FC2ブログ

日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

高校

僕の進学した高校が「話が通じる」人たちだったか
というと微妙なところです。
人の悪口を平気で言ったり、趣味の悪い冗談をぶつける
人も存在しました。

学校の勉強をどの程度がんばるかの線引きは
僕も悩みます。

カスタマイズ版の恐怖克服法、うまくいったようで良かったです。

話題に応じて公開・非公開は使い分けてください。
大丈夫です。
(非公開コメントへの返信です)

スポンサーサイト



PageTop

恐怖克服法「カスタマイズ版」

まずは時期を限定します。
僕の場合は「中学校時代」にします。あなたが
いじめを受けていた時期が違うのならば、それに応じて
時期を調節してください。

そして「その時期に起きた出来事」を紙に書き出します。
いじめの激しさ、どのくらいの頻度で続いたのかなど
によって違いますが10個を目標にメモに書き留めてください。
多くなっても構いません。

その中の一つを例にしてやり方を紹介します。
中学一年生のとき僕は同級生のクラスメイト1名(女子)に
「変態(へんたい)」と呼ばれていました。

その頃の「学校の教室」「制服」など状況をイメージで
頭の中で描きながら
「理想の対応」を心の中で実行するのです。

状況「休み時間に、変態と呼ばれ後ろで悪口を言われた」
理想対応「そういうことは傷つくから、言うのはやめてくれ」

状況2「学校の教室で『変態』と捨て台詞を残して走り去って
いった」
理想対応「彼女を追いかけ、肩を普通に掴み『やめてくれ』と
普通のトーンで言う」

このイメージトレーニングを実行したとき
「苦しさの場所」が移動した、変化があったとしたら
うまくできていると思ってください。
これまでイライラのような「もやもやした気持ち」
であったところが
「胸の中央あたりに、少し苦しいけれども勇気のような
感情が宿る」
に僕の場合は変化します。

ポイントとしては「正義と善であろうとする」ことです。
暴力を振るってきた相手に、イメージの中で
同じように悪意で反撃しても効果は望めないでしょう。
「冷静にやめてくれと言い返す」
「信頼できる友人知人に助けてと相談する」
など「2019年現在でも通用するであろう」理想の対応を
イメージ内で実行してください。

これを継続します。
一日に1個とか回数、時間を決めて繰り返すのです。
うまく整理できる(まとめられる)のでしたら
「5分の間に、中核である4つの出来事のイメージを
やる」というのでも大丈夫です。

早い人で1週間くらいで効果が表れると思います。
僕の高校3年時は「言えなかった反論が、率直に口に出せる
ようになった」という変化が起きました。
父親との進路(僕の大学へ行くかどうかなど)の話し合い
の際も主張が堂々と言えるようになりました。

何か質問があるのであればここで受け付けます。
いじめとは非日常な(普通が普通でなくなる)体験ですので
うまく打開案を思いつけるよう、僕がサポートします。

PageTop

昔のマンガなど

不思議と記憶に残っていたりします。
昔のマンガは。

分かりました。紹介します。
効果が出やすいように、ポイントを押さえて書こうと思います。

「普通に近づく」
「生きていくコツがつかめる」
というのはあるかもしれません。
(コメントへのお返事です)

PageTop

統合失調症 就職体験談11

「就職活動のモチベーションが上がらない。だから
薬の変更とかをすれば意欲がわくようになったり
するのですか」

僕は当時、病院の先生に質問しました。

「この症状で薬の変更はしない」
「一緒に人生経験をしていこう」

と励ましのアドバイスをもらったのを記憶しています。
確か「アキネトン」という補助薬(震え止め)
がなくなったのはこの時だったはずです。
当時のメインのお薬も減量になりました。

