FC2ブログ

日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

恋愛1

親(父と母)は結婚している。
当たり前のように家(一軒家、またはアパート)で生活し
自分を養っている。
昔は自分の世話(いわゆる子育て)をしていたし、家事も
している。

友人には彼女がいる。
学校から一緒に帰ったり、手をつないだりしている。
うらやましい。

しかし自分はひとりぼっちだ。
恋人がいない。
同性の友達はいるのに、異性とのつながりはゼロに等しい。

どうして俺のことを見てくれない?
勉強の成績。
外見(身だしなみ、髪型など)。
性格。内面。
負けてない自負はあるのに、なぜか
俺ばかり一人。
長期的な視点で見ると、女性たちはいつも自分のことを
よけて他の一部の男性にばかりアプローチをかけている。

あなたは現在こんな状況にいたりしませんか?
あるいは学生時代こんな悩みを抱えていたりしましたか?

冒頭のエピソードは脚色が多少混ざっていますが僕の体験を
ベースに作りました。

今回の連載ではあなたに「異性の友人、恋人ができること」
を目標にして文章を書いてみようと思います。

役に立つ本「電波男
モテない悩みを極度に溜め込むとこの本の著者のような
価値観を持つかもしれません。一読ください。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

自分は、恋人とかいないですが
悩んでいるというよりは
「自分は恋愛すべきではない人間だ」
と思っています


自己肯定感のなさとも、少し違ってて
自分の理想が高すぎる、って感じです
もしかしたらその本に
納得のいく答えがあるのかもです
気がむいたらチェックしてみますね

folder | URL | 2018年02月12日(Mon)18:14 [EDIT]