FC2ブログ

日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

マンガとの関係

最近森恒二さんの「自殺島」を読んでいます。
この「統合失調症と売春1」は彼のマンガに
影響を受けています。

スポンサーサイト



PageTop

統合失調症と売春1

非行に走った100人の少年少女がいれば
統計上1人は統合失調症です。

若いうち(13歳未満)はいないとは思いますが
徐々に年齢が上がるにつれて
「非行に走っていない人も含めた、すべての子供」
が統合失調症になっていくのと同じように
「統合失調症の非行少年(少女)」
が出てくるはずです。

学業不振や不登校、自殺や自傷行為など
「自分の内側に負のエネルギー」を放つ人がいる
(注 厳密にはこの人たちは非行少年ではない)
だけではないのです。

暴力。いじめ加害。性的逸脱。窃盗…。
数ある犯罪的行為の中に
「売春」があります。
未成年なら「援助交際」、
お金を払ったなら「風俗」、
様々な呼び名はありますが意味は同じです。

売春という単語で連想されるのは
「男が、金を出して女性の体を求める」
というパターンが考えられますが

LGBTなど性の少数者がメジャーになっていくにつれ
いずれ逆も社会に認知されていくと僕は個人的な
見解を持っています。
「女性が、お金で男性の体を買おうとする」
ホストクラブや女性向けボーイズラブ本、
男性を口説く「恋愛シミュレーションゲーム
(おそらく女性を購買ターゲットにしたと思われる)
などが近年出てきたように。

話がそれました。
統合失調症の売春は
「きっとあるはずだ」
というのが現在(2019年)の僕の予測です。
(次回へ続く)

参考ゲーム ときめきメモリアル Girl's Side

PageTop

剣道、神社の願い事など

僕は幸いにも高校時代
剣道か柔道かを選択できるような授業構成でした。
体育の盛んな学校に進学できて良かったと思います。

いつか剣道着を着れる機会があるかもしれないですね。

思い入れのあるキャラクターなら、そうなってもおかしくはない
と思います。

上手に目標を設定できる人というのはいいですよね。
僕は失敗続きだったので憧れます。
参考 佳川奈未と統合失調症
神様への願い事を素直に表に出せる人というのは、
あの七夕の人たちのような感じでしょうか…。

そうしてください。
今は保管して楽しみましょう。
(コメントへのお返事です)

PageTop

胴外し 剣道禁じ手

僕は剣道の禁断の技を一つ知っています。
僕が「胴外し」と名付けた胴体への攻撃です。

剣道では「胴(どう)」というお腹(脇腹)あたりへの
攻撃があります。
僕は試合に8連敗くらいして非常にストレスをためたとき、
八つ当たりとしてこの技を考案し、少し試みました。

やり方は胴の防具を打つ代わりに
「胴への攻撃が少しそれた(外れた)振りをして」
胴の防具より少し上の肋骨や脇(腕の下あたり)を
竹刀で叩くのです。

非常に危険な技ですので試さないでください。
また、体育の授業クラスの私的な場面でしか
使えません。
公式試合では反則負けや厳重注意の対象になると思うので
知識としてだけ、知っていてください。
相手にケガをさせる恐れもあります。

PageTop

神社、願い事など

トレーニング効いているようで良かったです。

反論の言葉に便利な単語が見つかるといいですね。

神社の願いが叶ったようで何よりです。
ほかの方の願い事も参考にしてください。

僕の最寄り駅では七夕に願い事の短冊がたくさん
飾られていました。誰でも自由に書いて吊るせる
という形式です。
(非公開のコメントへのお返事です)

PageTop

成熟した存在

人の(悪い)噂話を広めることは良いことではありません。
ましてそれが不十分な証拠しかない事案となると。

僕は中学2年生のときにいじめの被害に遭いました。
そのとき当事者と直接対話する機会があったのですが
彼女の言い分はこうでした。

「普通誰かの悪い噂を聞いたら、その人に近寄りたくなくなるでしょ」

僕は違うと思いました。
「多数派の人たちがAという噂話を信じているけれども、私は
それに疑問を感じる。だって証拠が不十分だから」
という態度で誠実に「噂のターゲットの張本人」に接するのが
人格的に成熟した存在のやることではないでしょうか。

僕がそののち「人格」に関する読書を徹底的に続けるのは
ある意味必然だったのかもしれません。

PageTop

4k映像など

それは良かったです。
僕はまだ4Kは観ていないです。

分かりました。連載開始までお待ちください。

そうですね。そんな言葉があれば理想なのですが。
僕も悩み迷うばかりで答えは出ません…。
(コメントへの返信です)

