FC2ブログ

日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

統合失調症と偏見5

認知機能障害への偏見は深刻です。

統合失調症の患者が「判断能力」「一時的な記憶」などを
衰えさせることは非常によくあります。
それを「認知機能障害」と呼びます。

単に「学校の成績が悪い人」「学歴が低い」人にも
認知機能障害に似た症状が現れる場合もあります。
しかし統合失調症の発病後の人間は
「認知機能障害が起きて、頭の回転が落ちてしまう」
というのが統計的な真実なようです。

そして偏見ですが、統合失調症の人間を過保護に
囲い込みすぎるあまり
「道路での方向感覚」
「計算の速さ」
などが「統合失調症ではない、同年代の人」と比べて
低い、ということが起こりえます。

「お前はこの年になって、こんなこともできないのか!」
と怒られることもありそうです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する