日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

心の病気1

「頭がおかしい」
「気が狂う」
「気違い(きちがい)」
あなたはこんな言葉を聞いてどう思いますか?

また家の中で
「鬼のように怒り出す親」
学校で
「厳しい言葉で乱暴に叱る教師」などと接して
どう感じますか?

僕は昔は怖かったです。
「アルコール依存症」
「うつ病」
「薬物依存症」
などと同じで、精神(気持ち)に変調をきたす人に
恐怖感を抱いていました。

これから精神科疾患についての連載をします。
僕の最初のアドバイスは「学びなさい」ということ。
人が壊れていく様子にはパターンがあります。
マンガや映画、小説やドラマで描かれるのではない
現実世界の「精神に不調をきたした人」というのは
症状の現れ方、そして対処法、治し方に
一定のパターンがあります。
それを学ぶと恐怖がとても和らぐはずです。

オススメの本1
14歳からの精神医学
一般的な治療法と、友達が精神疾患を発病したときに
どう接すればいいかが書かれています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

心の病気5

普通の人を見抜けるようになります。精神医学の知識があれば。解説しましょう。精神科病院に入院していた頃の僕は、他の入院患者を強く恐れました。なぜなら「この人はこんな病気で、だから病院にいるんだ」という理屈が全く分からなかったからです。しかし現在の僕があの世界へ戻っても、以前ほど恐れることはないでしょう。知識と経験、そして精神医学の全体像を知っているからです。同じ理屈が「普通に道を歩いている、通...

日々の進歩 2017年04月11日(Tue) 22:38