PageTop

カスタマイズ版

そうですね。厳しかったです。

僕も学生時代に戻れるとしても戻りたいとは
思えないですね。
やり直すことができるとしても。

あと良かったら僕の「恐怖克服法」教えましょうか?
昔を振り返って思いを晴らす。
そんな意図を込めて作ったものです。

これをお読みの方に現在効くかは分からないですが。
ストレス解消にはなると思います。

対人恐怖を発症していない人向けのカスタマイズした
バージョンを改めて書いてもいいです。

参考記事 恐怖克服法第一回
 および 恐怖克服法第二回

大まかなイメージとしては桂正和の
アイズ 最終巻」(週刊少年ジャンプにかつて連載されて
いたマンガ)のシーンみたいな感じです。

今現在の「言語能力および、人生経験のスキル」を使って
あの当時の過去の体験に立ち向かう。

回想シーンにて、半分夢の状態の主人公
「瀬戸一貴」が高校1年生の入学直後に戻り。
起きていたエピソードに堂々と立ち向かう。

ネタバレのため詳細は伏せますが、似たような感じになれます。
(コメントへのお返事です)

PageTop

統合失調症 就職体験談10

「それ(高卒という学歴)を理由に俺を分類する
人に用はない」
僕はそう感じました。

「高校卒業のとき、そのまま就職するという道は
考えなかったの?」
そう聞かれて困惑した記憶があります。

僕は逃げたつもりはありません。
自分に「発表したい理論」と「インターネットという
媒体」があり、それを使って
「生計を立てていきたい、社会に貢献してお金を得たい」
という野心に強く燃えていたのが高校卒業直後の僕でした。

僕はあえて履歴書等の応募書類に
「職歴 ウェブサイト運営自営開業」と明記しました。
恥だと思っていないし、誇りすら感じる昔の過去だからです。

質問が飛んでくるだろうことは予測していましたが
なぜか面接等の場でほとんど話題にされず
「なんで大学行かなかったの?」
「働こうとしなかったのはどうして?」
という質問を受ける頻度が多かったのには驚きました。

価値観のずれがありました。
応募しても書類選考落ちになる回数はとても多かったです。

PageTop

助け、応募書類など

はい。違った結末があったかもしれません。

今からでも、それ相応に効果はあると思います。

共感ありがとうございます。

PageTop

統合失調症 就職体験談9

僕は就職へのモチベーションが高い方ではありませんでした。
それ故悩み苦しみました。本格的な就職活動に突入した
頃のことです。

まず応募のペースが遅かったです。
1か月に1社書類を送付できればいい方で、
「志望動機」
「自己PR」などを延々と悩むことがとてもありました。
(次回へ続く)

PageTop

救助

お役に立ったなら良かったです。

きっと助けてくれたのだと思いますよ。
(コメントへの返信です)

PageTop

統合失調症 就職体験談8

パソコンのスキルも高まりました。
それまでの僕はインターネットと
HTML(プログラミング言語)に特化したことしか
できなかったのですが、ビジネスで普通とされる
ワード、エクセル、パワーポイントなども
初歩を学べました。

PageTop

統合失調症 就職体験談7

職場体験実習に何回か行きました。

僕はそれまで「どこかの企業に採用されて、会社員として働く」
という経験をしたことがなかったものですから
様々な場所へ出かけて練習を積みました。

PageTop

いじめ対策のコツ6

影の実力者に救いを求めましょう。

学校の先生や、授業でよく発言する明るい生徒ではなく
「地味で落ち着いているけれど、実は実力があって
『いじめっ子』たちも一目置いている子」
のことを影の実力者と言います。

どうしても「助けを求める」という場面になると上記の
ような人物たちが思い浮かぶと思いますが、ここで
「影の実力者」のような人を頼ってください。

この教えは
いじめと戦おう!」から拾いました。

これで連載は終わりです。
補足記事程度は書くかもしれませんが
「統合失調症 就職体験談」の連載に戻ります。
お読みいただきありがとうございました。

PageTop

いじめ対策のコツ5

掃除をきちんとしましょう。
参考文献「いじめと戦おう!

