー選手を目指す場合。
「今は運動能力を発達させている場合じゃない」
「あなたの命の方が大事だ。だからベッドの上で
安静にしていなさい」
などの判断が医師から下されます。

満足に運動が行えないような状況に置かれるのです。

関連記事 統合失調症とプロサッカー選手1

PageTop

俺じゃないの?

高校1年生のときの体験談を話します。
「好き」というほどではないにしろ「いいな」と
少し思えるような女子が2人いました。
明るくて、楽しくて、元気が良い普通の同級生の
女の子とは違う。
落ち着いていて、優しくて、それ相応に明るくて
笑顔がキレイだ。
そんな人がいました。

しかし彼女たちは僕ではない別の男子に
積極的に声をかけていたのです。
「どうして俺じゃないの?」という疑問を
いつも感じていました。
一人は「背が高くて、成績優秀で、友達の多い」
男子と友達関係を築いていました。
もう一人の女の子は「面白くて、他人を笑わせるの
が得意」な男子と楽しく会話していました。

もちろん僕に話しかけてくる回数はゼロではなかったです。
でも会話の回数が僕よりも(その男子たちの方が)多かったです。

ここに「会話の中で面白いことを言って笑わせる」ことが
良い男子の条件である、というあの学校での文化が
あったことを指摘しておきます。
僕はそれが苦手でした。

会話が苦手で、閉じこもり気味な僕に対して
穏やかに、かつ継続的に話しかけてくれる。
そんな女子は皆無でした。
いるにはいたのですが、彼氏(恋人)がいたり、
性格面で「何か違うな」と感じる。
そして回数がとても少ない。

あの時期に「対人関係療法」が僕にあれば
少しは積極的になれたかもしれない。
あの本に10年早く出会いたかった。
そんな思いはあります。

PageTop

恋愛対象外

「あなたは恋愛対象外だよ」
そう裏で言われた気分でした。

僕はいじめを受けていました。
その加害者は女子たちでした。

表向きでは
「あなたはAという行為をやっているね」
「そういうことをするの、やめてくれる?」
ということを言っていました。

しかしそれを言葉にして言う、というのは
「あなたは恋愛対象外で、少なくとも
この学校で誰かと恋愛することは絶対にできない」
「なぜなら、気持ち悪いから」
という裏のメッセージを僕にとって意味していました。

話は飛びますが僕は中学校、高校で保健体育の授業を
受けました。そこでは男女別で授業が行われていました。
僕はこの教育方針に疑問を感じます。
「サッカー」や「柔道」など身体接触が伴う競技だけ
男女を分ければいいだけであって、最初から
男女で別々のことを教える、というのは変だと思います。

なぜ僕がこれを指摘するかというと「保健」の授業の
性教育、月経、射精などの分野で
異性の精神の(気持ちの)メカニズムを教えない。
それが過去の僕のいじめ被害を拡大させた側面が
あったからです。

参考 統合失調症 性被害 体験談シリーズ

PageTop

仙道9

自分を守るために仙道を学んでください。
他人に知識を披露して自慢するためではなく。

一般的な宗教から身を守るための知識です。
あなたが自分の軸をしっかり保って人生を
生きていけば、自然な範囲で他人を救えます。
仙道にはそんな力があります。
(過去記事参照)

これで仙道の連載シリーズを終えたいと思います。

PageTop

仙道8

お金は少しで済みます。
一番の入門書である「秘法超能力仙道入門」は
756円で入手できます。(8月26日現在)

もちろんプレミアの付いた、希少価値のある本は
高いです。4万円とか、5千円の場合もあります。

しかし安い本は安く済むということだけは
覚えておいてください。

PageTop

仙道7

今行動を起こしましょう。
古い本なので図書館を利用するのも手の一つです。
時間をかけていたら、忘れてしまうだけです。

もう一つ指摘しておくことがあります。
何もしないでいるならば、日本人の
「仏教、キリスト教等をミックスさせた」
宗教観を持ち続けることを意味します。
「あなただけは」違う宗教観を持ってほしいと
僕は思います。

