日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

SQ3R法

読書のテクニックの一つである「SQ3R法」を紹介します。
これは昔読んだ「アメリカ式記憶トレーニング」という本に
書かれていたもので、現在の僕も使用しています。

1.2ページ読む(見開き1枚分)
2.要約する。「この2ページで著者は要するに
何が言いたいのか?」を自分に問いかける。
3.体力が余っているのなら次の2ページを読む。
そして同じく「2.」を行う。
4.本の「章」や「一部分」など区切りのいいところで
また要約する。「この第二章で、著者の主張は何か?」
5.本を読み終えたときにも要約する。
「大まかに言うと、この1冊の本でこの作者が
言いたかったことは何だろうか?」と問うことで
自分の理解を深める。

僕は14歳のときに読書を始めました。
大人向けの「一般書」を中学生がいきなり読むものですから
その難しさに困惑しました。そのときに大きな助けになった
のがこの「SQ3R法」です。
このやり方を使って本を読むと、その主張が僕の頭の中で
より的確に理解できるようになりました。

注意 この手法には僕のアレンジが加わっています。
厳密なSQ3R法を知りたい方は自分で勉強してください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する