「今日一日だけ、2時間かけて徹底的に自分の部屋を
キレイにする」という意味ではありません。
学校での掃除の時間に真面目に取り組み、ちゃんと
箒(ほうき)や雑巾(ぞうきん)を使って
部屋や廊下などの汚れを落とす、という意味です。

無論継続してください。
3ヶ月以上続けて効果がなかったなら
「自分には合わなかった」と結論を出してください。

今学校に行っていない、通うところがないという人は
自分の家など状況に応じて掃除する箇所を決めてください。

次回の「影の実力者」のお話と絡めますが、見てくれる人は
見てくれているものです。

うつ病や統合失調症の発病直後の人は例外です。
まず精神科医の受診を勧めます。
それでも受診後は「そうじをしっかりする」ことを僕は
お勧めします。

(次回へ続く)

PageTop

仏教の本

どういたしまして。
広い意味では仏教関連書籍に入ると思います。
(コメントへの返信です)

PageTop

蜘蛛の糸の選択

本読み終えることができたようで何よりです。

難しい課題だと思います。どれか一つが絶対の正解ではない
ということを踏まえて言うのであれば

あれはあれで一つの選択だったのだと僕は解釈できます。
蜘蛛の糸(小説)の主人公「カンダタ」は
チャンスを得て、それ相応の高さへ上り、そして
失敗というか挫折してまた下へ落ちた。
それが一つあるだけではないでしょうか。

僕は「神との対話」を読んでいるから言えるのかもしれないですが
極楽にいる人間のちょっとした思いつきで
「大きなチャンスが訪れる」って何なのでしょうね。

僕はサッカーの競争システムにて実感したのですが
他人を蹴落としてでも(自分が成功してやろう)という
考えを持った人、結構います。
そんな人間がかなりの高さにいるケースもあることも知っています。

最初から蜘蛛の糸(小説に登場する)は救いの糸ではない。
(小説内の)お釈迦様が自らの権力、能力で
一時的に作り上げた「仮の希望」。

本当に人を救いたいのであれば
数値で表すと、マイナス100の評価点であった
ある悪人を「マイナス99点」まで格上げしてあげれば
いいだけのこと。

その後チャンスの中で他人を蹴落とす発言をしたのが
上の人の気に障ったのなら
「マイナス100点、あるいはマイナス101点」
に冷静に再評価されればいいだけのこと。

他の悪人が自分の登る糸を伝って後ろから追いかけて
くる。
僕は原典の小説を読んでいないので断言はできないのですが

極論から極論へ目まぐるしく動く「偽りの天国、極楽観」
の中で生きていた一人の人間が経験した

「ジェットコースターのように一過性で経験した
一つの体験。ものがたり」
だと僕は解釈しようと思います。
(コメントへの返信です)

PageTop

いじめ対策のコツ4

努力しましょう。
あなたが「外見が醜い(顔がかっこ悪いとか、ブサイクであるなど)」
ことをコンプレックスとしているのであれば
メイク(化粧、髪型など)を極めることでそれは改善可能です。

また「話がつまらない」「冗談が言えなかった」というケースでは
自分らしさ(本来の真面目さなどの長所)を保ちつつ
冗談や、場を和ませる一言を言えるように試行錯誤する。
それも選択肢だと思います。
ウケる技術」などを参考にすると良いかもしれません。

いじめで被害の理由となりやすい
「顔が悪い」
「冗談が言えない」の対策について述べてみました。

絶望するのはまだ早いです。
世の中で手に入り得る全てを勉強して、実行して
それでもダメだったときに
「私はAという点がまだ駄目なようだ」
と結論を出してください。

PageTop

革命

精神医療の業界に僕が革命を起こせば
よいだけだ。そうすれば壁が無くなる。

僕は精神疾患の現場にいます。
だからこそ感じることがあるのですが

「今現在、○○だからダメだ」とNOを言われている
ことでも。その壁を取り払ってしまえば
僕の夢は叶うのです。

前回書いた「お仕事とは」の記事に補足して
僕はこんなことも思いました。
元々僕は
「お前は下手だから、このサッカー部で試合に出れない
よ」というネガティブなメッセージばかり受け取って育った
学生時代があるものですから