そのために仙道の著作は役に立つはずです。
高藤さんの本「驚異の超人気功法

PageTop

仙道6

仙人という単語に強くなれます。
仙道を学べば。

ある日のNHKニュースで以下のようなことを
アナウンサーが言っていました。

「○○荘というのは仙人の住むほこらのことで、
退位される予定の天皇陛下が新たに住む予定の候補
のお住まいの名前です」

僕の脚色が混ざっているので、完全な再現ではありません。
しかし「第一線を退いた人間が仙人のように隠居する場」
という意味で名付けたのかもしれないですね。

仙道の有識者ならば、ここで驚くべき洞察力を発揮できます。
「仙人」という単語が登場した瞬間、自分の知識で
「これは、こういう意味なんだな」ということを
推測できるようになるのです。

あなたは騙されなくなります。
「これは『死』を暗示した意味だな」
「これは『老人』の意味で仙人を描写しているな」
そう自らの知識で分析できるようになります。

秘術!超能力気功法奥義
仙道を教える高藤聡一郎さんの書いた本です。

PageTop

仙道5

高藤聡一郎さんの書いた仙道の本は分かりやすいです。
学術的に難解な「堅い本」というわけではなく
文章自体は平易です。

ですから心配いりません。
「もしも難しい単語がたくさん出てきて、途中で
読むのを挫折してしまったらどうしよう?」
という心配だけは無用です。

また「具体的なトレーニング」の記載もあります。
「仙人についての中国の古書に書かれたエピソード」
「実行前の注意」
「文化的な背景」
などにも言及されています。
理論も実践も両方ページが割かれているので
「この本を読むのが完全に無駄」になることも
ないと思います。

秘法超能力仙道入門

PageTop

仙道4

トレーニングは「外れ」です。
ほとんど表立った効果は現れませんでした。

何もせず普通に人生を送るよりは、
呼吸法の鍛錬や体の動かし方などで
「運動不足解消」「健康維持」になるのは
僕も認めます。

しかし昔の僕が望んでいたようなこと。すなわち
「不老不死になる」
「超能力を身につける」
「陽神(自分の分身体)を作る」
といった成果は現れなかったのが僕の経験です。

参照 高藤聡一郎トレーニングの体験談1 から続く
4つの記事

ひととおり読み、実際に1回くらいトレーニングを
行い「ああ、こんな感じなんだ」とつかむ。
それ位で十分です。

PageTop

仙道3

周りの人には笑って伝えましょう。
「こんなの本気にはしていないよ。娯楽として
読んでいるんだよ」と。

良くも悪くも「仙人」という単語は世の中に広く
知られています。マンガでも
ドラゴンボールの「亀仙人」。
ナルトの「仙人モード」「仙術チャクラ」。
それから「世捨て人」を意味する「○○仙人」なんていう
ハンドルネームもよく耳にします。

あなたが本気で仙道を学んでいることを周囲の人に
打ち明ければ
「そんなの嘘に決まっているじゃないか!バカじゃないの?」
と侮辱される可能性が高いです。

周りの人のレベル、あなたとの信頼関係にもよるでしょうが
秘密にすることを推奨いたします。

秘法超能力仙道入門

PageTop

仙道2

前回記事の続きです。
仙道を学ぶと、気持ちが少し落ち着きます。
「仙人」とか「道教」などを学ぶ学問の一分野のことです。

死なないとされる、伝説上の人物「仙人」。
それについての初歩的な知識を得ることができます。

不老不死の秘訣を、出典不明確でありながら
伝えてくれます。

中国仙道の生き方というか哲学を、分かりやすい形で
示してくれます。

僕がみなさんに言いたいのは「自分の意志で学びなさい」
ということ。一般論で流れている噂程度の知識では
仙道の本当の姿は見ることはできません。
僕は主に高藤聡一郎さんの著作で学びましたが
「より本物に近い」姿を
知ろうとしてください。

あなたは現在、どの程度の知識を仙道(仙人)に対して
持っていますか?

