日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

無気力克服の体験談2

あなたの無気力を治すには薬(抗精神病薬)を
使うことが選択肢としてあります。

知っていますか?
統合失調症の診断基準には「著しい無気力」という
項目があります。

「あー私、何か勉強のやる気が出ないなあ」
「そうだ!私って統合失調症かも?」
という短絡的な考えを持たないことができる
人間に向けたアドバイスです。

気分の波を完全に消すことはできませんが、あなたの
心の奥底に流れる無気力を、じっくりと治す
主要な柱の一つになります。

不登校、登校拒否、引きこもりに対応する際は
「精神科医による診察」が有効な選択肢です。
(参考文献 社会的ひきこもり
この本では「スキゾフレニア」と表記されていますが
つまり統合失調症のことです。
この本は病名変更前の1998年に書かれました。

どんなアプローチを取るにしても、まずはその人が
「統合失調症であるかどうか」を医師に診てもらう。
それが非常に効果的です。
「統合失調症ではない」となった時点で
精神論的なアドバイスが入るでしょう。

体験談的なアドバイスは次回書きます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なおきさんは当事者なので
書くのを迷っていましたが
もう少し詳しく経緯を書いてみます



「著しい意欲の低下」も
症状のひとつとしてあるようですね
自分もその疑いがありますが
弟が統合失調症の疑いが強いです
医者には鬱だと診断されたようですが
ブログを読ませてもらってるうちに
これではないのかなと思えてきました


約1年前の当事、自分は失業手当受給中で
就職活動しようとしていました
弟はパート従業員として働いていましたが
職場でうまくいっていなかったようでした


ずっと職場に対しての不満のような事を言っていたので
「どうしても苦しいなら辞めてもいい」
「休んでいる間は自分や家族が経済的に支えるから」
などと声をかけていましたが
ある日を境に、帰宅するなり暴れるようになりました


具体的には
夜中に外に出て大声を出したり
仏壇を壊したり
「死んでやる」と言って
包丁を持って風呂場にこもってみせたり
などです
親や自分に八つ当たりのような事を
言ってきたりもしました


正直、すごく腹が立ちましたが
我慢しました
理詰めで話しても
取り合うような態度にも思えませんでした
そのような事が1ヶ月以上続いて
同居してるうちに
自分も精神的不調が再発したような具合です
今はだいぶましですが
最近まで弟は自分本位のような言動や行動が
目立っていました


実家を離れて自活しようとも試みましたが
うまくいきませんでした

folder | URL | 2016年09月25日(Sun)21:36 [EDIT]