FC2ブログ

日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

毒になる親

この本には「親との対決」を勧める箇所があります。

親に向かって「私がこれまで苦しい思いをしてきたのは、
あなたのせいだ」と言葉にして伝える。
親は頑としてあなたの訴えを認めない、受け入れない
かもしれないが、言いなさい。
あなた自身の心の整理のために。

ただし強制ではない。
親が亡くなっていたのなら、お墓の前で原稿を
音読するだけでもいい。
とにかくあなたの思いを一度でいいから、直接
ぶつけてみてください。

確かこんな趣旨の文章があったと思います。
僕は肯定も否定もできる立場にありませんが、
紹介だけしておきます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ちょっと興味深いタイトルの本ですね
毒親という言葉は聞いた事あります


母親に対して
何度かそのような趣旨の事を
言ったことがあります


いつも
「親なりに、精一杯育てたつもりだ」
というような返事ですね
あまり意味を感じなくなったので
最近はほとんど言わなくなりましたが


まあ、家庭の事情は
当事者しか分からないと思うので
一概には言いにくいのかもですね


ただ親が子に与える影響は
大きいと思うので
すべて自己責任で済まされるのも
腑に落ちない感じはありますね
学生の頃は、周囲の人間からは
親は尊ぶべき存在なんだと
教え込まれてましたが
こういう本の存在などみると
必ずしもそうではないよなあ、と
改めて思います

folder | URL | 2018年04月12日(Thu)01:56 [EDIT]