日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合失調症とプロ野球選手3

統合失調症と診断されたらその後は
良かれ悪しかれ運動不足な状態になります。
医師から薬を処方され、場合によっては入院になり
「学生時代の活発な時期」と比べれば活動時間が
少ない時期を過ごします。

プロ野球選手は体を動かす職業です。
学生時代からの良い流れを保ち続けた人だけがたどり着ける
世界なのでしょう。

また統合失調症は「自分の(内側の)世界に入り込む」疾患です。
幻聴。妄想。自閉。
個人差はありますが診断基準にそのような項目があります。

プロ野球選手はチームスポーツである野球をやる疾患です。
コミュニケーション能力が高くないとできません。
試合中はもちろんのこと、チームメイトやスタッフなどと
良好な関係を保つことが必須です。
統合失調症の一部の人間はそれが苦手になるので
これもプロ選手がいない間接的要因の一つだと考えています。

以上「運動不足」「コミュニケーション能力」の2点について
指摘しました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する