日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

次なる世代へ 岩月男性論4

岩月さんの著書「女は男のどこを見ているか」の最後のところに、
こんな文章が書いてあった。

もしあなたが英雄体験を終えた立派な男性であるならば。あなたに
お願いがあります。その経験を他の男性たちに伝えてくれませんか?
この社会がより良いものになるように。世の男性たちがより立派に
なるために。あなたのお力を貸していただけませんか?

(細かい言い回しは違っているでしょうが、このような意味の文章が
ありました)

俺はこの文章を読んで、正直感動した。
このような言葉を言えるのは、やはり本当に誇りを持った人生を
生きてきた人間だけだろう。

俺はこれからも様々な手段を使い、自分の体験を人へ伝えていく。
俺の言葉を他人へ届けていく。
俺の言葉を聞いて。
その成果で前へ進むことのできた人間が。
またさらに別の人間を、救い出してくれたらいい。
そのようなプラスのバトンを次なる世代へと渡してくれれば
それだけで、この世の中はどんどん良くなっていくはずだ。

それを信じて、俺はこれからも歩み続ける。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

返信ありがとうございました。とても参考になりました。
英雄体験・・・知らないところで経験しているものなんでしょうか。実はなおきさんのサッカーのホームページを友達に紹介したことがあるんですが、彼は普段長文などを読む人ではないんですけど、全て読みました。そしてなおきさんのことを偉大な人だ、と言っていました。とても参考になったみたいなので僕も何か嬉しかったです。それと「ワールドクラスになるためのサッカートレーニング」を読んで、いろいろな理論が参考になり、それなりに知識も増えました。それをチームメイトの全てではないですが、一部に教えたところ、重要さをわかってくれたようです。これからもなおきさんの知識を教えてもらいたいので、今後ともよろしくお願いします。
それと、サッカーステーション掲示板である方が言っていた高岡英夫さんの新作本について聞きたいんですが、買う必要性があるんでしょうか?さっき確認したらなおきさんが同じような本だ、と書いてありましたが、どうでしょう?実は今日学校帰りにも買いに行こうと思いましたが、今日は雨で部活が中止になってしまったので、行けませんでした。

ロム | URL | 2007年02月18日(Sun)13:03 [EDIT]


ありがとうございます

そうですか。ロムさんが僕のHPやあの本を紹介して、他の人の
お役に立てたのですか。僕も嬉しいです。

正直なところ僕はずっと「日陰者」でした。
小学校5年生のときに例のW君からレギュラーを奪われて以来、
ずっと補欠でした。「練習試合を含めて」、僕はそれ以降一度も
レギュラーチームの試合に出たことはありません。スタメンの11人
でも、スーパーサブでも、怪我人の代わりとしてでも出してもらえ
たことはありません。部員150名のK高校ならまだしも、中学校
でさえそうでした。

僕が「表の世界」で何かを手に入れることなんて、あるんでしょう
かね。まだ分かりません。親から見捨てられ、社会の普通のレール
からドロップアウトし、近所の隣人からは変人と煙たがれ、
嫌がらせを受けて、大家さんは僕を恐れてビクビクした対応を
し始めて。正直周囲の「リアル人間」は誰一人信じられません。
これまで目の前にいる「リアル世界の人間」から一度も助けられた
記憶はありません。僕を救ってくれたのはいつも「活字」。つまり
本でした。本を読み続けることでここまで成長できましたし、
それ以外の人間は何一つ有益なアドバイスはくれませんでした。

そんな僕の体験が、誰かの役に立てればいいといつも思ってます。

なおき | URL | 2007年02月18日(Sun)13:32 [EDIT]


高岡さんの新作本について

高岡さんの新刊「サッカー世界一になりたい人だけが読む本」に
ついてですが、「具体的なトレーニング」という意味では読む
必要はありません。「ワールドクラス・・・」の本と同じタイプの
トレーニングが書かれています。強いて言うならば「サッカー
世界一・・・」の方が易しめのトレーニングみたいです。あの本に
「さらに難しい高度なトレーニングを知りたい人は、『ワールド
クラス・・・』の本を読んでください」と明記してありました
から。トレーニングという意味では、あまり大差ないでしょう。

ただし文字の部分はすごく面白いです。C・ロナウドや
ジダン、カカ、メッシ、ロナウジーニョなどの今現在のトップ選手
や「中田英寿は、どのように衰えていったのか」
「小野伸二の身体のゆるみ具合は、どのように変化していったか」
みたいな形での、すごくためになる文章が書いてありました。
読んでみる価値はあるでしょう。

なおき | URL | 2007年02月18日(Sun)13:37 [EDIT]