秘法超能力仙道入門

PageTop

仙道1

死にたくない。
ニュースでは連日のように交通事故死のことが
報道されている。
何とか対策を打ちたい。
しかし「横断歩道を歩くとき、左右を確認して渡りましょう」
程度の子供向けアドバイスくらいしか周りには
存在していない。

また、医学が不誠実だ。
「人はみんな、いつか死ぬんですよ」という
お決まりのフレーズしか彼らは言ってこない。
イライラを抱えている。
「どうすれば死なないの?」と聞いても
規則正しい生活とか、バランスの取れた食事とか
普通の回答しか返ってこない。

教育が歪んでいる。
「政教分離」だか何だか知らないが、宗教的な
ことに対して深く学ぼうにも
「歴史」「倫理」で軽く触れる程度しか
学校では教えてくれない。

僕はこのように感じていました。
その中で「仙道」という分野に興味を持ちました。
興味のある方は
秘法超能力仙道入門」という本をご覧ください。
お話は次回へ続きます。

PageTop

感想3 サッカーゆるトレーニング本

トレーニングをやれよ。この本に書かれている。
僕はいつも感じます。

これは「読み物」じゃないんだぞ。
トレーニング本だぞ。
「本当に長期的にトレーニングしてこそ、効果の
あるなしが分かる」ものだ。

「私はこの本のトレーニングをやってみましたが、
ちっとも効果なしです」と口先だけ書く人は
いるといえばいます。しかし
「集中して、本格的に、指示通りに2週間とか
1ヶ月間トレーニングを行ったの?」と
疑問を感じさせるレビューでした。

理論のここがおかしい。ずれている。変だ。
確かにそうかもしれない。
だが「理論の否定」のレビューがあまりに多すぎる。
「体験談」的なレビューがとても少ない。

高岡英夫さんの著書の感想を調べているとそう
感じます。

参考 高岡英夫トレーニングの体験談1

以上で「日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55
の連載を終わります。

PageTop

感想2 サッカーゆるトレーニング本

僕はサッカー界から離れました。
ゆえに「日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング
に対して、体験談的な感想を言うことはできません。

「僕は高校のサッカー部に所属しています。
これまでレギュラーではありませんでしたが、この本の
裏転子を強化するトレーニングを行って、キック力が
上がり、なんとレギュラーになれました。」

このようなカスタマーレビューはまだ出ないですね。
2015年10月にこの本が出版されて以来
かなり時間がたつのに。

「うちの息子に(この本を)プレゼントしたら、すごく喜んで
毎日トレーニングしています」
「この本のトレーニングを続ければ、確実に日本はワールドカップ
で優勝できるのではないのでしょうか。」

サッカー選手本人による、体験談的なレビューが出てきて
欲しいものです。

PageTop

感想1 サッカーゆるトレーニング本

「バラけさせたな」
というのがこの本を読んだときの感想です。

日本人が世界一になるためのサッカーゆるトレーニング55
を読んだときです。

タイトルに「55」と書いてあるとおり、この本には
55個のトレーニングが掲載されています。
僕はこの数字を「多すぎる」と感じました。

高岡英夫さんの過去の著書「ワールドクラスになるための
サッカートレーニング」と比べたら
トレーニングの種類が増えています。

僕は個人的にこの手法を「バラけさせる」と呼んでいます。
たくさんの、一度に行いきれない程のメソッドを提示して
おいて、自己責任で「何を実行するか」を選ばせる。

「まずあなたはAというトレーニングをやりましょう。これが
ある程度進んだら、次にBにトライしてみましょう」
みたいな感じで徐々に体系的に選ばせるのを
僕は「バラけさせる」の逆で「構築させた」と呼ぶことが
あります。

