日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合失調症と大学

僕は大学へは行きませんでした。
「インターネットビジネスを成功させるんだ!」
という覚悟と
「やる気が出ない。無気力である」
という感覚。そして対人恐怖。
「積極的に人と関わり、大学生活を楽しむことは
できないだろう」という予測ですか。
これらのことを総合的に判断して大学へは行かない
という決断を下しました。

統合失調症の人間が大学へ通うことは珍しいです。
卒業することも不可能ではありませんが、あまり
聞きません。

「もし大学の学生に統合失調症の兆候が現れたら、
一刻も早く医療につなげるべきです」
「大学で統合失調症をこのように教えています」
「○○大学医学部の教授による統合失調症の講演会」
僕が調べたらこのような情報にヒットしました。
これはこれで正しい情報なんですけれど
「統合失調症の学生がどのようなサポートを大学内で
受けられるのか」
「万が一統合失調症を発症した大学生が、どのように
復帰すればよいのか」
みたいな内容はほとんどなかったです。

発達障害の方への大学によるサポートはあるみたいです。
しかし精神障害(統合失調症など)の大学からのサポートは
ほとんど耳にしません。
まだ社会からの支援が行き届いていないのが現状なようです。

プロ野球選手になれた聴覚障害者。
弁護士になった聴覚障害者。
ラジオの司会をやる視覚障害者。
例としては存在します。
しかし精神障害者は現在
「松本ハウス」さんくらいです。このお笑い芸人の一人は
統合失調症です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する