日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合失調症の体験記4

僕の「幻聴のはじまり」についての文章を書きます。

「周囲に会話のできる人がいない」
「恋人、彼女が欲しいのに出会いがない」
僕は高校卒業後からこのような悩みを抱えていました。

また僕は大学へは行きませんでした。
個人でのビジネスを始めたので就職して仕事につく
こともなかったです。
自由時間はたっぷりありました。

そんな僕が周囲のサポートから外れて独学で
スピリチュアル(精神世界)系を学んだり
超能力的なものへの興味を深めていきました。

それが僕の場合「頭の中に聞こえる誰かの声」という
形で現れました。最初は「あり得ない」と思っていたの
ですが、次第にそれに影響されていきました。

あくまで僕のケースですが、2008年に父親に病院へ
連れていかれて、現実でのやり取りが増えたため
服薬の効果もあり、幻聴は消えました。
元々矛盾する理論が多かった「心の声」の理論を
「これは、自分自身が作ったものなんだ」と解釈できたのが
よかったと思います。

次回は「不眠のはじまり」です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する