日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合失調症と視覚障害の併発2

先天性の統合失調症は存在しません。なぜならば
統合失調症には思春期以降に「発病」があるからです。

しかし視覚障害には先天性のものがあります。
生まれつき目が見えない方は点字や音声を頼りに
物事を学んでいきます。

僕はここにヒントがあると思います。
周りの人間と緊密に連携が取れている人の場合、統合失調症は
発病しにくくなるのではないでしょうか。
視覚障害者が子供、若者、そして大人へと成長していく。その中で
統合失調症を発症する人は単純計算で100人中1人いるはずです。
ところがほとんどそのような例は報告されていません。
その理由としては「周囲からの支援」の存在がありそうです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する