日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

筋力トレーニングの体験談

僕は独学で「初動負荷理論」のトレーニングを行いましたが、
あまり効果が出ませんでした。

これはウェブサイトの「メルマガバックナンバー」ページに
述べられているものと同一の体験です。参考にしたのは
新トレーニング革命」という本です。

普通の筋トレは「終動負荷理論」である。
ベンチプレスや腕立て伏せは「動作の終わり頃に
筋力を使う」ものである。

しかしサッカーなどスポーツで要求される筋力はそんなものでは
ない。ダッシュの最初の5歩のように、筋肉を爆発的に
急激に使うと、相手よりも速く走れる。
スポーツで良い結果を残せる。
それが「初動負荷理論(初動負荷トレーニング)」である。

そんな説明に僕は「なるほど」と思いました。
そして本に記載されているコツに従って
スクワットやベンチプレスなどの筋トレを行いました。

その結果どうだったのかというと、ほとんど成果が
現れませんでした。「キックの飛距離」「走る速度(スピード)」
「競り合いの強さ(フィジカル)」どれをとっても
満足のいくような効果はなかったですね。

参考「メルマガバックナンバー」の下部の
「no.10 筋トレはするな」
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する