日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

アマゾンの否定的レビュー

最近「そうじ力で自分磨き!」という本の感想を、アマゾン(ネット書店)へ
投稿した。
そして昨日までは「1人中1人が参考になったと投票しています」
と表示されていた。しかし今見たら
「6人中1人」になっていた。
これはつまり、この24時間の間に5人の人が
「このレビューは参考にならない」という否定的な投票をしたと
いうことだ。少し悲しかった。

俺はもう20件以上レビューを書いたからよく分かる。
24時間以内に5人もの人が投票してくるというのは、異常だ。
しかも全てマイナスの評価を。
俺があえて、ある本に対して否定的なレビューを書いたときは
「20人中12人が参考になった」など、ほぼ半数の人から
肯定的な投票を受けていた。
そして本に対して肯定的なプラスのほめ言葉をレビューに書いたときは
「17人中15人」など、ほぼ全ての人から前向きな投票をして
いただいた。
しかし今回は肯定的な、その本に対する前向きな評価のレビューを書いたにも
関わらず。
6分の1しかプラスの評価を与えてくれる人がいなかったのは
やはり残念な気持ちだ。

いったい何が起きたのだろう?
俺が誰か特定個人の恨みを買って、その人が24時間で5回も
「参考にならなかった」をクリックしたのだろうか?
それとも掲示板か何かで俺の書いたレビューが話題にのぼり、
そこの住民たちが一斉に俺に対するマイナスの投票をしたのだろうか?
どんな形であれ、特定個人あるいは特定グループによる
意図的な個人攻撃があったのは確実だろう。
このようなことは初めてであっただけに少し傷ついた。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する