日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合失調症と探偵マンガ

統合失調症の人間が事件を起こす、探偵マンガを僕は
見たことがありません。

「名探偵コナン」
「金田一少年の事件簿」
「探偵学園Q」
僕は少年時代これらのミステリーマンガを少し読んでいました。
これらのマンガの事件にはパターンがあります。

統合失調症で自分を見失い、事件を起こす。
そういったエピソードが「ゼロ」なのです。
統合失調症の発病の割合は1%です。
単純計算で100回の連載された探偵マンガがあったとすれば、
1回の事件くらいは「統合失調症患者が犯人である」とか
「事件の当事者の家族に統合失調症の人がいる」という設定が
あってもいいはずです。

偏見や差別的な描写ではなく
ブラックジャックによろしく 9」のように正確で的確な描写で
統合失調症を描いて欲しかったな。
今になってそう思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する