日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合失調症と皇室

現在の天皇陛下およびその血縁関係にある
「皇室」の一族には統合失調症の人は存在しません。

あなたが日本史(歴史)のことに詳しいのならば
歴史上の天皇、親王、上皇などを100人列挙してみると
更に分かりやすいでしょう。
「推古天皇」「明治天皇」「昭和天皇」。
誰一人として統合失調症の「妄想」「幻聴および幻視(幻覚)」
「著しい無気力」「自閉」「感情の鈍麻」を同時に発病しては
いません。

統合失調症は100人の人物がいれば1人は「必ず発症する」
というのが事実です。ところが天皇家の血筋にはそれが
当てはまらないのです。

ここから導き出される結論は
「統合失調症は、周囲の強力なサポートがあれば予防可能だ」
という事実です。
「誰がなってもおかしくないんですよ」
という理論は誤りでしょう。

最近「雅子さま」「愛子さま」が精神的不調を訴えておられる
現実がありますが、それでも統合失調症にはほど遠い内容です。

次回は「統合失調症と雅子さま」について書こうと思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する