日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

サッカー世界一になりたい人だけが読む本の内容3

中田英寿選手のプレーについても解説があります。ペルージャ時代の
彼が最もパフォーマンスが高く、ローマ(というクラブチーム)に入って
から先は徐々にプレーの質が落ちていった。

今現在この本が手元にないので詳細は違っているかもしれません。
しかし「体のゆるみ度、ゆるみ具合」と「プレーのレベル」を詳細に
高岡英夫さんと松井浩さんが分析していった結論です。

2006年のワールドカップを最後に彼が引退したのはある程度
仕方のないことだったのかもしれません。

サッカー世界一になりたい人だけが読む本
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する