日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

こもれび村のあんぺい先生

図書館で借りた「こもれび村のあんぺい先生」という本を今
読み終わった。心が穏やかになる優しいお話で、読んでいて心が
暖かくなった。

もしかしたら俺は、大人向けの小説よりも子供向けの童話、物語の方が
合っているのかもしれない。最近そう思い始めた。
大人向けの小説を読むと、その怒涛の展開(悲劇、すれ違いなど)に
心を痛めてしまうことがある。登場人物の意地悪な性格や、配慮のない
残酷なギャグ(女性の胸の小ささを嘲笑する、など)に対して
悲しい気分になることが多い。
だが今回「あんぺい先生」の本にはそのような記述は一切なく、
みんな良い人たちばかりだった。

これからは図書館のこども向けのコーナーで、物語をたくさん
借りてみたいと思う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する