FC2ブログ

日々の進歩

コメントへの個別返信は休止中です。ご了承ください。

通常の天国論

「良い行いをすれば人は死後天国へ行き、悪いことを
すれば人間は死後地獄に行って神様から罰を受ける」

これが僕が聞いた最もスタンダードな天国論です。

これを最初に語っておかないと話がややこしくなります。
「いや、私はそうは思わない。この部分は違うと思う」
という異論、反論はあって当然だと思いますが

読書や映画鑑賞などの趣味を持たぬ人間は
この「ベーシックな天国論」に留まっていることが
少なくありません。

これに言及した上で、僕の幼少期の体験に触れます。
僕はキリスト教気味の幼稚園に入りました。
イエスキリストの誕生の劇をやることもありました。

その中で僕が心に感じたのは
「天国とは、楽しいところ(幸せなところ)だ」
という大まかなイメージです。

あくまで「感覚」です。僕の場合。
具体的な前世などの特別な記憶を有している訳では
ありません。

胎内記憶。
輪廻転生。
前世療法。

年を重ねるごとに様々な理論を教えられましたが
この「最初の感覚」は今も覚えています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する