この高岡英夫さんの「サッカーゆるトレーニング」の本では
一部「構築」の部分はありますが(ゆる筋トレとか)
基本は「バラバラ」な第一印象を受けました。

次回に続けます。
「僕はサッカー界から引退しました」という
ことについて書く予定です。

PageTop

社交不安障害の克服14

カウンセリングは効きます。
信頼のできる相手に話を聞いてもらって
時に重要なアドバイスをもらう。それを継続すれば
きっと役に立つでしょう。

しかし、ここに重大な落とし穴があります。
彼らはカウンセリングルームに足を運ぶことすら
「怖い」のです。
社交不安障害の人は
「新しい未知なる世界を切り開く」ことに
とても敏感です。

よく「○○カウンセリングルーム 対人恐怖や
社交不安障害でお悩みの方はこちら!」と標榜する
サイトを目にします。
やっていることは間違いではありません。
しかし本当に足を運ぶのか?と僕は疑問を
感じます。

相手は「人が怖い」んだぞ。
理論をあらかじめウェブにアップくらいしとけよ。
「詳細は面談で話します」では
信頼(このカウンセリングが受けるに値するかどうか)を
勝ち取るのは極めて厳しいはずだ。

僕は「精神科クリニック」を受診することを
お勧めします。
あなたに勇気を出す余力が残っているのならば。

以上で連載「社交不安障害の克服」シリーズを
終わります。読んでくれてありがとうございました。

PageTop

社交不安障害の克服13

薬物療法は併用をお勧めします。
僕がここで紹介している対人関係療法や認知療法などと
同時に行うのです。

社交不安障害の克服に投薬は効きます。
医師の診察と判断の下投与される薬はきっと
あなたの力になれるはずです。

僕は学校の勉強とは別に、中学時代から
独学(読書を利用しての自力研究)を行ってきました。
そのためみなさんにも同じことを勧めるのですが
抵抗のある方は専門家の助けを借りるのも
選択肢の一つとしてありだと思います。

対人関係療法でなおす 社交不安障害

PageTop

社交不安障害の克服12

森田療法は僕の場合合いませんでした。
独学を基本とする僕には有効な治療手段では
なかったです。

参考文献「対人恐怖の治し方

恐怖を「あるがまま」認める。
自分の性格の直すべき部分は直す。
森田療法を教える著者によってばらつきがあるとはいえ
僕にはあまり通じませんでした。

社交不安障害は「自分を受け入れる」だけでは治りません。
前へ進むことが不可欠です。
「歯磨き」「立つ」「歩く」「人と話をする」
どれもあなたが後天的に学習してきたものばかりです。

それを「現在を受け入れなさい」というアドバイスで
克服できるかと問われれば違うでしょう。
適切な訓練(教育、しつけ、教えと言い換えても同じ)
で導いてこそ、人は変わっていくのだと思います。

「人が変わるには、現状を受け入れることが大切だ」
「安心したときに、その人本人のペースで人は変わるものだ」
「だから他人を変えようとせずに、自分が現状を受け入れて
ください」

こういう教えを聞いたことがあります。正しいと思います。
しかしそれをあなたが受け入れるかは別問題です。

前へ進める力がまだある(残っている、消えていない)のなら
僕は前へ進めとアドバイスします。
「もうダメだ」と思うのでしたら他人に助けを求めて
ください。

話を森田療法に戻します。
「100」であるあなたの恐怖を
「70」に、あるいは「50」まで徐々に
減らしていくことは可能だと僕は思っています。
「現在100であることを受け入れろ」なんてことは
僕は当たり前だと思っています。

