日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

理屈が通じない

これだけ完璧な理屈で
「あなたも内気・人見知り・対人恐怖症を克服できる!」
 サッカー上達のための「頭のテクニック」を運営して
いるのに、なぜ俺の手元にはお金がほとんど入ってこない?
昔の僕にはそんなフラストレーションでいっぱいでした。

ゆえに僕は「言葉による、ありとあらゆる説得が無意味だ」
という価値観を当時は持ちました。

4年待ったぞ!(2004年から2008年まで)
ビジネス業界に。
インターネット世界に。
自分の理論を発表して、4年が過ぎた。

原因不明の無気力は決して消えない。
首の後ろあたりの違和感はどんどんひどくなる。
つらい。
苦しくて仕方がない。

確かに抗精神病薬の服用によって、徐々に改善は
みられる。ラクになってきている。
しかしそのペースはあまりにも遅すぎる。
ゆっくりだ。

この苦しさに耐えられない。
だから死ぬんだ。
それがあの当時の理屈の一つです。

そばに心を通わせることができる人がいなくて寂しい。
普通の人なら「ケッ」と一蹴されるような感情が
僕にとっては命よりも大事でした。
実際、インターネットでは父をはじめとする大勢の
一個人から言葉で僕の感情を否定され続けてきました。

参照 2007年3月頃のブログ記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

辛い体験だとは思いますが
書いて下さって、ありがとうございます


自分は自殺の手段については
今でもサイトや本などで調べて、考えています
もし自分が自殺を決行するとしても
似たような結論になりますね
首吊りや凍死などを選ぶと思います
自分の場合、お酒で多少、気が紛れるので
苦痛を紛らす薬物と併用した上で
やれば良さそうだなと考えています
もし、やるならばの話ですけど…

自分は自殺未遂は無いですが
辛い時期は、刃物で腕を傷つけたり
1週間ほど食事をとらなかったりなどの
自傷行為は、かなりありました


いろいろ言葉を考えましたが
何も意見できる事は見つかりませんでした
ただ気になっていたのと
聞き手くらいにはなれたらと思い質問しました

folder | URL | 2017年01月31日(Tue)21:55 [EDIT]