「だったら、俺がうまくなれば試合に出れるでしょ?」
と目の前の壁に立ち向かう癖がついています。

それと同じです。

「開いた扉 通り抜けても それじゃ強くなれやしないよ
閉じた扉 タタキつぶして ゆこう 君の未来の方へ」
コブクロの曲「轍(わだち)」から

収録アルバム「ALL TIME BEST

PageTop

修行中

その通りです。
僕もまだまだ修行中(進歩の半ば)の身です。

PageTop

お仕事とは

「当たり前です。なぜならそれが『お仕事』だからです」
僕はそう言われました。

僕の周囲で起きた出来事です。
僕は自分の好きな人(現在好意を持っている相手)に
ついての話題が出たので答えました。
噓をつくのは良くない、できる限り誠実であろうと思い
正直に「あの人のことです」と言える範囲で伝えた
のですが

それがその人の気に障ったようです。
否定的な反応が返ってきました。
「僕の就職が決まったときも、まるで我がことのように
喜んでくれました」と理由を述べても、それさえ
強く拒否する、否定されるような言葉が返ってきたのです。
それが冒頭の「お仕事なんだから当たり前だ」
という文句です。

人から人への率直な思いを疑うことを教えるような
発言は控えろよ。
本気で就職して、長期で働いたこともないあなたが
(その発言主はそういった経歴の持ち主でした)
その主張をする根拠なんてない。

個人情報が絡むので深くは書けません。
「良かったらまた来てください。今度は普通に
でもいいので」
と精一杯絞り出した僕の言葉に、当時
身をよじらせんばかりに喜んでくれました。

もう一点「革命」というお話をします。
書くのは明日以降になります。

PageTop

いじめ対策のコツ3

勉強しましょう。
「学校の先生から提示された授業をやる」
「宿題をこなす」
「カリキュラムに沿って学びを深める」
という意味ではありません。

あなたが学びたいと思ったことを
自分の責任で、自分のペースで
少しずつ学ぶのです。
それがいじめの間接的な軽減につながります。

僕が読書を選んだことは前に述べました。
故に僕がお勧めするのは読書が中心になってしまうのですが
ほかの媒体(ネットやラジオなど)を用いても大いに
良いことです。

極端な例かもしれませんが
「お前は臭い。においがある」といじめで言われた経験のある
人間が
アロマテラピー1級」を取得を目指す。
それだけでも打開する可能性が見えます。

「本当の人間の、垢による臭さ」と
「石けんによる清潔な香り」を区別する。
僕は専門外なので深くは言えませんが
「香水の匂い」
「加齢に伴うにおい」
「アロマオイルによる人工的な香り」
などを、小手先の知識ではなく
ハイレベルな次元で自分の鼻で嗅ぎ分けるだけの
実力を会得する。

そうすればあなたの「臭い」に関するコンプレックス
はほぼ消えると思います。

あくまで選択肢の一つだと思いましょう。
全ての人間がこれを実行できるとは思っていません。

PageTop

一言

コメントありがとうございました。
何かしらの形で反応しておくと違いが出そうです。
(コメントへの返信です)

PageTop

いじめ対策のコツ2

小さな反逆の一歩を踏み出すようにしましょう。
人間関係の次元でです。

いじめを受けている時期に、被害者は
「大きく爆発するか、じっとして耐えるか」の
極端な二択に縛られることがしばしばあります。

ここで僕は「小さめにエネルギーを調節して」
相手に自分の思いや理論を伝えようとしたらどうかと
提案します。

例えば僕は中学一年生だった頃に、Pさんという女子から
継続的な悪口、嫌がらせを受けました。

直接この女子生徒に
「そういうことは傷つくから、言わないでくれ」
と注意するのが僕にはできなかった。

でも
「やめてくれ」の一言くらいは言えたら良かったな
と今なら思えます。
言葉足らずで不器用でも、あなたの「何かを伝えよう
とする気持ち」は伝わるはずです。

参考 対人関係療法でなおす社交不安障害

PageTop

Googleのご担当者様へ

「あなたも内気・人見知り・対人恐怖症を克服できる!」
『サッカー上達のための「頭のテクニック」』
の2つのサイトが検索で上位に表示されなくなったのは
どうしてでしょう。