PageTop

社交不安障害の克服11

僕と認知療法の出会いは2004年の
内気と不安を軽くする練習帳」が始まりでした。

最初は無視しました。「これは確かに効果がある。
恐怖が少し減る。しかし効果はわずかしかない」
と感じたので、本格的に実施せず自分の「恐怖克服法」
を中心に自己治療を続けました。

転機は2011年頃です。対人関係療法を実行し始めた
のとほぼ同時期に「どうせならこれも併用してみよう」
と思い立ちました。

効果は予測通り少しでした。
しかし僕の苦痛を「少し」和らげてくれました。
長期的に行い続けた結果、現在の僕の人への苦手意識は
かなり軽減されました。

次回は森田療法について言及します。
対人恐怖の克服において古くから行われている理論の一つです。

PageTop

社交不安障害の克服10

僕は「対人関係療法でなおす 社交不安障害」の教えに
救われました。

この本との出会いは2011年です。
当時僕は著しい無気力のため、一日中寝てばかりの
生活を送っていました。

直接母親や父親から「お前何してんだ!」と責められる
ことはほぼなくなりました。なぜなら
僕は2003年に母や父から議論を繰り返し
勝った(議論に負けなかった)経験があるからです。

しかし彼らは「父と母との間で」
「テレビを見ながら、独り言のような感じで」
暴言を吐くのです。

そんなときに出会えた上記の本は、僕にとって
一つの希望でした。

父親の下品なジョークに「どうせ何を言っても
無駄だ」と思わず「1回だけ」反論する。
その後はいつも通り耐える。

母親に対して「小さな勇気を出す一歩」を
踏み出して話しかける。それを繰り返す。
通行人や、それ以外の人とはこれまで通り
接する。

それによって少しずつ僕の中に
「反撃する能力」が育っていきました。

2004年に僕が開発した「恐怖克服法」より
はるかにシンプルで、効率的でした。
大きな議論(口論、言い争い)に巻き込まれる
こともなかったです。

PageTop

社交不安障害の克服9

僕は病院へ行くのが怖かったです。
今回はそれについてお話します。

「社交不安障害を克服するには、何よりも
精神科あるいは心療内科の受診をしましょう」
僕はこのアドバイスを「現場とずれている」と
解釈しています。

初対面の人(病院の医師や受付、看護師など)を
恐れるから「社交不安障害」なのです。
克服するために「まずは高いハードルを越えなさい」
という最初の一歩を提示するのは変だと思います。

僕は正式な社交不安障害ではありません。
(過去記事参照)
しかし似たような状況にありました。
就職や大学進学を「人と接するのが怖い」という理由で
拒否した人間です。

(次回へ続く)

PageTop

社交不安障害の克服8

認知療法の使用をお勧めします。

一般には「認知行動療法」と言われ、認知療法と
行動療法を組み合わせて行うことが勧められています。
しかし僕はこれに否定的な見解を持っています。
行動療法は対人関係療法で補えばいい、と思っています。

以下、技術的なお話を続けます。
行動療法では(セラピストにもよるでしょうが)
あなたの目の前にある「怖い場面」に対して
段階的に、少しずつチャレンジすることを要求します。

僕はこれで挫折しました。
「どうやって目の前の相手に対して」
「小さな一歩が踏み出せるんだ?」
と強い嫌悪感を抱いた記憶があります。

腕の良いセラピストなら、ここで上手なカウンセリングを
して、患者を導けるのでしょう。
しかしそれのいない普通の人が独学するとなると
前進するのは困難です。

ということで僕は「認知行動療法」のうち
「認知療法」のみを使用することを推奨しています。
しかもこれは対人関係療法の補助としての扱いです。

詳しくは参考書籍「内気と不安を軽くする練習帳」を
ご覧ください。

参考 認知療法のやり方1 はじめに

PageTop

社交不安障害の克服7

基本は対人関係療法です。
社交不安障害向けに特化した
対人関係療法でなおす 社交不安障害
という本のメソッドを中心に据えます。

親。親友。
仲が良いにしろ、悪いにしろ
あなたに大きな影響を与えてきている
現在の「距離感の近い相手」から行動をスタートさせます。

小さな勇気を出す一歩を踏み出すのです。
詳しくは本をご覧ください。

大嫌いな親に日常的に悪口、口論、暴言を
浴びせられる毎日の中で
その下がった自尊心の下
「友人を積極的に作ろう」
「人前で堂々と発表しよう」などと考えるから
うまくいかないのです。
僕の場合そうでした。

