日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合 その10

限定の真実味の向上についてです。
アフィリエイトでは自分が直接売るわけではないので
シンプルな限定を自分で用意するのは難しいです。
ゆえにこの項目は飛ばすことにします。

買わないデメリットのアップは、こんな感じでしょうか。

「ピップエレキバンをもしあなたが買うのを遅らせれば、
あの無気力で苦しい毎日がまた続きます。1日延期すれば
『絶望的な無気力』に対してなすすべもない生活が1日
続くだけです」

「僕は無気力に耐え切れず自殺未遂しました。あなたもそれに
近いほど、このやる気の無さに悩んでいることでしょう。
それに対する解決策がここにあります。個人差があるので
あなたに絶対に効くという保証はできません。しかし
『希望(可能性)』の提示なら僕にはできます」

「あなたを無視して。
大声で軽口や冗談を言い続けるあの人たちにまだ
『何もしない』という選択を取り続けますか?
あなたは苦しいはずです。
それを『分かってもらいたい』と心のどこかで思っているに
違いありません」

「大声であなたを罵り、『お前もっと働け』などとこちらの
都合を無視したアドバイスを懲りもせず繰り返す親たち。
彼らに『健全に反逆する』ヒントが対人関係療法には
あります。統合失調症は幅広い疾患です。
僕の理論が完全に通じるとは思っていません」

「対人関係は人生の重要な要素です。
もし対人関係療法を知らずにいたら、今のままの生活が
ずっと続くことになります。
人と話をしない。家族にも心を開かない。
心を傷つけられ、内面に大きなわだかまりを抱えたまま
毎日を過ごす。
それで本当に良いのですか?」

これで神田昌典さんの理論の紹介は終わります。
次回は「清書」を行います。
僕が直に「ピップエレキバン」と「対人関係療法」を
統合失調症患者をターゲットに販売してみます。
うまくいかなかった「口コミ」「リピート」なども
だいぶ改善策が見つかったので、それらを補う形で
文章を完成させてみます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する