日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

自分でできる対人関係療法のあらすじ5

この本は健常者(障害を持っていない人)向けです。
重要な他者(前述)になかなか話を切り出せない、
言い出しづらいという人には以下のような選択肢を
水島広子さんは紹介しています。

手紙を書いて、文章にして自分の思いを伝える。
またはあらかじめ「話をしておきたいこと」をメモにして
それを見ながら家族と会話する。

これがどの程度効果があるのかは人によるでしょう。
試してみたければ、そうしてください。

僕個人としては「手紙にする」と気恥ずかしいので
やる気が起きません。
メモにまとめる程度なら、もう行っています。

参考文献「自分でできる対人関係療法
以上で「自分でできる対人関係療法のあらすじ」シリーズは
終了になります。読んでいただきありがとうございます。
次回からはこの本をもう一回、紹介してみます。今度は
「60分間企業ダントツ化プロジェクト」のエッセンスを
取り入れた紹介文にします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017年03月19日(Sun)15:42 [EDIT]