まずは関係の修復です。
そして「健全に抵抗する」すべを学ぶことです。
そうすれば少しずつ新しい扉が開いていきます。

参考 対人関係療法のやり方1 はじめに

PageTop

社交不安障害の克服6

幸せになれます。恐怖を克服すれば。

「幸せ」という単語は恋愛成就、結婚という意味で
使われることがあります。しかし僕はもっと
広い意味で言っています。

新しい相手と苦痛なく会える。
趣味の幅が広がる。
就職ができて、自信につながる。

そういった日常の様々な変化と共に
その一つとして「恋愛、異性との関係が
更によくなれる」というものがあるかもしれません。
僕はこれをメインに持ってくるつもりはありません。

次回は技術面、すなわち「どうすれば社交不安障害を
克服していけるのか」について書く予定です。
医学も含めた僕の持論を展開してみます。

PageTop

社交不安障害の克服5

今のレベルでの恐怖が続きます。
何もしなければ。
現状もそのままです。

もちろんちょっとしたきっかけで改善することも
あるでしょう。
そして、自然な範囲内で悪化することもあるかもしれません。
「良くなるかもしれない。悪くなるかもしれない。
そのままかもしれない。」
この原則を覚えておいてください。

僕は前進することをお勧めします。
内気と不安を軽くする練習帳

PageTop

社交不安障害の克服4

治るのが不安なら「バランスを少しずつ再調整すれば
いい」と考えてください。

社交不安障害を克服する上で特有の考え方として
「もし人前でスピーチができるようになったら」
「スピーチを人前で苦痛なまま行わなければ
ならない」
みたいなものがあります。
外部から見れば矛盾とかわがままと取られかねない。
しかし克服を目指す社交不安障害当事者には
それが大きく感じるのです。

これに対する僕の答えは
「少しずつ治せ」です。
階段を一段ずつ上へ上がっていって
一つ上のレベルで、新しい課題や困難にぶつかったら
それに対応する。学ぶ。
それを繰り返して上へと歩んでいくのです。

それが社交不安障害的な恐怖に対するヒントの一つに
なります。

PageTop

社交不安障害の克服3

お金がなくなったら、どうしよう?
今は親のお金で、何とか生活できている。
あるいは生活保護を受けているかもしれない。

もし親の身に何かあったとしたら、自分は
経済的に困窮するだろう。
この今の暮らしが10年後も続くとはとても思えない。
非常に惨めで、辛い気持ちだ。

「社交不安障害の克服1」
「社交不安障害の克服2」
そして今回書いたような悩みは解決可能です。
対人関係療法を始めとするちょっとした工夫と努力で
少しずつ未来は変えていけます。

対人関係療法でなおす 社交不安障害

PageTop

社交不安障害の克服2

働けないのが、悔しい。
蛍光灯のランプがついた、いつもの部屋。
自分ひとりで自分の時間を過ごす。
世の中に反抗しようという気持ちはない。
しかし「心」がついてこない。
面接。
スーツを着ての出勤。
就職に伴う様々なイベントをイメージすると、どうしても
「怖い」という感情が生まれてきてしまう。

「失敗したらどうしよう」
「嫌われないだろうか」
「クビに(解雇に)なったとしたら、すごく落ち込まない
だろうか」
社交不安障害を抱える自分の「過剰な不安」は
分かっていても、止められない。

(次回へ続く)

社交不安症がよくわかる本

PageTop