PageTop

「ふざける」の意味

「ふざけるな」はひとかたまりで攻撃、反発の意味です。
若者言葉ではそうなります。

本当にふざけているか、ふざけていないか(真面目な状態か)は
あまり問題ではありません。

例えばスポーツマンガで口の悪い強豪チームのキャプテンが
「お前ら弱小チームなんか、俺たちに勝てるはずがない!」
と啖呵を切ったとします。そこで主人公の少年が
「ふざけんな!俺たちの本当の力を見せてやる!」
と反論する。

この文脈で「強豪チーム」のキャプテンが
「ふざけている」かどうかは判断の難しいところです。
ただその弱小と思しき主人公の
「お前の言う通りにはならない」
という意図で「ふざけんな」を使っているのが
こう説明すれば分かるでしょうか。

なぜ僕がこの記事を書いたかというと、昔父親
(約30歳程度年が離れている)から
「俺はふざけてなんかいない」という返事をもらって
僕が激昂した経験があるからです。
焦点の当たらない根も葉もない悪口(父親が語った)に
対して

「ふざけるな」と自然な流れで反論したときに、それが
「通じなかった、分かってもらえなかった」
体験があるからです。

お手本のスポーツマンガとして キャプテン翼を紹介します。

PageTop

性関連のブログ記事、猫との共通点など

しばらくしたら改めて「統合失調症と性」関連を記事として
取り上げます。もう少しお待ちください。

確かにそうかもしれません。
猫の甘え方とマンガの女性(女の子キャラクター)は
似ている部分はありますね。

冗談と、冗談ではない「真面目な話題」をちゃんと
区別して欲しいですよね…。
(非公開のコメントへのお返事です)

PageTop

単語「野郎」、哲学者など

言われたくない言葉の一つです。

信頼関係のできた者同士が使うならまだ理解できますが
僕はあのタイミングで母親には言って欲しくない単語でした。

肯定ありがとうございます。
そんな言葉を残した哲学者もいたのですね。
(コメントへの返信です)

PageTop

野郎

「野郎二人で華がない」
そう母に言われてイラッときた記憶があります。
僕と弟が母と一緒にいた、ある日のことでした。

あなたは「野郎(やろう)」という言葉を知っていますか?
「この野郎!」などの文句はマンガなどに登場するので
耳にしたことがあるとは思いますが、
「野郎」そのもの単独でどのような意味を持つのかは
知っている人は少ないのではないでしょうか。

「男(のことを罵って言う言葉)」だそうです。

ちなみに補足ですが女性の「美しさ、かわいらしさ」というのは
後天的に努力で身につけたものみたいです。
ファッションの勉強をしている僕は徐々にそれに気づいてきました。

冒頭の言葉は差別発言です。

PageTop

異性の好み

分かりました。スルーします。

テレビやマンガに出てくる「男性、女性像」というのは
僕にはちょっとズレているように思えますね。
自分にとって魅力的なキャラクターが脇役の位置にしか
登場しなかったり、恋愛対象外の位置にポジショニングされる
ことが多めです。

アダルト系になると僕にはそれがより強く感じます。
(非公開のコメントへのお返事です)

PageTop

不思議な賢さの少年

僕は学校ではなく図書館の読書を中心に学びました。
そのため中学校や高校では
「賢いけれども、その賢さの出所が他の人とは
ちょっと違う、不思議なヤツ」
と思われたみたいです。

*「成績優秀な小学生
中学校のいじめ
と続いた連載の続きの記事です。

そしてこれが最終話となります。

PageTop

有酸素運動 運動理論5

筋トレや短距離走のような「短時間に強い力を出す」
運動のことを無酸素運動と言います。
そしてマラソンやウォーキングのような
「長時間、一定の力を発揮し続ける」
運動のことを有酸素運動と言います。

あくまで運動理論上の分類です。
サッカーなど
「ダッシュとランニングを織り交ぜて90分動き続ける」
両方の要素の混じったスポーツも存在します。

これで運動理論の紹介は終わりです。

PageTop

仏教の答え

大丈夫です。ご自身の感覚を大事にしてください。

書籍、読めたようで良かったです。

そうかもしれませんね。
欲(何かを得たい、欲しいという心)と
不幸(手に入らないとか、喪失して辛い心)の関係は
僕にも解決策が出ない領域です。

うまくご自身のなかで「自分なりの答え(真実)」に
出会えることを願っています。
(非公開のコメントへのお返事です)

PageTop

負荷 運動理論4

徐々に強くしていきましょう。

例えばあなたがスクワットが5回できた。
そうしたら次回は6回できることを目標にトレーニング
してください。あるいは
「片足だけのスクワット」とか
「ダンベルなど重りを持ってのスクワット」など
これまでとは少し強度の高いエクササイズに
トライしていきましょう。

