日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合失調症の陰性症状の克服8

僕は統合失調症の消耗期に、首をゴロゴロと
左右に動かし続けていました。

解説しましょう。
陰性症状でやる気が出なくて辛いので、部屋の中で
昼寝というか仮眠、横になって何もしない時間が
とても多かったです。
しかしそれだけだと体が痛いので、床の上に
あぐらや体育座りなどで座る時間もかなりありました。

そこで僕は何をしていたと思いますか?
首の違和感が苦しいので、だるいので
ずっと首を左右、または前後に動かしていました。
スピードは速くありません。
2秒で1往復程度です。

それだけです。

その圧倒的な無気力を治す大きな力になったのが
薬(統合失調症の治療薬)と、前述の
ピップエレキバンです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する