日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

自己催眠について2

サッカーで悔しい思いをしたから、僕は自己催眠について学び始めました。
僕が「サッカーがうまくなりたい」と願ったとき、僕の目の前にはいくつかの
選択肢がありました。しかし最終的に僕は、最もリスクの高い道を選びま
した。

「ほかの人と同じような努力をしても、僕は絶対にレギュラーになれない」
「普通の人と違う方向へ進もう」
そう当時の僕は決断したからこそ、催眠について勉強したのです。

「サッカー選手向けの技術書」
「スポーツ理論や、筋力トレーニングについての本」
これらの「普通の本」を全く読まないわけではなかったです。
しかし必要最小限に留めて、ほかの分野の本を読み続けました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する