もちろん慣れてきたら、です。
専門のコーチなどに教わりながら、新しいものを
やりましょう。

PageTop

Amazonリストなど

分かりました。了解です。

筋力トレーニング、応援しています。
(非公開のコメントへの返信です)

PageTop

ウォームアップ 運動理論3

強い負荷の筋トレに入る前に、準備体操をするといいです。
筋肉痛や関節痛の予防になります。

ウォーミングアップとかウォームアップと呼ばれます。
ストレッチやジョギング(軽いランニング)を
一流のアスリートたちはやることが多いです。

僕は中学校1年生のとき、整形外科の先生から
アキレス腱(ふくらはぎとかかとの間あたり)の
ストレッチを教わり、継続した経験があります。
そのあたりに痛みや違和感を感じて病院に行った
ときのことです。

とある「腕立て伏せ」を教えるNHKの番組では
ウォーミングアップとして「腕を、肩を回したり
高く上げたりする」という運動を
本格的な筋トレの前に採用していました。

筋トレでなりたい自分になる メリハリ美筋ボディー

PageTop

音楽、対人関係など

僕も映画やアニメの歌を聴くことがあります。
ガンダムは観てないので、聴いてはいないですが…。

恐怖克服法、この調子でいくといいですね。

対人関係がうまくいくようになることを願っています。

そしてAmazonの欲しいものリストの件は
「今のところ保留」ということでよろしいでしょうか。
(非公開のコメントへの返信です)

PageTop

超回復 運動理論2

運動すると筋力が疲労によって低下します。
しかし栄養や休息などによって、翌日や2日後に
もっと強い力が出せるようになります。

これは「超回復」と呼ばれる運動の基礎理論です。
現在の力(筋力)が「100」だとすると
筋トレをすると筋トレ終了5分後には
「70」とか「50」にまで力が低下します。

その後の栄養補給や適度な休息(睡眠など)によって
次の日の朝には「110」の力が出せるようになるまで
筋肉が強化されています。
専門用語で「超回復」と呼ばれる現象です。
ただ回復するだけではなく「それまで以上の力が出る」
という意味で「超」という単語がついているのだと思います。

参考文献 ジーコの考えるサッカー LEVEL3

数値はあくまで任意です。
トレーナー「中野ジェームズ修一さん」によると
週に1回のトレーニングでも継続すれば
順調に筋力強化の階段を登っていける人もいる、との話です。
個人差や運動メニュー、筋トレ以外の時間の過ごし方などに
よって左右されるみたいです。

PageTop

筋力トレーニング、対人関係など

お大事にしてください。

それは大変でしたね。
僕の「恐怖克服法 修正版」がお役に立てることを
願っています。

対人関係の「他人との心の距離」は僕も課題です。
(非公開のコメントへのお返事です)

PageTop

恐怖克服法「修正版」

今回は時期を限定しません。
「これまでにあなたが、皮肉や嘲笑の発言を受けて傷ついた
出来事」を思いつく限り書き出してください。

浮かばない場合、時間がない場合は「ゼロ」や「1(一つだけ)」
でもOKです。

例 中学1年生のとき「恋愛、好きな人のこと」で
同級生の女子に冷やかされた
「こいつさ~、女子のJさん(仮名)のこと好きなんだってね」
と、中途半端な遠めの位置で、皮肉っぽい口調で言われた

これをイメージトレーニングで理想の対応に置き換えていきます。
現実に僕は震えながら(屈辱的な思いをしながら)じっと耐える
ことしかできなかったですが、今(2019年)の自分が
イメージの中で「まっすぐに、冷やかしや皮肉に反論する」
ようすをイメージするのです。
あらかじめ言葉(反論のときに言う文言)を紙に書き出して
おくと、思いつきやすいです。

この例なら
「人の異性関係を、そうやってからかわないでくれ」
と言い返すのが選択肢の一つとして、あり得ます。

イメージの中で言い返したとき、自分のイライラや
モヤモヤしたわだかまりが減ったり
はっきりとした気分になったら、成功した証拠です。

完全に爽快な気分にはならないと思います。
「限度を超えた皮肉、悪口、暴言に対してのやむを得ずの
反応」であるため、毅然として冷静な気持ちで
言えたらよいです。イメージの中で。

1個の思い出を「克服法」で浄化するたび
しばらくは自分の不安定な気持ちは消えると思います。
ですが現実で、意地悪な誰かから
暴言気味の発言を受けたら、また元に戻るでしょう。

ですから継続してください。
原則は恐怖克服法「カスタマイズ版」と一緒です。

慣れれば「今日言われた悪口」を「30分後」に克服法で
うまく消化する(不快感を取り除く)こともできるでしょう。
そこまでできるかどうかは今の段階で僕は明言できませんが。

