日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

恐怖克服法第一回

過去の経験を思い出して、紙に書き出す。僕は以前教えていた
恐怖克服法のファーストステップとしてそれを推奨していました。

幼稚園時代。小学校時代。中学校時代。高校時代。
それぞれの時期を思い出して、出来事を紙にメモしていきます。
ノートを一冊買ってもいいでしょう。
学校。家庭。友人関係。親戚付き合い。
さまざまなカテゴリーがあると思います。

注意点としては、過剰にのめりこみすぎないこと。
1日5分以内にしましょう。長くても15分までです。
「幼少時、よく母親に叩かれた」
みたいに広い区切りで思い出してもいいですし
「6才の時、おもちゃを壊したのを理由に母親に
大声で叱られた」みたいな形で特定の一つの出来事を
紙に書き出す形でも構いません。

また、詳細を紙に書くこともやめましょう。
「小学2年のとき、算数の時間にコンパスを忘れた」と書けば
十分です。
「あのときK先生から叱られて、そのあと友達から…」
などと細かい部分を執念で書こうとするのは控えてください。
自分が思い出せる程度の、走り書きのメモでいいです。

紙に書き出す作業を終えたら、それを分類していきます。
例えば
「母親」「父親」「学校の先生」「友達」みたいに
自由に自分で過去の思い出を整理してください。
大まかなカテゴリーを作ります。

紙に書き出すことと、分類のタイトルを付けること。
この2種類の作業をある程度終えたら、次に進みます。
(次回へ続く)
スポンサーサイト

PageTop