日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合失調症とトップアスリート4

統合失調症のアスリートが登場しないのは、当事者への
「逆差別」の可能性があります。

ニュースというのは、年齢層の幅広い様々な人が目にします。
その中には病気の人もいるでしょうし、健康な人もいます。
統合失調症を抱える本人も当然、ニュースを見ます。

統合失調症を現在抱えている当事者が
これ以上精神的に追い詰められることのないように
「あえて、その話題を広めないようにしている」
という解釈が成り立ちます。

僕は逆だと思いますがね。
統合失調症が「治る病気」になりつつある今
積極的に「正確な情報」を広めた方がいいと
個人的には思っています。

トップアスリートたちにも統合失調症をタブー視
して欲しくないです。

次回で「統合失調症とトップアスリート」シリーズは終わりに
します。最終回のテーマは
観戦の娯楽としてのスポーツです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する