日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合失調症の疲労感の克服

ここで書くのは僕の実体験に基づく仮説です。
統合失調症の疲労感の克服に大切なのは
安定的な服薬のほかには「世の中への信頼」ではないか
と思います。

僕の統合失調症の体験談についてはこのブログにてもう
書きました。今回のはそれへの補足です。
僕は幼稚園から高校卒業までサッカーをやっていました。
その頃から小さな「首への違和感」がありました。

話は飛びますが運動不足は健康に悪いです。
しかしテレビでやっていたのですが、サッカーをやっている
とある少年に「運動不足の症状が出た」というケースが
あったそうです。
このことを僕はこう解釈しています。
「体の使う部位が偏っていると、人はどんなに運動をしても
運動不足症状が出る」。

最終的に僕の「首の後ろ当たりの違和感、苦しみ、痛み」は
統合失調症の陰性症状の現れだという結論になります。
僕は専門的な治療を受けて、かなり体は楽になりました。

あとテレビの「まる得マガジン ねこ背なおして健康ボディー
も効果がありました。注意は僕はこの本ではなく
テレビ番組の方を実行しました。

普通の人に向けて書かれた本にも答えが隠されている
可能性はあります。

スポンサーサイト

PageTop