日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合失調症のひろばno.8の感想

「恋愛・結婚・性について」という特集が組まれた
統合失調症のひろば」という雑誌の感想を書きます。

この雑誌のこの号は男性向けです。正確に言うのならば
「男性の性欲」を中心に記事、対談などが書かれています。

もちろん女性側の記述もいくつかあります。
「とある女性は父親と性的に接近していた。夜中に
抱き合って寝ていた。父親が勃起していても意味が
分からず『父が寝づらそうでモゴモゴしている』
などと支援者に訴えたりした」
など。(34ページ タブーは無用!性について語りましょう!)

しかしメインは男性統合失調症当事者です。

障害者専門デリヘル(デリバリーヘルス)、男性のところへ
女性を派遣して性行為をさせてお金を取るビジネスを
経営している男性へのインタビュー。

精神科病院へ入院経験のある男性2人の対談。入院中に
性欲が我慢できず自慰をしていたとか、風呂に女子大生
(看護師や医師、精神保健福祉士等の実習生と思われる)
が見学に来ていて困ったなどのことを証言しています。

発病前に一緒に寝る彼女がいた。
しかし自分が発症して別れることになった、という男性。

統合失調症だと打ち明けても、なお自分を配偶者
として、生涯の伴侶として選んでくれたという記事。

大まかな内容としてはそんな感じです。
非公開コメントを受けての文章になります。
双極性障害については次回以降に延期です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

統合失調症であると分かっても、配偶者として選んだという話は、いい話だなと思いました。なかなか(統合失調症に限らずですが)こういった選択をすることは難しいとも思いますが、それでもこうした人と出会えたら、幸せになれるんじゃないかなと思いました。(今までは非公開でコメントしていましたが、これからは通常の方法にします)

gnosis | URL | 2017年05月13日(Sat)08:47 [EDIT]