日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

生活保護に対する正しい知識

僕には生活保護に対する偏見がありました。
正確に言うならば正しい知識が欠けていました。

2007年に生活が困窮したとき、当然僕は
生活保護の受給も検討しましたよ。
しかし
「あなたはどうして仕事をしないの?」
→人と話をするのが怖いからです。
「自分のインターネットビジネスを公の個人事業
として登録しなさい」
→手続きが煩雑で煩わしいから嫌です。
「親御さんを頼ってはいかがですか?」
→ケンカ状態にある両親を頼るなんて絶対に嫌だ。

などのやりとりを予想したため、僕は
ろくに調べることもなく生活保護を受けようと
しませんでした。

最終的に僕は「親を頼る」ことを選びました。
しかしそのときの屈辱感から2009年に悩んだ末
自殺未遂(自殺企図)に走りました。
どうやら僕は心の不調が「遅れて発病する」傾向が
あるようです。

もしも僕と似たような状況にある人がいれば
「生活保護に対する本を読みなさい」
「正しい知識を身につけてから、受けるかの是非を判断
してください」
とアドバイスしておきます。
例えば「あなたにもできる!本当に困った人のための生活保護申請マニュアル」などです。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

日記の内容とは関係ないですが


なおきさんの兄弟とは当時どうだったのか、
今はどうなのか、ちょっと知りたいです


聞いてどうするという事はないですが
自分の弟が統合失調症などの疑いがあって
ちょっと気になったので
差し障りなければ

folder | URL | 2016年08月24日(Wed)15:55 [EDIT]