日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合失調症と警察1

統合失調症の人間と警察は一定の関係があります。重症の状態に
なった人は「措置入院」といって、警察に保護されて病院へ運ばれる
ことがあるそうです。
参考文献「マンガでわかる!統合失調症

僕にはその体験がありません。しかし一歩手前までいったことがあります。
幻聴の指示に従い街を歩いていたらある日、制服を来た警察官に呼び止め
られました。
「君は、同じ道を何十回も歩いているね」
「なぜそんなことをしているの?」
僕は「人と待ち合わせをしていた」
「インターネットで知り合った人だったので、来るかどうか分からなかった」
「じっとしているのも暇なので、歩いていた」と適当に話を合わせました。

当時僕は「人と人とのやり取り」は普通に行える状態だったため、警察に
それ以上突っ込まれることはなく終わりました。氏名と住所をメモされて、
持ち物チェックをされた後解放されました。

ほかにも警察と僕が関わった出来事があります。それは次回に書きます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

統合失調症と警察3

僕は警察が怖かったです。もちろん「道が分からなかったら 答えてくれる」「落とし物をした時に相談に乗ってくれる」という 良い部分もあることは百も承知です。しかし警察の主な仕事は 「殺人」「窃盗(盗み)」「犯罪」を取り締まる、町の治安を維持するのが 中心だと思っていました。 僕が高校を卒業し、一人暮らしになった後。 僕は深夜に外出することが増えました。 交番の前を通り過ぎること...

日々の進歩 2017年10月04日(Wed) 22:26