日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

週刊少年ジャンプの不思議2

前回記事の続き)なぜ僕がこんなことを言うかというと
自分の実体験が大きいのです。

毎週1回コンビニエンスストアにならぶ、新しいストーリー。
僕が一人暮らしを始めたとき、数少ない魅力の一つでした。
この時期、かなり週刊少年ジャンプを読んだと思います。

しかしそこから「自分の人生に本当に役立つ知識」を
仕入れることができたかというと疑問です。
「彼らは真面目な話をあえて避ける(外す)」。
2016年に僕が昔を振り返って感じる感想です。

いちばんマシなのは
「ブラックジャックによろしく」の9巻から13巻です。
俗に「精神科編」と呼ばれているものです。

スポンサーサイト

PageTop