日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

無気力克服の体験談7

これから統合失調症の幻聴と妄想について書きます。
もしもあなたが読んでいて気分が悪くなってきたら
無理をせずに小休止を入れてください。

「世界の術」
そう過去の僕が呼んでいた理論があります。
「自分の頭の中で導き出した結論は、空間を超えて
世界中の人に届く」
紆余曲折はあるのですが、最も陽性症状がひどかった
頃はこのような結論を持っていました。

また当時
「某大手マンガ雑誌のアシスタント」と
「現役のマンガ家」数人から
テレパシーのようなものを使って交信して
いた(と、思い込んでいた)時期がありました。
具体的に誰であるかは迷惑がかかるため伏せます。

これとセットで「著しい無気力」
「感情の鈍麻(感情表現が鈍くなる)」
「自閉(社会的、精神的なひきこもり)」
などが起きて僕は統合失調症と診断されたわけです。
とはいっても僕は幻聴と妄想を伏せた状態で
病院に行き、医者に統合失調症と診断されましたがね。

次回は対人関係療法について書く予定です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

自分も以前は現実とはかけ離れた事を
信じたりしてたのですが
幻聴というのは
あまり実感無いですね

幻聴とはどのような感じだったのか
良ければもう少し詳しく聞きたいです

folder | URL | 2016年10月05日(Wed)23:07 [EDIT]