日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

社会的ひきこもりと統合失調症

統合失調症が精神分裂病と呼ばれていた1998年。
社会的ひきこもり」という本が出版されました。

この本に「スキゾフレニア」という病気についての
言及があります。つまり統合失調症のことです。

本格的に引きこもりを治す前に、注意すべきことがある。
それはその人がスキゾフレニア(統合失調症)に陥って
いないかの鑑別である。スキゾフレニアの場合は
病院、医者、医療の関係者との連携が必要になる。

そう書かれていました。

僕は2004年3月に高校の卒業を迎えてから
父親と将来のことで議論というか、激しい論戦を
繰り広げていました。

その中で父親は「お前は引きこもりだ」というニュアンスを
込めて僕を見下そうとしてくることがあったので
その都度こう反撃していました。

「俺は引きこもりではない。起業家と呼べ」
インターネット上でホームページを立ち上げる準備を
していた僕なりの、精一杯の反撃でした。

また同じ論法で「ニートだ」と言ってくることもありましたが
「俺は働いている(ネットで収入を稼いでいる)。ゆえに
ニートではない」と言い返していました。

別の時期にはオウム真理教を引き合いに出し
「息子は特定のムラ(思想を持った集団)に属してしまった
ようだ」と言い出したこともありました。

参考文献 オウム真理教とムラの論理

これにも下記のように反論していました。

「この世の中に『ムラ』に属していない人なんていません。
この世の中には大きく分けて2つのムラがあります。
一つは若者ムラ。もう一つは老人ムラ。
あなた(父)は後者に属しているのではないですか?
良く言えば時代を引っ張ってきた先人たち。
悪く言うならば時代遅れの古い考え方のムラです」

次回は宗教についての考えを少し述べてみようと思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する