細かな質問があったら回答します。

PageTop

解決策、情報の取り扱い

上手に対策が取れるといいですね。

僕もネット経由のトラブルは経験ありますので
心中はお察しします。

あくまで任意ですので、ご自身が安心できるときにだけ
連絡先はご記入ください。

解決法としては僕は自分の作った
「恐怖克服法」の修正版しか知らないのですが、
それで良ければ次回記事で書きます。

念のため言及しますが、僕は
Amazon経由でのリンクの紹介にのみ
取得した情報は使用いたします。
やり取りはこれまで通り「ブログ上でのコメント」を
中心にお願いしたいです。
(非公開のコメントへのお返事です)

PageTop

ゲーム、運動など

対処は必要だと思います。
自分の限界を超えて皮肉などを言われた場面では。

心強そうですね。趣味のつながりというのは。

良いゲームに出会えたようで、良かったです。
僕もFFシリーズには夢をもらえました。

あまりゲームをやらない人には伝わりにくい部分みたいです。

いい目的だと思います。
やはり筋肉があった方が、精神も安定します。
(非公開のコメントへの返信になります)

PageTop

欲しいものリスト「Amazon」

Amazonの欲しいものリストを公開することに
しました。

リンクのURLアドレスを教えますので、
知りたい方はコメント欄に残してください。
メールアドレスかLINEのIDを教えてください。

PageTop

プロテイン(サプリメント) 運動理論1

補助的に用いるのがベストです。
牛乳に溶かして飲む粉のプロテイン(たんぱく質補給用の
サプリメント)。
あれは
「朝食、昼食、夕食をきちんと摂取した人間が」
「専門的な栄養学的な理由で『もっとたんぱく質を摂りたい』
と思ったときに飲む」
ものです。

僕は高校時代に何種類かプロテインを試しました。
しかし目立った効果は現れませんでした。
筋力トレーニングと併用して使ったのですが
「サッカーの実力」は最終的にほとんど伸びませんでした。

食事によって「100」のたんぱく質が摂れている人間が
食事のタイミング等の理由で「110(100に10をプラスする)」
のたんぱく質を摂取したい。
そんなときに用いるのが上手な使い方です。

PageTop

新連載のお知らせ

「成績優秀な小学生」から続けていた
連載は一時休止します。

運動理論について連載します。

PageTop

まとめ買いなど

まとめ買いはお得ですよね。

風邪、回復したようで良かったです。

目標に応じて本や器具を決めてください。
思うところがあるので、僕の知っている
「運動理論、基礎」を連載しようと思います。

太極拳の独学も、仲間のうちに入ると思います。

アメリカ合衆国のゲームは日本と趣味が違うというのは
よく聞きます。

あまり口に出さない方が良さそうです。
乱暴な描写はマンガなどに多いですから、他人に
歪んで伝わりやすいです…。

挑発されるのは良い気分ではないです。
お気持ちは分かります。

うまく流せるというか、上手に反応できるようになるといいですね。
(非公開コメントへの返信です)

PageTop

筋トレ、大声など

風邪気味だそうで、お大事にしてください。

筋トレは良いことだと思います。僕のオススメは
中野ジェームズ修一さんのトレーニングです。
続・体が硬い人のための柔軟講座」なんかは
筋トレとストレッチが両方含まれていて、いいです。
僕はTV番組のこれを継続してトレーニングしています。

格闘技系の人は、自信を所属感(俺は柔道をやっている)
から得る部分はありそうですね。

ゲームがきっかけになりましたか。
僕はFF(ファイナルファンタジー)6のマッシュという
キャラクターの、必殺技というコマンドに憧れた時期があった
のを思い出しました。

声を大きく出せるのはいいことです。
緊急時のとっさの場面などで便利そうです。

運動部で継続できなかった経験があるそうで、
それは大変でしたね。
(非公開コメントへのお返事です)

PageTop

中学校のいじめ

そのまま僕は中学生になりました。
そしていじめのターゲットになりました。

理由の解釈の一つとして「雑談が苦手な、おとなしい
タイプの生徒」だったからではないかというのがあります。

性をネタにした悪質な嫌がらせと
サッカーの世界での「極端な劣悪環境」の2つです。

無言の圧力(僕が主観でそう感じざるを得ない)を
与えるような「裏の世界」を作った。
サッカーでは「顧問の教師の一存で、練習試合に出れる
時間が大きく上下動する」
というのが苦痛でした。

僕は学校という世界の勉強に限界(行き詰まり)を感じて、
図書館の読書に救いを求め始めます。
(続く)

PageTop