日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合 その2

(前回記事からの続き)
「分かりやすさ」はどうだろう。
統合失調症というのは「分かりにくい」。
陽性症状ばかりにスポットライトが当てられていて、
陰性症状にはあまり焦点が合っていない。
ここにビジネスチャンスがありそうだ。

「使いこなせるかどうか」はどうかな。
統合失調症の治療のメインは薬物療法だ。
主治医と医療スタッフによる介入が中心だ。
そこに僕の商品、理論が入り込む余地はあるのか?
民間療法というレッテルを貼られて、無視や排除の
対象になるかもしれない。
ゆえに「使いこなせるか」は大きな課題だ。

「口コミ」はどうだろうか。
患者さん同士で「これは統合失調症によく効く商品だよ。
やってみて!」という会話は起きにくいだろうな。
これも難しい問題になる。

「リピート」はどうなるかなあ。
良い商品を作れば、質の高い信頼関係を構築できれば
彼ら(統合失調症患者)は繰り返しそれを買ってくれそうだ。
これは何とかなりそうだ。しかし「具体的に何を売るか」
が決まっていないので何とも言えない。

次回へ続きます。
参考文献「60分間企業ダントツ化プロジェクト
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する