日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

社交不安障害の克服2

働けないのが、悔しい。
蛍光灯のランプがついた、いつもの部屋。
自分ひとりで自分の時間を過ごす。
世の中に反抗しようという気持ちはない。
しかし「心」がついてこない。
面接。
スーツを着ての出勤。
就職に伴う様々なイベントをイメージすると、どうしても
「怖い」という感情が生まれてきてしまう。

「失敗したらどうしよう」
「嫌われないだろうか」
「クビに(解雇に)なったとしたら、すごく落ち込まない
だろうか」
社交不安障害を抱える自分の「過剰な不安」は
分かっていても、止められない。

(次回へ続く)

社交不安症がよくわかる本
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する