日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

注意欠陥と僕2

僕は学級委員ができませんでした。
小学校6年生の3学期に、無理やり委員をやらされた
ことがあります。しかしその注目度の高さと責任の
重さに耐えられず、うまく務めることができなかった記憶が
あります。

用語を整理します。
「学級委員」とは小学校のクラスで司会を務めたり、
学芸会(文化祭)の役割分担をしたりする、いわば
リーダー的な役職です。

僕はその当時「頭の良さ(回転の速さ)」やリーダー
シップの能力などで、クラスで一目置かれる存在でした。
あの頃は対人恐怖はあまり悪化しておらず、自分を堂々と
周囲に主張することができました。

僕はいざという場面でもヘラヘラ笑っているような
いわば「やる気のない」子供でした。弱者への優しさ
や学校の成績の良さ(小学校当時)などで
「やればできるヤツ」と認められてはいました。
しかしこの学級委員の際はうまくいかなかったようです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する