日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

少年非行について

書籍「ざけんなよ―非行に走った少年の寂しさをあなたは理解できますか?」や
家栽の人」を読んだ影響で僕自身には
少年非行への親和性があることが分かっていました。

自分自身がいつ犯罪に走ってもおかしくない。
学生時代の僕は、そのような認識を持っていました。
強いストレスと、家庭内の問題。
僕は薄々自分が抱えている状況を把握していました。
スポンサーサイト

PageTop