日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

いじめ 体験談(加害)1

小学校3年生のときです。
クラスメイトにハーフと思わしき男子がいました。
名前が違うのです。
山田ジョンソン君(仮名)みたいに、日本人の名字と
アメリカ人と思わせる下の名前を持った人がいました。

僕は彼に対して
「山田ジョン君っていう名前なの?」とか
「山田ジョージア君?」とか、からかい目的で
わざと名前を呼び間違えて、呼ぶことを10回くらい
行いました。
その度に彼は「違うよ」と冷静に返答してきましたが
それでも僕は名前を誤って呼ぶことを繰り返しました。

これは「外国人差別」に分類されてもおかしくない
行為です。相手の事情を考えていなかったなと
今は反省しています。

ちなみに僕が小学校4年生のときには韓国籍の
クラスメイトがいました。
僕は他の児童が当たり前に彼を肯定しているのを
参考にして、普通に彼と遊びました。
僕の当時の「外国人いじめ」は一過性のものでした。

この体験談は不定期でたまに連載します。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する