日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合失調症と超能力

この世に超能力は存在しません。現在の僕はそう考えて
います。

また統合失調症患者が「この私の現状は超能力者が
絡んでいるのかもしれない」
「私は超能力を身につけてしまったのかもしれない」
と考えているのでしたらそれにもNOを言います。
なぜなら僕自身が体験したからです。

僕は小学生時代テレビゲーム「ポケットモンスター(以下ポケモン)」
に触れました。その中の属性タイプの一つに
エスパーというものがあります。

蛇足ですがエスパーというのは
「ESPer」と英語で表記し、
「Extra Sensory Perception」の頭文字を取った
「ESP(超感覚知覚)」の持ち主のことで
「Play」の変化形が「Player」になったり
するのと同じです。
要するに超能力を持つ者のことです。

統合失調症の患者が独学で「超能力」について
本やテレビで情報を入手し、自分の症状を
超能力と結びつけて語るのは仕方がないことです。

いまだフィクション(映画、アニメ、マンガ、ライトノベルなど)
の領域では超能力が多数取り上げられます。

僕も影響を受けた一人でした。
統合失調症の急性期を迎え、興奮が高まったときそこには
超能力系の妄想がありました。

この世に「超能力があるかもしれない」と匂わせる
マスメディアには僕は不快感を示します。

彼らがいかにお金に困っていようと公共の情報媒体
を用いて「超能力」を題材にするのは納得できません。
あなたがたは統合失調症の悪化因子をまき散らしているのですよ。

次回は「統合失調症と気(気功、気のエネルギー)」についてです。

マンガでわかる!統合失調症をご一読ください。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ドラゴンボールの「かめはめ波」や「気」を出そうと
割と真面目に練習するクラスメイトなどいましたね

自分の場合は
超能力とは少し違うけれど
「右脳の使えるようにする事で
誰でも超人的な能力を発揮できる」
と信じていました
七田真さんの書籍などに
そのような趣旨の文章があったからです

確かにそういう人はいるそうですが
「誰でも」というのは誇大表現だと思ってて
正直、騙された感が強いですね



ポケモンは自分もよくやってました
あまり対戦してくれる人いなくて残念でしたけど
戦略を考えるのが好きでした
エスパーの語源は知らなかったです

ちなみに自分は「折りたたむ人」って意味で
このHNにしてます
深い意味はないですが



ハルヒの作品名と長門有希というキャラクターは
名前だけは聞いた事ありました
ちょっと気になったので
youtubeなどでアップロードされてるのを
少し観ました
(たぶん違法アップロードなので
視聴はあまり好ましくない事だと思ってはいますが)

萌えがメインかなと思ってたけど
思っていたよりずっと奇抜な展開で面白いです
妄想癖の強い人が行動力を持てば
ハルヒのような感じになりそうです

朝比奈みくると長門有希が好みです
ハルヒは好みとは言えないけれど
魅力的なキャラクターだと思いました
キョンの人柄も好きです

folder | URL | 2016年12月21日(Wed)18:55 [EDIT]