おそらくお返事はもらえないでしょうが、僕自身の気持ちの整理の
ために書きます。

「統合失調症 聴覚障害 併発」
「統合失調症 警察」
など、僕が書いたブログ過去記事がかなりの割合で
ランキングの範囲外(上位10位にすら入らない)のは
僕としては悲しいです。

公に近いサイト
(国の機関や、民間病院。それからニュース記事の一つ)
がほとんどの場面で上位表示されて
僕のような個人の運営する文章が

どんなにキーワードに合致した文章を記述しても
ランキングに登場しないのは変だと感じます。

元々僕は2004年にスタートした時期は
「内気 克服」や「サッカー 上達」
という語句で1位を取ることもあった程でした。

明らかに内容の薄い「読み物」
(時間つぶしのための雑談のタネ)
だったり
本当に悩みを抱えている「困っている人」の気持ちに
寄り添わないサイトばかりを上位に独占させるのは
おかしいと個人的には感じます。

優先すべきは「噂話大好きな大人」ではなく
「そのトピックで悩んでいる(苦しんでいる)子供、本人」
だと思います。

僕は毎回フラストレーションをためます。

繰り返しになりますが
これは僕のブログに目を通している(であろう)
検索サイト運営者に向けた内容です。

PageTop

非公開のコメントをされた方へ

別の方が「具体的なやり取りを知りたい」
と言っておられました。

本当に隠したい(非公開にしたい)部分はそのままで
構いませんが、できる範囲内で公開のコメントも
するようにして欲しいです。

プレッシャーはあるとは思いますが
ご検討のほど、よろしくお願いします。

PageTop

Amazonアフィリエイトでの購入について

止めて大丈夫です。
これまでありがとうございました。

やはり「本当に自分の記事で稼ぐ」ことが理想だと
思いますので、ご自身のペースで構いません。
(コメントへの返信でした)

PageTop

過去のやり取り

お久しぶりです。

就職体験談の記事が参考になっているなら嬉しいです。

試行錯誤されているのですね。
報告ありがとうございました。

過去の非公開コメントについてはお話することはできないです。
大まかな話の流れでしたら書ける範囲内で
言うことはできると思います。

今後は分かりやすくしてみます。
非公開の方にお願いもする予定です。
(別記事で書きます)

PageTop

昔の思い残し

誰か現役でいじめを受けている人の役に立つ
クオリティの文章を書ければと思います。

スーツと縁が遠かったのですね。

すぐには難しいと思いますが長期的な目標にして
ください。

船井幸雄さんはいい人だったと思います。

あとコメント欄の方で「非公開のやりとりが知りたい。
気になる」と言ってこられた方がいました。
別記事で書きます。
(非公開コメントへの返信です)

PageTop

いじめ対策のコツ1

人として尊敬されるような、立派な存在になりましょう。
いじめをする加害者たちが
「近寄りがたい」と感じるような人間になることを目指して
ください。

僕は「読書(自己啓発系)」をすることを選びました。
学校の先生の教えは「剛腕で、荒っぽい」。
マンガの登場人物は「乱暴で、汚い」。
小説のキャラクターは「尊敬に値しない」。

僕が本格的に読書を始めた頃、このような判断を
下しました。
「普通の言葉で書かれた実用書」
「心理学系の本」
を淡々と読み続けることにより、僕はいじめを受けない
側の人間になろうとしました。

たとえ話として適切かは分からないですが
マンガ「ドラえもん」の「出木杉くん」をモデルとして
挙げておきます。
誠実で、学校の勉強に正面から取り組み、博学で
なおかつあまり人を馬鹿にしない。
ギャグマンガであるが故に時に無知な人を一笑する
場面もあるにはありますが、
目標というイメージとして、提示してみました。

PageTop

連載休止のお知らせ(就職体験談)

「統合失調症 就職体験談」シリーズは
一時中断します。

PageTop

統合失調症 就職体験談6

スーツを着てネクタイを締めることから始まりました。

革靴を履いて、ワイシャツを着用し、ジャケットを羽織る。
スーツ用の靴下とズボンを着用する。

中学校時代は学生服だったのである程度は経験がありますが、
僕には新鮮な体験でした。
(次回へ続く)

PageTop