日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

本当にプロサッカー選手になれてしまう

僕は大学進学を検討する際、選択肢の一つとして
「体育関係の大学へ行き、本格的にサッカーを
継続する」という道も考えました。

僕のウェブサイトをお読みでない方向けに開設すると、
僕は高校時代サッカー強豪校に進学し、熱心にサッカーを
がんばったものでした。

その際このような自問自答が浮かんだのを覚えています。
「もし高校と同じように本気でサッカーをがんばり、
大学でもサッカーを選んだのなら、俺は本当にプロの
サッカー選手になれてしまう。それだと困る。
なぜなら自分は人見知りで、テレビカメラに強く注目
されるような職業にはなれない。なりたくない。
また、社会貢献の実感が得られにくいという意味では
一時的にせよプロスポーツ選手という職業につく
というのは自分の価値観に合わない。」

「だから自分は高校まででサッカーを止めよう。
高校卒業後はインターネットを使って、サッカーの
体験を伝える方法で生計を立てていこう」

正しい判断だったか完全には分からないままです。今も。

僕のHP サッカー上達のための「頭のテクニック」
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2度目の裏技はできない

(前回記事の続き)僕は高校入学のとき、裏技を使ったつもりでいました。そして高校卒業のとき、進路を選ぼうとして感じたのは「2度目の裏技はできないな」という気分です。高校サッカーへの挑戦である程度、自分の恨みを晴らすことができた。周囲を驚かせることをした。で、次はどうしようか?プロサッカークラブの入団テストを受けても自分の実力では落とされるだけだ。また「勉強の頭の良さ」を使用して大学へ行き大学サ...

日々の進歩 2018年04月21日(Sat) 04:30